CRISPRのパイオニアであるジェニファー・ダウドナ教授のカルフォルニア大学バークレー校の遺伝学研究室の元メンバー2人は、スクライブ・セラピューティクス(Scribe Therapeutics)社を先週設立し、CRISPRをベースとした新しい治療法の開発と技術開発を支援するために設計されたプラットフォームを発表した。ダウドナ自身も同社の共同創業者に名を連ねている。

スクライブ・セラピューティクス社は筋萎縮性側索硬化症(ALS)を含む神経疾患のためのCRISPRベースの遺伝子治療薬を開発するために、製薬大手バイオジェン社との共同研究を発表した。CRISPRは、植物や動物、さらには人間でさえも活性化している遺伝子(または遺伝的指示)を制御するために使用される強力なツール。CRISPR遺伝子編集により、研究者は望ましくない形質を「沈黙させる」ことができ、潜在的には望ましい形質を追加することができる。

過去数年にわたり、CRISPR遺伝子編集は、遺伝性難聴の重症度を低下させ、マウスの鎌状赤血球貧血を治療するために使用されてきた。今日、CRISPRは生物学の歴史の中で最も重要な発見の一つと考えられており、ダウドナはつい最近、ノーベル化学賞を受賞した。

米生物学サイトSynbioBetaによると、スクライブ社の最高経営責任者(CEO)兼共同設立者であるベンジャミン・オークスは「インビボでの遺伝子組み換えに関連する課題を解決するプラットフォームを構築するために、私たちは意図的な設計哲学を採用した。私たちは、自然が提供してくれるものをゼロから設計し直し、何千もの進化したCRISPR酵素をテストして、最高のプラットフォームを構築し、必要としている人々にクラス最高の新しい遺伝子治療薬を提供した」と述べている。「X-Editingという技術は、哲学的・技術的な飛躍に基づいており、現在利用可能な他のCRISPRゲノム編集ツールと比較して、より優れた編集活性、特異性、提供可能性を提供し、知的財産の不確実性に関連する問題を回避することができる」。

オークスによると、スクライブ社は、設計、テスト、構築という工学的原理を応用して、洗練された遺伝子編集プラットフォームを構築したという。同社の最初の技術であるX-Editing分子は、高度に設計されたCRISPR酵素であり、研究者は、現在利用可能なCRISPRゲノム編集技術よりも高い有効性、特異性、送達性をもって、生きている細胞を編集することができる。

スクライブ社は、遺伝子医薬品の開発においても、同様のエンジニアリングとデザインのアプローチをとっている。Scribeのエンジニアリング・コアが進化・拡大を続ける中で、同社はXEを活用して、神経変性疾患のパイプラインをはじめとするアンメットニーズの高い疾患に取り組んでいく。

オークスによると、スクライブ社は分子エンジニアのディビッド・サベッジとブレッド・ストール、CRISPR共同発明者のジェニファー・ダウドナによって2018年に共同設立された。ダウドナのCRISPR遺伝子編集における基礎研究とリーダーシップに加え、ゲノムの研究と操作のための何万ものツールを開発してきた。CRISPR遺伝子編集とタンパク質工学における彼らの専門知識と実績は他の追随を許さないものという。

スクライブ社は、シリコンバレーの投資家であるアンドリーセン・ホロウィッツを含む多数の個人投資家や機関投資家から、当初2000万ドルの資金調達を受けた。同社はその資金を利用して、治療用に設計された継続的に進化し、拡大する遺伝子組み換えプラットフォームの構築を目指している。

ALSの治療法開発

米生物学ニュースサイトFierce Biotechによると、バイオジェン社との共同研究は、進行性の変性疾患である筋萎縮性側索硬化症(ALS)の根本的な遺伝的原因に対処するために、CRISPRをベースとした治療法の開発と商業化を目指している。ルー・ゲーリック病として知られるALSは、2014年にソーシャルメディアのキャンペーン「アイス・バケツ・チャレンジ」が流行し、運動ニューロン疾患の認知度を高め、世界で2億ドル以上の寄付金を集めたことで話題になった。

ALSは、自発的な筋肉の動きを制御する神経細胞、つまり運動ニューロンを破壊する。運動ニューロンは、脳から脊髄を通って腕、脚、胸、喉、口の動きを制御する筋肉につながっている。ALSでは、これらの運動ニューロンが死滅し、筋肉組織が衰えてしまう。ALSの原因は解明されていないが、ALSの特定のサブセットにおける生物学的基盤は明らかにされている。

スクライブ社は、バイオジェン社と協力して、遺伝的に駆動するALSの治療薬を開発するという。両社は、アンメットニーズの高い神経疾患のターゲットをさらに追求することを選択する可能性がある。スクライブ社は、1,500万ドルの契約一時金を受け取り、最大で4億ドル以上の開発マイルストーンの支払いを受けることができる契約だ。

「ALSのサブセットの1つには、毒性を持つ変異遺伝子が存在します。私たちはその毒性遺伝子を取り除くことに焦点を当てている。ある場合には、壊れた機能を消そうとしているが、ある場合には、壊れた機能を消そうとしている。他のケースでは、毒性コピーのダウンレギュレーションや破壊に興味がある」とオークスは述べた。は続けた。「バイオジェン社と協力して、神経変性疾患に対する安全で効果的な新薬の開発に向けて、独自にカスタマイズした アプローチを適用できることを誇りに思っている」。

Photo: "Cancer Moonshot: A Call to Action: Jennifer Doudna"by World Economic Forum is licensed under CC BY-NC-SA 2.0