リビアン、生産の遅れで輝きを失う

【ニューヨーク・タイムズ】リビアンが株式市場にデビューしてから3ヵ月後、投資家たちは、同社がピックアップトラック、SUV、デリバリーバンの生産量を増やすのに苦労していることから、同社がその期待に応えられないのではないかと心配している。

リビアン、生産の遅れで輝きを失う
2021年6月17日、イリノイ州ノーマルにあるRivianの工場。Rivianは昨年、イリノイ州ノーマルにある工場で1200台の自動車を製造する予定だったが、その目標を達成できず、投資家たちは心配している。(Akilah Townsend/The New York Times)

【ニューヨーク・タイムズ、著者:Peter Eavis】テスラに対抗する電気自動車(EV)メーカーであるリビアン(Rivian)は、昨年の新規株式公開で140億ドル近い資金を調達した。同社の株価は瞬く間に高騰し、一時はフォード・モーターの2倍近い株式時価総額を誇っていた。

しかし、リビアンが株式市場にデビューしてから3ヵ月後、投資家たちは、同社がピックアップトラック、SUV、デリバリーバンの生産量を増やすのに苦労していることから、同社がその期待に応えられないのではないかと心配している。リビアンの価値はまだ約550億ドルだが、同社の株価はピーク時から約3分の2に下落し、IPO価格を大きく下回っている。

投資家がリビアンの将来性に不安を感じているのは、2021年に個人購入者向けに1,200台の車を生産するという控えめな目標を達成できなかったことに起因している。同社はまた、最大の投資家の1つであり、その車両の主な顧客であるアマゾンへの配送用バンの提供にも苦戦しているようだ。昨年末、リビアンの最高執行責任者(COO)が就任から2年足らずで退社し、そのニュースがリビアンの発表ではなく報道で出てきたことも、助けにはなっていない。

自動車の専門家たちは以前から、フォードや独立系資産運用会社ティー・ロウ・プライスも出資しているリビアンは、市場リーダーであるTeslaに対抗できる数少ない若いEV会社のひとつだと考えていた。しかし、テスラやフォード、ゼネラルモーターズといった自動車大手が、リビアンのピックアップやSUVと競合するEVの量産を開始する前に、リビアンは自らの地位を確立するチャンスを無駄にしてしまうかもしれない。

最大の問題はウェドブッシュ・セキュリティーズのアナリスト兼マネージング・ディレクターのダン・アイブスは、「最大の問題は、この機会を失わないようなペースで2つの車種を生産することだ。これが、投資家を夜も眠れない状態にしているのだ」と述べている。

リビアンのCEOであるR.J.スカーリンジは、12月の電話会議でアナリストに対し、2つの消費者向け車両と配送用バンの生産量を上げることは「信じられないほど厳しい挑戦」であったと述べた。他の業界と同様、同社もコンピューターチップやその他の部品の不足で大きな打撃を受けている。

しかし、スカーリンジとリビアンは、いくつかの基本的な情報を伝えようとしない。例えば、アマゾンにバンの納入を開始するという2021年の目標を達成したかどうかは明らかにしておらず、質問されてもコメントしないという。アマゾンは、今後数年間で10万台ものバンをリビアンに発注する予定で、最近ではダッジラムやフィアットなどのブランドを所有するステランティスにもバンを発注しているが、昨年バンを受け取ったかどうかについては言及を避けている。

リビアンは投資家に対し、年内に工場で生産できる車両数や、現在の受注残である約7万台のピックアップおよびSUVのうち、今年中にどれだけの台数を満たすことができるかを明らかにしていない。

リビアンの広報担当者であるエイミー・マストは、電子メールで「サプライチェーンの問題は依然として世界的な懸念事項だが、リビアンはサプライヤーとの強固な関係と協力関係を通じて管理している」と述べ、3月10日の最新の財務報告の際に詳細な情報を提供すると付け加えた。昨年、リビアンは1,015台を製造した。

また、ハーレーダビッドソンのベテランである最高執行責任者のロッド・コープスが昨年退社したことも、投資家には伝えていない。上場企業や上場過程にある企業は、一般的にトップの離職を開示する。このニュースは、ウォール・ストリート・ジャーナル紙が最初に報じた。

マストによると、コープスは「IPO前の2021年秋にリビアンから段階的に移行」し、公募後の12月に退職したという。

55歳のコープスは、インタビューの中で、リビアンを辞めたのは自分のパフォーマンスに懸念があったからではなく、生産に問題があったからでもないと述べている。コープスは、自分が重要な目標を達成し、リビアンの生産増強のための体制が整っていたと述べている。コープスは、「スムーズかつシームレスな移行だった」と述べている。

しかし、コーポレート・ガバナンスの専門家は、上級職であることを考慮すると、リビアンはIPOの際に投資家に彼の差し迫った退任を開示すべきだったと考えている。コロンビア大学法科大学院のジョン・C・コーヒー・ジュニア教授は、電子メールで次のように述べている。「もし彼が退職することを知っていたならば、最適な情報開示は、COOを特定しつつ、彼が退職することを示すことだった」

ある元幹部によると、リビアンには劣悪な経営文化があるという。

この幹部、ローラ・シュワブによると、彼女は昨年、会社の「ボーイズクラブ文化」や「男女差別」と呼ばれるものに懸念を示したことで、セールスおよびマーケティングの高位のポジションから解雇されたという。彼女は、リビアンが雇用差別と報復を禁止する州法に違反したとして、カリフォルニア州の州裁判所に訴訟を起こした。

シュワブは、アストンマーチンやジャガー・ランドローバーなどの自動車業界の前職で、30台の車両紹介に携わっていたという。シュワブによると、リビアンに入社して間もなく、同社が納入目標を達成できない恐れがあるという懸念を表明せざるを得なかったという。

「生産ラインは、ゼロから一晩で何千台もの車になるわけではない」と彼女は言う。

彼女の訴訟では、スカーリンジと数人の男性幹部が、他の人の意見を聞かずに大きな決断を下したと主張している。

リビアンとシュワブは仲裁手続きを行っており、裁判を停止することに同意している。同社は、納品目標や生産計画に関する彼女の批判についてはコメントしていない。

マストは、リビアンはシュワブを差別していないと述べた。「当社の価値観や文化を反映していないSchwabの主張には異議を唱えている」と彼女は述べた。「我々は彼女の主張に対して積極的に弁護するつもりだ」と述べた。

リビアンは、イリノイ州ノーマルに1つの工場を持ち、最終的には年間15万台の生産を計画しているが、12月には、ジョージア州に年間40万台の生産能力を持つ2つ目の工場を建設する計画を発表した。リビアンは、IPOと債券発行で資金を調達した後、200億ドル近い多額の現金を蓄えているが、これはテスラが自動車の製造を開始してから長年にわたって享受できなかったことだ。

工場の建設と設備には何十億ドルもの費用がかかる。2018年にテスラが身の毛もよだつような生産増強の困難さを示したように、数千台の自動車を作るところから数万台にすることは、サプライチェーンが正常に機能していても困難だ。

マサチューセッツ工科大学で博士号を取得したスカーリンジは、2009年にリビアンを設立した。2009年にリビアンを設立したスカーリンジは、チームとともに何年もかけてデザインと設計を行い、67,500ドルから販売するピックアップトラックを開発した。しかしアナリストによると、同がそのトラックを路上で走らせるには、あと何年もないかもしれないという。

フォードは今春、ベストセラーのピックアップトラック「F-150」のEV版の販売を開始する。EVのハマー・ピックアップの販売を開始したばかりのGMは、2023年にEVのシボレー・シルバラードを追加する予定だ。ラムやテスラなども同様の製品を開発している。

CFRAリサーチのアナリストであるギャレット・ネルソンは、2024年までに50の新しいEVモデルが市場に投入されると予想している。自動車メーカーは、バッテリー駆動の自動車やトラックへの世界的な移行に取り残されないようにするため、この数はさらに増える可能性がある。ネルソンは、「多くの新規供給があり、多くの競争がある」と述べている。

2021年6月17日、米国イリノイ州ノーマルにある同社の工場で、Rivian社のトラックに取り組むエンジニアたち。最高経営責任者のR.J.スカリンジは、12月にアナリストに対し、増産には「信じられないほど厳しい挑戦」だったと述べた。(Akilah Townsend/The New York Times)
2021年6月17日、米国イリノイ州ノーマルにある同社の工場で、Rivian社のトラックに取り組むエンジニアたち。最高経営責任者のR.J.スカリンジは、12月にアナリストに対し、増産には「信じられないほど厳しい挑戦」だったと述べた。(Akilah Townsend/The New York Times)

しかしネルソンは、リビアンはまだウォール街の期待に応えられる可能性があると付け加えた。というのも、同社のピックアップトラック「R1T」は、現在の市場で最も優れた製品の一つであるという自動車評論家の評価を得ているからだ。モータートレンド(MotorTrend)はR1Tを2022年のトラック・オブ・ザ・イヤーに選出した。

アナリストによれば、リビアンの生産が遅れることで競合他社に利益をもたらしうる一方で、今年中にいくつかのトラックやSUVを道路に出すだけで、テスラのModel 3やModel Yよりも大きくて多目的に使えるEVを熱望している購入者の関心を集めることができるという。

ネルソンは、「リビアンのモデルには期待している。彼らは本当に空洞を埋めている」とネルソンは言う。

また、リビアンのSUVであるR1Sは、GM、フォード、トヨタが製造する従来の大型SUVと同等の広さを持ち、Y型やフォードのMustang Mach-Eのような他のEVよりも大きいため、大きな需要があるようだ。

3人の子供を持つセントルイスの弁護士、トミー・テイラーは、7万ドルから販売されているR1Sを注文した理由を、他の電気SUVよりも広々としていることを約束してくれたからだと語った。「R1Sは、他のEVよりも広いスペースが確保されているため、7万ドルから注文したと言う」

一部のお客様は、リビアンの車を待つことに不満を感じている。R1TとR1Sを予約しているニューハンプシャー州のコンサルタント、ジョー・パドゥーダは、トラックは今年の3月か4月に到着するが、SUVは2023年の前半まで準備ができないと会社から言われたという。

パドゥーダは電子メールで、「この会社は、広範なマーケティングとブランディングに完全に集中しているようで、実際に車の購入を約束した人々にはほとんど注意を払っていない」と述べている。

リビアンに1,000ドルのデポジットを支払った顧客の中には、何年も待っている人もいるし、今から予約をしても、しばらくは納車されそうにない。リビアンは11月に、当時予約されていたR1TとR1Sの予約をすべて消化するには2023年末までかかると発表している。

熱心なファンは待ってくれるが、他の自動車メーカーのモデルを選んでしまう人もいる。

ウェドブッシュのアイブスは「リビアンには明らかな優位性がある」と述べている。「しかし、彼らは今すぐ車を生産しなければならない」。

Original Article: Rivian Loses Its Shine as Investors Fret About Production Delays © 2022 The New York Times Company..

Read more

新たなスエズ危機に直面する米海軍[英エコノミスト]

新たなスエズ危機に直面する米海軍[英エコノミスト]

世界が繁栄するためには、船が港に到着しなければならない。マラッカ海峡やパナマ運河のような狭い航路を通過するとき、船舶は最も脆弱になる。そのため、スエズ運河への唯一の南側航路である紅海で最近急増している船舶への攻撃は、世界貿易にとって重大な脅威となっている。イランに支援されたイエメンの過激派フーシ派は、表向きはパレスチナ人を支援するために、35カ国以上につながる船舶に向けて100機以上の無人機やミサイルを発射した。彼らのキャンペーンは、黒海から南シナ海まですでに危険にさらされている航行の自由の原則に対する冒涜である。アメリカとその同盟国は、中東での紛争をエスカレートさせることなく、この問題にしっかりと対処しなければならない。 世界のコンテナ輸送量の20%、海上貿易の10%、海上ガスと石油の8~10%が紅海とスエズルートを通過している。数週間の騒乱の後、世界の5大コンテナ船会社のうち4社が紅海とスエズ航路の航海を停止し、BPは石油の出荷を一時停止した。十分な供給があるため、エネルギー価格への影響は軽微である。しかし、コンテナ会社の株価は、投資家が輸送能力の縮小を予想している

By エコノミスト(英国)
新型ジェットエンジンが超音速飛行を復活させる可能性[英エコノミスト]

新型ジェットエンジンが超音速飛行を復活させる可能性[英エコノミスト]

1960年代以来、世界中のエンジニアが回転デトネーションエンジン(RDE)と呼ばれる新しいタイプのジェット機を研究してきたが、実験段階を超えることはなかった。世界最大のジェットエンジン製造会社のひとつであるジー・エアロスペースは最近、実用版を開発中であると発表した。今年初め、米国の国防高等研究計画局は、同じく大手航空宇宙グループであるRTX傘下のレイセオンに対し、ガンビットと呼ばれるRDEを開発するために2900万ドルの契約を結んだ。 両エンジンはミサイルの推進に使用され、ロケットや既存のジェットエンジンなど、現在の推進システムの航続距離や速度の限界を克服する。しかし、もし両社が実用化に成功すれば、超音速飛行を復活させる可能性も含め、RDEは航空分野でより幅広い役割を果たすことになるかもしれない。 中央フロリダ大学の先端航空宇宙エンジンの専門家であるカリーム・アーメッドは、RDEとは「火を制御された爆発に置き換える」ものだと説明する。専門用語で言えば、ジェットエンジンは酸素と燃料の燃焼に依存しており、これは科学者が消炎と呼ぶ亜音速の反応だからだ。それに比べてデトネーシ

By エコノミスト(英国)
ビッグテックと地政学がインターネットを作り変える[英エコノミスト]

ビッグテックと地政学がインターネットを作り変える[英エコノミスト]

今月初め、イギリス、エストニア、フィンランドの海軍がバルト海で合同演習を行った際、その目的は戦闘技術を磨くことではなかった。その代わり、海底のガスやデータのパイプラインを妨害行為から守るための訓練が行われた。今回の訓練は、10月に同海域の海底ケーブルが破損した事件を受けたものだ。フィンランド大統領のサウリ・ニーニストは、このいたずらの原因とされた中国船が海底にいかりを引きずった事故について、「意図的なのか、それとも極めて稚拙な技術の結果なのか」と疑問を呈した。 海底ケーブルはかつて、インターネットの退屈な配管と見なされていた。現在、アマゾン、グーグル、メタ、マイクロソフトといったデータ経済の巨人たちは、中国と米国の緊張が世界のデジタルインフラを分断する危険性をはらんでいるにもかかわらず、データの流れをよりコントロールすることを主張している。その結果、海底ケーブルは貴重な経済的・戦略的資産へと変貌を遂げようとしている。 海底データパイプは、大陸間インターネットトラフィックのほぼ99%を運んでいる。調査会社TeleGeographyによると、現在550本の海底ケーブルが活動

By エコノミスト(英国)