中国勢がソリッドステートLiDARで猛追

中国のLiDARメーカー、RoboSenseは、既に完成車メーカーへの納入実績がある車載ソリッドステートLiDARの量産を第2四半期に開始すると発表した。自律走行車を巡る競争の重要な柱であるLiDARで、中国勢が追走を見せている。

中国勢がソリッドステートLiDARで猛追

要点

中国のLiDARメーカー、RoboSenseは、既に完成車メーカーへの納入実績がある車載ソリッドステートLiDARの量産を第2四半期に開始すると発表した。自律走行車を巡る競争の重要な柱であるLiDARで、中国勢が追走を見せている。


3月10日、国内初の車載ソリッドステートLiDARの生産ラインが完成し、RoboSenseのM1が第2四半期に量産納入を開始すると報じられた。

今年1月のCES2021で、RoboSenseは、優れた製品性能とロックされた点群品質を持つ自動車適格のMEMS(Micro Electro Mechanical Systems: 微小電気機械システム)ソリッドステートLiDAR M1(以下、M1)のSOP(Standard Operating Procedure)バージョンを正式に発表した。公式には、M1は昨年7月以降、世界の複数の量産モデルから連続受注をしており、最初の受注は北米の自動車会社からのものだった。昨年12月には、M1のプロトタイプが北米の自動車メーカーに出荷された。RoboSenseは「世界初の量産可能なソリッドステートの車載用LiDAR」となった、と主張している。

RoboSenseは、5つの大きなステージと数十の小さなステージを繰り返し、5年間の投資を経て、ついにCES2021で発表した。M1は、2021年第2四半期に大規模な量産を開始し、OEMに納入する予定だ。

小型化・高性能化・省電力化

M1は小型化により、従来製品よりも車両への搭載が容易になった。設計の自由度を最大限に高めるために、RoboSenseはLiDARの小型化に継続的に取り組んできたが、何度も検証を重ねた結果、SOP版のM1はついに小型化を達成し、最終的なハードウェアの設計を完了したという。従来のB2版と比較して、奥行きは12mm、厚さは5mm、全体の体積は19%減少している。M1の最終的な厚さは45mm、奥行きは108mm、幅は110mm。

RoboSenseの発表によると、M1の測距性能は、反射率10%のターゲットで150m以上(車両ターゲットでは200mまで)に達し、ナンバープレートやライトのない黒い車両を150m離れた場所でも、正確かつ安定して検出することができる。また、M1は近距離での検出にも優れている。0.3メートル前方の反射率の高い物体でも、RoboSense M1は効果的に検出することができる。

M1の測距性能は、反射率10%のターゲットで150m以上(車両ターゲットでは200mまで)に達し、ナンバープレートやライトのない黒い車両を150m離れた場所でも、正確かつ安定して検出できる。また、M1は近距離での検出にも優れている。0.3メートル前方の反射率の高い物体でも、M1は効果的に検出できる。

強力な測距機能と0.2°x0.2°の平均解像度を組み合わせたM1は、150m離れた場所にある車を4ライン13ポイントで検出することができ、自律走行車の知覚システムには十分な性能だという。また、M1はデュアルエコー機能をサポートしており、1秒間に最大で150万点のポイントを取得できる。

左がRoboSense M1 SOPバージョン、右が従来のB2バージョン

同時に、低消費電力化により内部構造がコンパクトになり、さらなる低コスト化と軽量化を実現していると主張している。 一連の対策により、M1の定格消費電力は15w以内に抑えられており、平均温度上昇は15℃以下で、車載製品のエネルギー消費に関するOEMの要求を完全に満たしている。

2014年に設立されたRoboSenseは、LiDARセンサー、AIアルゴリズム、ICチップセットを組み込んだスマートLiDARセンサーシステムのリーディングプロバイダーであり、従来の3D LiDARセンサーを完全なデータ解析・理解システムに変える。同社の使命は、優れたハードウェアと人工知能の能力を持ち、ロボット(自動車を含む)が人間よりも優れた知覚能力を持つことを可能にするスマートなソリューションを提供することです。

2014年に設立されたRoboSense(Suteng Innovation Technology Co., Ltd.)は、LiDARセンサー、AIアルゴリズム、ICチップセットを組み込んだスマートLiDARセンサーシステムを提供している。本社は深圳にあり、MEMSやメカニカルタイプのLiDAR HW、フュージョンHWユニット、AIベースのフュージョンシステムなど、様々なスマートLiDAR知覚システムソリューションを顧客に提供している。

AutoSens Award、Audi Innovation Lab Champion、CES Innovation Awardを2度受賞。現在までに、RoboSenseのLiDARシステムは、国内外の自律走行技術企業、OEM、Tier1サプライヤーによって、自律走行乗用車、RoboTaxi、RoboTruck、RoboBus、自動物流車両、インテリジェントロードなど広く採用されている。

Image via SOP version RoboSense M1. Image via RoboSense.

参考文献

LiDARとシリコンフォトニクスが婚姻する理由
Siフォトニクスの背後にあるシンプルなアイデアは、多くのディスクリート光学部品で構成された複雑なフリースペース光学系を、Siプラットフォーム上のチップスケールのソリューションに置き換えることである。
LiDARとカメラによる自律走行車の知覚システム
自律走行は、過去数年の間に大きな進歩を遂げ、産業化の前段階に入っている。センサは最初に環境のデータを取得し、知覚アルゴリズムで処理して、自律走行車のナビゲーションに使用される車両の周辺環境を構築する。自律走行型ナビゲーションのための知覚システムは、カメラ、レーダー、LiDARなどの組み合わせで構成されている。
LiDAR戦国時代の到来
半導体の上にレーザー、センサーを統合する技術が台頭

Special thanks to supporters !

Shogo Otani, 林祐輔, 鈴木卓也, Mayumi Nakamura, Kinoco, Masatoshi Yokota, Yohei Onishi, Tomochika Hara, 秋元 善次, Satoshi Takeda, Ken Manabe, Yasuhiro Hatabe, 4383, lostworld, ogawaa1218, txpyr12, shimon8470, tokyo_h, kkawakami, nakamatchy, wslash, TS, ikebukurou 太郎, bantou, shota0404, Sarah_investing, sokimura.

700円/月の支援

Axionは吉田が2年無給で、1年が高校生アルバイトの賃金で進めている「慈善活動」です。有料購読型アプリへと成長するプランがあります。コーヒー代のご支援をお願いします。個人で投資を検討の方はTwitter(@taxiyoshida)までご連絡ください。

デジタル経済メディアAxionを支援しよう
Axionはテクノロジー×経済の最先端情報を提供する次世代メディアです。経験豊富なプロによる徹底的な調査と分析によって信頼度の高い情報を提供しています。投資家、金融業界人、スタートアップ関係者、テクノロジー企業にお勤めの方、政策立案者が主要読者。運営の持続可能性を担保するため支援を募っています。
Takushi Yoshida is creating writing/journalism | Patreon
Patreon is a membership platform that makes it easy for artists and creators to get paid. Join over 200,000 creators earning salaries from over 6 million monthly patrons.

投げ銭

投げ銭はこちらから。金額を入力してお好きな額をサポートしてください。

Betalen Yoshida Takushi met PayPal.Me
Ga naar paypal.me/axionyoshi en voer het bedrag in. En met PayPal weet je zeker dat het gemakkelijk en veiliger is. Heb je geen PayPal-rekening? Geen probleem.

Read more

新たなスエズ危機に直面する米海軍[英エコノミスト]

新たなスエズ危機に直面する米海軍[英エコノミスト]

世界が繁栄するためには、船が港に到着しなければならない。マラッカ海峡やパナマ運河のような狭い航路を通過するとき、船舶は最も脆弱になる。そのため、スエズ運河への唯一の南側航路である紅海で最近急増している船舶への攻撃は、世界貿易にとって重大な脅威となっている。イランに支援されたイエメンの過激派フーシ派は、表向きはパレスチナ人を支援するために、35カ国以上につながる船舶に向けて100機以上の無人機やミサイルを発射した。彼らのキャンペーンは、黒海から南シナ海まですでに危険にさらされている航行の自由の原則に対する冒涜である。アメリカとその同盟国は、中東での紛争をエスカレートさせることなく、この問題にしっかりと対処しなければならない。 世界のコンテナ輸送量の20%、海上貿易の10%、海上ガスと石油の8~10%が紅海とスエズルートを通過している。数週間の騒乱の後、世界の5大コンテナ船会社のうち4社が紅海とスエズ航路の航海を停止し、BPは石油の出荷を一時停止した。十分な供給があるため、エネルギー価格への影響は軽微である。しかし、コンテナ会社の株価は、投資家が輸送能力の縮小を予想している

By エコノミスト(英国)
新型ジェットエンジンが超音速飛行を復活させる可能性[英エコノミスト]

新型ジェットエンジンが超音速飛行を復活させる可能性[英エコノミスト]

1960年代以来、世界中のエンジニアが回転デトネーションエンジン(RDE)と呼ばれる新しいタイプのジェット機を研究してきたが、実験段階を超えることはなかった。世界最大のジェットエンジン製造会社のひとつであるジー・エアロスペースは最近、実用版を開発中であると発表した。今年初め、米国の国防高等研究計画局は、同じく大手航空宇宙グループであるRTX傘下のレイセオンに対し、ガンビットと呼ばれるRDEを開発するために2900万ドルの契約を結んだ。 両エンジンはミサイルの推進に使用され、ロケットや既存のジェットエンジンなど、現在の推進システムの航続距離や速度の限界を克服する。しかし、もし両社が実用化に成功すれば、超音速飛行を復活させる可能性も含め、RDEは航空分野でより幅広い役割を果たすことになるかもしれない。 中央フロリダ大学の先端航空宇宙エンジンの専門家であるカリーム・アーメッドは、RDEとは「火を制御された爆発に置き換える」ものだと説明する。専門用語で言えば、ジェットエンジンは酸素と燃料の燃焼に依存しており、これは科学者が消炎と呼ぶ亜音速の反応だからだ。それに比べてデトネーシ

By エコノミスト(英国)
ビッグテックと地政学がインターネットを作り変える[英エコノミスト]

ビッグテックと地政学がインターネットを作り変える[英エコノミスト]

今月初め、イギリス、エストニア、フィンランドの海軍がバルト海で合同演習を行った際、その目的は戦闘技術を磨くことではなかった。その代わり、海底のガスやデータのパイプラインを妨害行為から守るための訓練が行われた。今回の訓練は、10月に同海域の海底ケーブルが破損した事件を受けたものだ。フィンランド大統領のサウリ・ニーニストは、このいたずらの原因とされた中国船が海底にいかりを引きずった事故について、「意図的なのか、それとも極めて稚拙な技術の結果なのか」と疑問を呈した。 海底ケーブルはかつて、インターネットの退屈な配管と見なされていた。現在、アマゾン、グーグル、メタ、マイクロソフトといったデータ経済の巨人たちは、中国と米国の緊張が世界のデジタルインフラを分断する危険性をはらんでいるにもかかわらず、データの流れをよりコントロールすることを主張している。その結果、海底ケーブルは貴重な経済的・戦略的資産へと変貌を遂げようとしている。 海底データパイプは、大陸間インターネットトラフィックのほぼ99%を運んでいる。調査会社TeleGeographyによると、現在550本の海底ケーブルが活動

By エコノミスト(英国)