SBG、最大100億ドルのアーム株担保融資を最終調整 - FT報道
ソフトバンクG創業者、孫正義 Photo by Tomohiro Ohsumi / Getty Images

SBG、最大100億ドルのアーム株担保融資を最終調整 - FT報道

ソフトバンクGは、英チップ設計会社アームの大規模な新規株式公開に先立ち、金融機関から100億ドル相当の融資を受ける方向で最終調整している、とフィナンシャル・タイムズ(FT)は25日に報じた。

編集部

ソフトバンクGは、英チップ設計会社アームの大規模な新規株式公開に先立ち、金融機関から100億ドル相当の融資を受ける方向で最終調整している、とフィナンシャル・タイムズ(FT)は25日に報じた

FTが引用した関係者によると、この融資はアーム株を担保とするもので、ソフトバンクGが来年3月末までに実施予定の株式公開に金融機関が参加するための前提条件として設定したものだという。ゴールドマン・サックス、JPモルガン・チェース、みずほフィナンシャルグループは、このIPOで主導的な役割を果たす用意があるという。

FT報道では、ソフトバンクGの創業者である孫正義は、アームのバリュエーションを少なくとも500億ドル(約5兆円)にするよう働きかけているという。しかし、交渉に携わったバンカーたちは、市場環境を考えると、アームのバリュエーションを大幅に上げることは「非常に野心的」だとFTに語ったとされる。ある関係者は、融資に関する話し合いは来週中にもまとまりそうだと語ったが、時期がずれる可能性もあると警告したという。

アクシオン有料購読、初月無料キャンペーン

毎月70本追加される一流海外メディアとオリジナル記事にアクセス

1ヶ月無料で購読する

これに先んじて、ブルームバーグは、ソフトバンクGがアームの株式公開時に少なくとも600億ドルのバリュエーションを求めていると報じていた。

アームは、ソフトバンクの所有下で、コストが大幅に増加し、利益が減少したため、大きく苦戦を強いられてきた。同時にRISC-Vというオープンソース戦略をとる競合が台頭。米中対立やチップ新興企業へのベンチャーキャピタル資金流入という外部要因の変化によって、RISC-Vの重要性が高まる緊張を強いられている。しかし、アームは過去1年間の軌道修正により、財務状況が改善しつつある。

ソフトバンクは世界的な株式市場の軟調、重要資産であるアリババの低迷、未上場企業投資の潜在的な失態に苦しむ中、グループ全体に覆いかぶさる膨大な負債へのセーフガードとしてアーム売却による現金が喉から手が出るほど欲しかったと考えられる。

ソフトバンクGはアームを約660億ドルでNVIDIAに売却する契約を締結したが、欧州と米国の規制当局の反対で先月決裂したことを受け、ナスダックへのIPOを目論んでいる。ソフトバンクGは2016年、アームを320億ドルで非公開にしていた。