渦中のアブラモビッチがウクライナ・ロシア間の協議で奇妙な役割を担う

イスタンブールで行われたウクライナとロシアの協議に、制裁を受けたチェルシーフットボールクラブのオーナー、ロマン・アブラモビッチが謎の姿で現れ、非公式の役割を担っていると言われている。

渦中のアブラモビッチがウクライナ・ロシア間の協議で奇妙な役割を担う
2012年1月17日(火)、ロンドンの高等法院に到着したロシアの大富豪でチェルシーフットボールクラブのオーナーであるロマン・アブラモビッチ。写真家: Simon Dawson/Bloomberg.

[著者:Valerie Hopkins]ウクライナ、リヴィウ - 火曜日、ロシアとウクライナの外交官がイスタンブールの19世紀のドルマバフチェ宮殿で会談したとき、ホストは「みんなの利益のために」停戦に達するように促した。

トルコのレジェップ・タイップ・エルドアン大統領のこの言葉は、同席していたロシアのオリガルヒ(ロシア新興財閥)に特に響いたようで、不思議なことに最前列の席で見ていた。

そのオリガルヒとは、英国の名門サッカーチーム「チェルシーフットボールクラブ」のオーナーであるロマン・アブラモビッチ(55)で、ロシア側の会談メンバーではない。彼は、戦争を始めたロシアのプーチン大統領との関係で、英国政府から制裁を受けた。しかし不思議なことに米国からは制裁を受けていない。

英国のリズ・トラス外務大臣は、アブラモビッチのようなオリガルヒは「恥じ入って頭を垂れるべきだ」と発言している。駐英ウクライナ大使のヴァディム・プリスタイコはBBCに対し、アブラモビッチが会談で「何を主張し、何をしているのか全く分からない」と述べた。クレムリンのドミトリー・ペスコフ報道官は、アブラモビッチが何をしているのかは明らかにしなかったが、モスクワは両者間の調整のために彼の参加を「承認」したと述べた。

なぜ彼が部屋にいたのか、その理由は不明だが、1カ月以上前に戦争が始まって以来、初めて大きな進展を見せたとされるこの会談に、陰謀が加わっただけである。さらに謎を深めているのは、今月初め、アブラモビッチとウクライナの交渉チームのメンバーが毒殺されかけたのではないかという奇妙なニュースが流れたことだ。

アブラモビッチは、会談に参加する理由についてコメントしなかったが、キエフとモスクワを結ぶ、真面目で信頼できるパイプ役として、自分を世界に紹介しようとしているように見えた。アブラモビッチを批判する人々は、アブラモビッチが自分の帝国を守るために、宣伝のために大見得を切っているのだと指摘した。

しかし、アブラモビッチは、ウクライナの交渉チームの主要メンバーであるルステム・ウメロフに接近していると、交渉に詳しい人物が語っている。ウメロフは、アブラモビッチが戦争の停止を望んでいると考えている、とこの人物は語った。

アブラモビッチが英国政府から制裁を受けるころには、和平プロセスにおいて静かな役割を果たすようになっていた。彼は、戦争が始まって4日目に始まったベラルーシでの公開ラウンドの交渉に参加したことが認められている。しかし、今回、トルコの仲介で、キエフ、モスクワ、イスタンブールの間を行き来する、あまり表に出ないトラックにアブラモビッチが参加したとの報道がなされた。

アブラモビッチの役割は、ウクライナのゼレンスキー大統領がプーチンに合意条件の概要を宛てた手書きの手紙を自ら届けることだったと、サンデータイムズ紙が報じている。

ロシア大統領周辺の金持ち実業家のなかでも、ロシア・ポルトガル・イスラエルの大富豪であるアブラモビッチは、クレムリンのハイレベルなコネクションに対する評判と、西側諸国の首都における有名人のプロフィール(地位や受容性はないにしても)の両方を兼ね備えている点で一際異彩を放つ存在である。

アブラモビッチは1980年代後半から商売を始め、人形、チョコレート、タバコなどを売り買いしていた。彼が財を成したのは、ソ連崩壊後の1990年代半ば、ビジネスパートナーとともに国営石油会社シブネフチを約2億ドルで彼らに売却するようロシア政府を説得したときからである。2005年、資源が豊富なロシア北東部チュコトカ州の知事を務めていた時に、119億ドルで政府に株式を売り戻した。

プーチンが実業家を投獄し、脅迫する中で、アブラモビッチはクレムリンと良好な関係を保つことができた億万長者の一人であった。彼はその富で、ニューヨーク、ロンドン、セントバーツ、テルアビブ、イスラエル、コロラド州アスペンに高級物件を購入し、さらに2隻のスーパーヨット、複数のフェラーリ、ポルシェ、アストンマーチンのスポーツカー、ボーイング787ドリームライナーのプライベートジェット(現在は制裁により着陸中)を所有している。

また、モスクワの現代アートセンター「ガレージ」の共同創設者として、モスクワのアートシーンに幅広く資金を提供し、有名なボリショイ劇場の役員を務めている。

昨年のフォーブスの推定純資産額は145億ドルで、イスラエルで最も裕福な市民の一人、ロシアでは11番目の富裕層となった。その資産の多くが、過酷な制裁のために蒸発したのかもしれない。英国は、アブラモビッチが経営するチェルシーのクラブに厳しい制限を課しており、政府の支配に等しいとの声もある。

イスタンブールでのウクライナ・ロシア協議の前夜、アブラモビッチ、ウメロフ、そしてもう一人のロシア人実業家が、協議後の3月3日夜から4日朝にかけて中毒症状を起こしたという報告が、ウォールストリートジャーナルと調査報道グループ「べリングキャット」に掲載された。

べリングキャットによると、参加者は全員、水だけを飲み、チョコレートを食べたという。キエフではその夜10時まで交渉が行われ、一晩で視力障害や皮膚の剥離などの症状が出始めたという。

キエフからウクライナ西部のリヴィウまで車で移動し、ポーランド経由で次のトルコでの交渉に向かう途中、ロシアの野党政治家アレクセイ・ナヴァルニーの毒殺事件を幅広く調査したべリングキャットのエグゼクティブディレクター、クリスト・グローゼフに助けを求めた。

その症状は、アブラモビッチが診察していた科学者に「私たちは死ぬのか」と尋ねるほど深刻だった、とその場にいたある人物がニューヨーク・タイムズに語っている。

べリングキャットの一連のTwitter投稿によると、男性を診察した専門家は、「使用された毒素の量と種類は、生命を脅かすほどのダメージを与えるには不十分で、永久的なダメージを与えるのではなく、被害者を怖がらせることが目的だったようだ」と述べている。「犠牲者は、攻撃に関心を持つかもしれない人に気づいていなかったと言った」と彼らは言った。

欧米の政府関係者の中には、毒殺の可能性に対する懸念を払拭しようと、「環境要因」が原因であることを示唆する者もいた。

ある欧米政府関係者は、「証拠はかなり大雑把で、難しいところだ」と述べた。

クレムリンのペスコフ報道官は、毒殺の報道は 「情報戦」の一部であると述べた。

アブラモビッチは、英国による制裁措置のほか、欧州連合(EU)やカナダによる制裁措置も受けている。ゼレンスキーがバイデン大統領にアブラモビッチが果たしている役割を理由に制裁を控えるよう求めたという報道も出ている。

モスクワ生まれのイスラエル人政治アナリストで、元議員、ロシア系イスラエル人コミュニティの専門家であるクセニア・スヴェトロワは、「これは彼を助け、クレムリンを助けるという、複合的な作戦だ」と述べた。

「モスクワは彼を利用できると考えているし、西側諸国も彼を利用できると考えている」と語った。

彼がロシアの公式代表団の一員でないことが、妥協点を見出すためのより多くの余裕を与えたと、彼女は言った。

「良い警官と悪い警官の話だ。公式の代表団があり、アブラモビッチにはもう少し自由がある」と彼女は言った。「彼はクレムリンのもう一つの腕だ。公式の腕ではないが、よりソフトな腕だ」

チェルシーのサポーターにとって、アブラモビッチの仲介者としての役割の詳細は、この億万長者のオリガルヒをどう見なすべきか、さらなる混乱を招いただけだった。チェルシー・サポーターズ・トラストのメンバーであるティム・ロールズは、「彼が和平の仲介をしようとしているという事実は、2、3週間前の様子とは少し違った角度から物事を見ることになる」と述べた。「彼が大変な目に遭ったと思う人もいると思うが、状況を知ることは不可能だ」

疑わしくないのは、多くのチェルシーファンが、自分たちのチームに多額の投資をし、新たな高みへと導いたアブラモビッチへの賞賛を今でも抱いていることだ。

「私のような素人には、彼がウラジーミル・プーチンとどれだけ親しいか正確に知ることは不可能だと思う」とロールズは言う。「私やサポーターにとって、それはとてつもなく大きなことだ。彼は我々を次のレベルへ、ヨーロッパでトップ6かトップ8のチームへと導いてくれたんだ」

Original Article: Sanctioned Oligarch’s Presence Adds Intrigue to Ukraine-Russia Talks. © 2022 The New York Times Company.

Read more

OpenAI、法人向け拡大を企図 日本支社開設を発表

OpenAI、法人向け拡大を企図 日本支社開設を発表

OpenAIは東京オフィスで、日本での採用、法人セールス、カスタマーサポートなどを順次開始する予定。日本企業向けに最適化されたGPT-4カスタムモデルの提供を見込む。日本での拠点設立は、政官の積極的な姿勢や法体系が寄与した可能性がある。OpenAIは法人顧客の獲得に注力しており、世界各地で大手企業向けにイベントを開催するなど営業活動を強化。

By 吉田拓史
アドビ、日本語バリアブルフォント「百千鳥」発表  往年のタイポグラフィー技法をデジタルで再現

アドビ、日本語バリアブルフォント「百千鳥」発表 往年のタイポグラフィー技法をデジタルで再現

アドビは4月10日、日本語のバリアブルフォント「百千鳥」を発表した。レトロ調の手書き風フォントで、太さ(ウェイト)の軸に加えて、字幅(ワイズ)の軸を組み込んだ初の日本語バリアブルフォント。近年のレトロブームを汲み、デザイン現場の様々な要望に応えることが期待されている。

By 吉田拓史
新たなスエズ危機に直面する米海軍[英エコノミスト]

新たなスエズ危機に直面する米海軍[英エコノミスト]

世界が繁栄するためには、船が港に到着しなければならない。マラッカ海峡やパナマ運河のような狭い航路を通過するとき、船舶は最も脆弱になる。そのため、スエズ運河への唯一の南側航路である紅海で最近急増している船舶への攻撃は、世界貿易にとって重大な脅威となっている。イランに支援されたイエメンの過激派フーシ派は、表向きはパレスチナ人を支援するために、35カ国以上につながる船舶に向けて100機以上の無人機やミサイルを発射した。彼らのキャンペーンは、黒海から南シナ海まですでに危険にさらされている航行の自由の原則に対する冒涜である。アメリカとその同盟国は、中東での紛争をエスカレートさせることなく、この問題にしっかりと対処しなければならない。 世界のコンテナ輸送量の20%、海上貿易の10%、海上ガスと石油の8~10%が紅海とスエズルートを通過している。数週間の騒乱の後、世界の5大コンテナ船会社のうち4社が紅海とスエズ航路の航海を停止し、BPは石油の出荷を一時停止した。十分な供給があるため、エネルギー価格への影響は軽微である。しかし、コンテナ会社の株価は、投資家が輸送能力の縮小を予想している

By エコノミスト(英国)