半導体産業、25年まで力強い成長が継続

半導体産業の力強い成長基調が継続するとの予測がIC InsightsとIDCからもたらされた。すべてのモノにチップを載せソフトウェア制御され、機械学習のような高度なコンピューティングが発展するトレンドの中で半導体需要は伸び続けていくだろう。

半導体産業、25年まで力強い成長が継続
Photo by TSMC.

要点

半導体産業の力強い成長が継続するとの予測がもたらされている。すべてのモノにチップを載せソフトウェア制御し、機械学習のような高度なコンピューティングが発展するトレンドの中で半導体需要は伸び続けていくだろう。


IC Insightsによると、今年のファウンドリ総売上高は初めて1,000億ドルを突破し、2025年まで年平均11.6%の力強い成長率で増加を続け、ファウンドリ総売上高は1,512億ドルに達すると予想される。

ネットワークやデータセンターのコンピュータに使用される高度なプロセッサ、新型の5Gスマートフォン、ロボット、自動運転車や運転支援オートメーション、人工知能(AI)、機械学習、画像認識システムなど、その他の高成長市場のアプリケーションに使用されるICに対する旺盛な需要により、2021年のファウンドリ総売上高は1,072億ドルに達し、2017年に記録した成長率に匹敵する23%の増加になるとIC Insightsは予測している。

IC Insightsは、TSMC、GlobalFoundries、UMC、SMICのようなピュアプレイファウンドリ(純粋な半導体委託製造企業)市場は、2021年には24%増の871億ドルに拡大すると予測しており、これはちょうど昨年に市場で目撃された23%の成長を上回ることになると主張している。

ピュアプレイファウンドリ市場は、2025年には1,251億ドルに成長し、5年間(2020-2025年)のCAGRは12.2%となる見込みで、ファウンドリ全体の売上高に占める割合は、2021年の81.2%に対し、2025年には82.7%となる。

Tabel by IC Insights.

IC Insightsによると、TSMC、UMC、およびいくつかの特殊なファウンドリは、今年、健全な売上成長を達成する態勢を整えているという。また、これらのファウンドリは、予測期間中に予想される需要に対応するため、新たな生産能力に多額の投資を行っている。

IDMファウンドリ市場の大半を占めるのは、クアルコムなどの顧客を中心に外販しているサムスン電子だ。IC Insightsは、IDMファウンドリ市場は、2021年には18%成長して201億米ドルに達し、2025年には261億ドルに達し、5年間の年平均成長率は9%になると予測している。

IC Insightsは2017年の強い成長率は、市場の強力な有機的成長よりも、サムスンがシステムLSIの内部移転をファウンドリ売上に再分類したことが主な原因であると指摘している。

IDC「2025年の半導体市場規模が6,000億ドル」

また、IDCは最近の報告書で、半導体市場は2020年の10.8%に対し、2021年には17.3%に成長すると予測している。

IDCは半導体市場は2020年の10.8%に対し、2021年には17.3%に成長すると予測(紫線). 出典:IDC.

2022年末に向けて大規模な生産能力の拡大が始まるため、2023年には生産能力が過剰になる可能性があるとしている。ICの不足は、生産能力増強の加速に伴い、2021年の第4四半期に緩和が始まるとIDCは予想している。

IDCの報告によると、ピュアプレイファウンドリの生産ラインは今年の残りの期間に完全に発注を割り当てられており、稼働率はほぼ100%となっている。ただし、第3四半期において、前工程の製造は需要を満たし始めているが、後工程の製造や材料にはより大きな問題と不足が残っているという。

IDCによると、5G半導体の売上は128%増加し、携帯電話用半導体全体では28.5%の成長が見込まれています。ゲーム機、スマートホーム、ウェアラブルはそれぞれ34%、20%、21%の成長となる。自動車用半導体は、年末までに供給不足が解消され、22.8%の増収となる。ノートPC用半導体は11.8%増、X86サーバ用半導体は24.6%増となるという。

半導体ウエハの価格は21年上半期に上昇し、2021年の残りの期間も材料費や成熟したプロセス技術における機会費用のために上昇が続くとIDCは予想している。

IDCでは、2025年の半導体市場規模が6,000億ドルに達すると予測しており、予測期間中のCAGRは5.3%となる。これは、歴史的に見て典型的な3〜4%の成熟した成長を上回るものだ。