米国が中国半導体メーカーに「露に売れば華為と同じ運命」と警告

米国のジーナ・ライモンド商務長官は中国のSMICについてロシアへの販売はアメリカが「我々の装置やソフトウェアの使用が不可能になり、実質的にSMICを閉鎖する」ことになりかねないと述べた。

編集部

米国のジーナ・ライモンド商務長官は、中国企業がロシアに製品を販売する前に、ファーウェイの最近の経歴を考慮するよう提案した。

ライモンドはニューヨークタイムズとのインタビューで、中国のトップチップメーカーであるSMICを取り上げ、ロシアへの販売はアメリカが「我々の装置やソフトウェアの使用が不可能になり、実質的にSMICを閉鎖する」ことになりかねないと述べた。

SMICにとってそれが何を意味するかは明確だ。同じ中国の大手企業であるファーウェイは制裁が課されて以来、同社は29%の収益減を予測し、x86サーバー事業部門を売却し、消費者製品向けに独自のソフトウェアとArmプロセッサーの設計に基づく代替スタックを構築するために奮闘している。

中国の指導者は、SMICやその他の半導体セクターが機能不全に陥ることが、シリコンの自給自足を目指す北京の野心にとって何を意味するのかを痛感しているだろう。中国は、輸入品への依存をなくすことを目標に掲げている。

SMICは、良き地球市民であることを公言している。2021年度第4四半期決算発表では、「世界中の顧客にサービスを提供するため、一貫してコンプライアンス経営を堅持し、国際化を継続し、世界のエコシステムに深く溶け込み、着実に進歩を求め、顧客やサプライヤーとの戦略的協力を引き続き強化し、能力拡大プロジェクトを着実に進める」と約束していた。

しかし、米国は、中国のチップメーカーや設計者が、知的財産を許可なく、時には産業スパイを通じて入手した上で使用していると主張し、その真摯な態度に疑念を抱いている。

米国、豪州、インド、日本の4カ国からなるクアッドアライアンスは昨年、半導体を含む商品のより弾力的なサプライチェーンの構築を求め、中国の知財窃盗を呼びかけた。

ライモンドのSMICに関する発言は、米国が「二次的な制裁」を行使する可能性を高めるものだからだ。これは、第一のターゲットに課された制裁が、同様の措置を取らないことを選択した国の企業にも課されるという措置である。

例えば、ロシアを制裁していない国に拠点を置き、ロシアの顧客にサービスを提供し続けている銀行を、米国が禁止するようなものだ。二次的な制裁は、その銀行が米国に拠点を置く企業と交流することを妨げるものであり、事実上、米国人顧客とロシアの顧客のどちらと取引を継続するかを決めなければならないことになる。米国は、自国の金融システムの強さを考えれば、その選択は容易だと考えており、二次的制裁はイランに対する行動を強化するための措置として機能するとみている。