要点

オープンソースインテリジェンス(OSINT)を活用するべリングキャットは報道の新しい地平を切り開いた。バージニア州シャーロッツビルで反抗運動家を暴行した白人至上主義者を特定したり、イギリスのサリスベリーでロシアのスパイ仲間とその娘を殺そうとしたと疑われるロシアの諜報員の正体を暴いたりした。

OSINTの報道応用

漏洩した文書や内部告発者へのインタビューは、常に調査ジャーナリズムの一部である。しかし、デジタル技術の台頭とそれに伴うデータの容易な利用可能性のおかげで、記者はこれまで以上に多くの方法でネタを得ることができるようになった。

オープンソースインテリジェンス(OSINT)という諜報の一種を活用し、入手可能なデータから物語を紡ぐインターネットの専門家は、バージニア州シャーロッツビルで反抗運動家を暴行した白人至上主義者を特定したり、イギリスのサリスベリーでロシアのスパイ仲間とその娘を殺そうとしたと疑われるロシアの諜報員の正体を暴いたり、イスタンブールでのジャーナリストのジャマル・カショギ殺害事件の容疑者にサウジアラビアの皇太子の仲間が含まれていたことを示したりしている。

OSINTは、最初はCIAの前身で使われた諜報手法としてその歴史を開始している。近年では、コンピュータセキュリティの分野で、攻撃の兆候を事前に掴む手段としても活用されている。

BBCがこれを証明する情報源を持っていると言った場合、BBCは仲介者であり、情報源はその背後にある。 視聴者はそれを見ることはできない。しかし、目に見える証拠があれば、仲介者はいないのだ。

公開されているデータに基づいてストーリーを構築する技術は、アナログ時代にはジャーナリズムの一部だったが、近年ではスマートフォンの普及やソーシャルメディアの拡大と、解析技術の進歩により、変革を求められている。

べリングキャットの登場

OSINTの報道への応用は、独立系オープンソース調査組織の「べリングキャット」から始まった。ブロガーのエリオット・ヒギンズは、イギリスのレスターにある彼のアパートのノートパソコンから、乳児の娘の世話をしながらシリアの戦争を取材して、波紋を呼びました。

2014年、彼はべリングキャットを設立し、今ではハーグにオフィスを構え、約十数人のスタッフを抱えるまでに成長した。ヒギンズは、国際紛争やデジタルデータに関する特別な知識があるわけではなく、ビデオゲームで遊んでいた時間があったからこそ、どんな謎も解けるという考えが身についたという。

ソーシャルメディアとカメラ付きスマートフォンのおかげで、世界の70億人の多くの人々が、ニュース性の高い出来事を記録せずにはいられなくなっている。Bellingcatなどのオープンソースのジャーナリストたちは、その証拠を追跡し、文脈の中に配置しようとしている。

ソーシャルメディアは中毒性があるように設計されている。「説得的デザイン」は人間の心理をついた巧み手法で、自分が得た情報を共有せずにはいられないように導く。人々の脳はそれをやめることができない。

べリングキャットは2014年に ウクライナ東部上空で起きた マレーシア航空17便の墜落事故を調査したことで 一躍有名になった。

当時 ベリングキャットは ボランティアのグループで主にSlackチャンネルを使って協力していた。墜落現場の写真とフェイスブックの更新情報をもとに、攻撃に使用された発射装置を特定し、ミサイルが発射される数日前にロシアからウクライナの反政府勢力の領土に移動されたと報告した。

今年6月、オランダ主導の国際検察チームは、ロシアの軍事・諜報機関とつながりのある3人の男を襲撃事件起訴したが、べリングキャットは今年、その裏話を詳述したポッドキャストを製作した。

オランダ人映画監督のハンス・プールは、ベリングキャットの墜落事故の報道を見て、ベリングキャットのドキュメンタリーを作ろうと思い立った。プールのドキュメンタリー『Bellingcat: Truth in a Post-Truth World』は、国際エミー賞を受賞した。

ベリングキャットの卒業生や以前はアマチュアのオープンソース調査員だった人たちは、ニューヨーク・タイムズやBBCのビジュアル調査部門がオープンソース分析を報道に取り入れているなど、確立された報道機関に就職している。オープンソースの分析は、カリフォルニア大学バークレー校のロースクール、アムネスティ・インターナショナル、ロンドン大学のフォレンジック・アーキテクチャー、そして2013年にニューズ・コーポレーションが買収した通信社のストーリーフルなどでも活躍している。

ベリングキャットのジャーナリストたちは、ジャーナリストや警察官が参加するセミナーで、その技術を広めてきた。ジョージ・ソロスが設立したオープン・ソサエティ財団のような団体からの助成金とともに、このセミナーは非営利団体であるベリングキャットにとって重要な収入源となっている。

オープンソース・ジャーナリズムとより伝統的な手法の融合は、BBC Africa Eyeの活動に垣間見ることができる。Africa Eyeの2018年のドキュメンタリー短編『Anatomy of a Killing』は、ピーボディ賞を受賞したもので、ニュース製作者がどのように残虐行為を調査したかを示している。同ユニットは、埃まみれの田舎道で兵士が2人の女性、幼い女の子、赤ちゃんを射殺するというバイラルビデオから始まった。Africa Eyeのジャーナリストたちは、衛星画像のDigitalGlobeの写真を使って、ビデオに映っている遠くの山脈のシルエットとカメルーンの地域を結びつけた。そこから、彼らは殺人現場を特定するための座標を釘付けにした。

彼らはまた、グーグルアースの写真を使い、兵士を歩く日時計のように扱うことで、犯行がいつ行われたのかを推定した。さらに、兵士の武器はカメルーン軍のものであることを示し、Africa Eyeは、小耳に挟んだニックネームと兵士のフェイスブックのプロフィールから、銃撃犯の身元を突き止めました。7人の容疑者は現在裁判を待っている。

オープンソースのジャーナリズムには、伝統的なジャーナリズムと同じ脆弱性がある。偏った記者やアジェンダのある情報源への依存は、歪んだストーリーを生み出す可能性がある。ベリングキャットの親欧米的な報道に敵対するジャーナリストや活動家の中には、シリア戦争に関するベリングキャットの報道の一部を批判している人もいる。

問題となっているのは、2018年4月7日にシリアのドゥーマで行われた攻撃だ。べリングキャットは、公開されている6つの動画を分析した結果、ドゥーマの民間人が化学兵器によって死亡したことは「可能性が高い」と報告した。化学兵器禁止機関(OPCW)は3月、攻撃に化学兵器が使用されたとする「合理的な根拠」があると報告した。

018年4月7日のドゥーマの攻撃の地図 (source) . 作成:べリングキャット

ベリングキャットの批判者は、この調査結果に疑問を呈したとする同機構の調査員からのメールを指摘している。ウィキリークスは11月23日にこのメールを公開した。これに対してベリングキャットは、化学兵器禁止機構のドゥーマに関する最終報告書は、ウィキリークスが公開した電子メールを持つ調査員の懸念を反映していると述べ、報告を擁護した。

オープンソース・ジャーナリズムは、しばしば著者が自分たちの仕事を公開するという形をとりますが、その透明性が彼らのジャーナリズムのブランドをより信憑性のあるものにする傾向がある。例えば、ドキュメンタリー映画『Anatomy of a Killing』は、事件そのものと同じくらい、捜査員が路上での銃撃事件をどのように報道したかについて書かれている。その効果は、手品師がトリックの各ステップを案内してくれるようなものだ。

オープンソース・ジャーナリズムの支持者にとって、物語の透明性はこの形式の信頼性にとって極めて重要である。また、その実践者が調査した政府から攻撃を受けたときにも有用であることが証明されている。

弊社はOSINTの採用を目指しています

Axionを運営する株式会社アクシオンテクノロジーズはOSINTによる報道の採用を目指しています。OSINTに興味のある方、すでに実践している方は吉田(@taxiyoshida)までご連絡ください。