SNSは10代を不幸にするか: 敏感な年齢がある
スマートホンを使う10代女性。ソーシャルメディアはティーンを不幸にするのか?それは年齢によるかもしれません。Photo by Daria Nepriakhina on Unsplash

SNSは10代を不幸にするか: 敏感な年齢がある

SNSは10代を不幸にするか? それは年齢によるかもしれない。英国で行われた大規模な調査では、SNSに最も敏感な10代が思春期の2つの特定の時期にいることがわかった。

ニューヨーク・タイムズ

[著者:Virginia Hughes]ここ数年、スマートフォンの冷たい光が、寝室から学校へ、そしてまた学校へと、より多くの青少年を追いかけているため、親たちはこのテクノロジーの影響について心配している。Facebookの研究者が自社のアプリが少女のボディイメージをどのように損なうかを密かに研究し、医師がTikTokによるチック障害を説明し、検察や議員がソーシャルメディア企業が子どもに危害を加えた責任を追及すると公約しているのだから、当然といえば当然だ。

しかし、その背景には、より静かな科学的議論があり、ソーシャルメディアがまったく害を及ぼしていないのかが疑問視されている。デジタル技術が精神衛生上の問題を引き起こす強力な要因であると主張する研究者がいる一方で、ほとんどのティーンエイジャーにとって害を及ぼすリスクはごくわずかであり、眼鏡をかけたりポテトを定期的に食べたりするのと同じ程度の影響しかないと反論しているグループもある。

このたび、SNSのリスクは眼鏡をかけるのと同程度と主張する論文の著者らは、独立した専門家が「ソーシャルメディアと青少年の人生に対する感情の関係について、非常に詳細かつ厳密な調査を行った」と評する、大規模かつ複数年にわたる調査を発表した。

84,000人を超える英国のあらゆる年齢の人々の調査回答を分析し、研究者は、ソーシャルメディアの多用が「人生の満足度」の低評価に拍車をかける思春期の2つの明確な時期を特定した。まず思春期前後(女子は11~13歳、男子は14~15歳)、次に男女とも19歳前後である。

多くの先行研究と同様、この研究でも、ソーシャルメディアと思春期の幸福感との関係はかなり弱いことがわかった。しかし、ティーンエイジャーがこのテクノロジーに最も敏感になる時期が、発達の過程で存在することが示唆された。

この研究を率いたケンブリッジ大学の実験心理学者、エイミー・オーベンは、「われわれは実際に、ソーシャルメディアと幸福の関係は年齢によって異なるかもしれないと考えたが、実際にそうであることを発見した」と語った。

米国のほとんどの青少年にとって、スクリーンは生活の大きな部分を占めている。最近の調査では、アメリカのティーンエイジャーの10人に9人がスマートフォンを持っており、ビデオを見たり、ゲームをしたり、ソーシャルメディアを通じてコミュニケーションをとったりと、1日に何時間もスマートフォンを見つめて過ごしていることが明らかになっている。

過去20年間にティーンエイジャーのソーシャルメディアの利用が爆発的に増加するにつれ、うつ病、不安神経症、自殺の割合も増加しており、科学者はこれらの顕著な傾向が関係しているのではないかと考えている。

アクシオン有料購読、初月無料キャンペーン

毎月70本追加される一流海外メディアとオリジナル記事にアクセス

1ヶ月無料で購読する

ソーシャルメディアは、精神的・肉体的な健康にとって重要な、人との交流、運動、睡眠といった他の活動を代替し、幸福感に間接的な影響を与える可能性があると指摘する声もあります。例えば、ソーシャルメディアの多用は、思春期の睡眠パターンを乱すようだ

しかし、ソーシャルメディアと幸福の間に直接的な関係があるかどうかを調べる研究は、あまり行われていない。

スタンフォード大学の行動心理学者で、226の研究のメタ分析を行ったジェフ・ハンコックは、「こうした研究は何百とあるが、ほとんどすべてがかなり小さな効果を示している」と述べた。

今回の研究で注目すべきは、その範囲である、とハンコックは言う。英国で行われた2つの調査、合計84,000人を対象としたものである。そのうちの1つは、10歳から21歳の17,000人以上の青年を長期にわたって追跡し、ソーシャルメディアの消費量と生活満足度の評価が1年ごとにどのように変化したかを示したものだ。

「規模が大きいだけに、素晴らしい結果だ」とハンコックは言う。また、年齢別の分析が充実していることは、青年期をひとくくりにする傾向があったこれまでの研究を大きく前進させるものだとも述べている。「思春期は、人生の発達段階における一定の期間とは異なり、急激な変化をもたらすのです」と彼は言う。

この研究では、思春期初期にソーシャルメディアを多用すると、1年後の生活満足度評価が低くなることが予測されることがわかった。女子の場合、この敏感な時期は11歳から13歳の間であるのに対し、男子の場合は14歳から15歳の間であった。オーベンは、この性差は、単に女子が男子より早く思春期を迎える傾向があるためかもしれないと述べている。

「思春期の女の子は、男の子よりも早く多くの発達を遂げることがわかっている」とオーベンは言う。「社会的、認知的、生物学的なものであろうと、潜在的なドライバーとなり得るものがたくさんある」

この研究では、少年と少女の両方は、19歳頃にソーシャルメディアに敏感になる第二期を迎えた。「これは、男女を問わず一貫しているため、非常に驚くべきことだった」とオーベンは述べている。その年頃には、多くの人が、大学入学、新しい仕事、初めての独立生活など、大きな社会的激変を経験し、ソーシャルメディアとの付き合い方が変わるかもしれないと、彼女は言う。

今回の報告書は、これまでの研究よりも豊富なデータセットから得られたものだが、それでも結果の解釈に役立つ情報がいくつか欠けていると、専門家は述べている。たとえば、回答の間隔を1年あけるのは理想的ではない。見知らぬ人と話しながらビデオゲームをするのと、学生時代の友人たちとメールをするのでは、効果が異なるかもしれない。

過去の研究と合わせて考えると、今回の調査結果は、ほとんどのティーンエイジャーはソーシャルメディアの影響をあまり受けないが、ごく一部の人々はその影響によって大きな被害を受ける可能性があることを示唆している。しかし、個々の子どもにとってのリスクを予測することは不可能だ。

「12歳の子どもにとって、それはどういう意味を持つのでしょうか?」と、ノースカロライナ大学グリーンズボロ校の臨床心理学者、ミカエリン・ジェンセンは言う。この研究で見られた小さな効果を考えると、「これらの子供のうち、正常な機能から臨床レベルのうつ病になる子供はほとんどいないでしょう」と彼女は言った。しかし、「だからといって、誰もそうならないとは言い切れない」

ジェンセンは、この研究では逆方向の関連も見いだされたと指摘した。すべての年齢層で、自分の人生を好ましくないと感じている参加者は、1年後にソーシャルメディアにより多くの時間を費やしていた。このことは、ある人々にとっては、テクノロジーは憂鬱の原因ではなく、対処のためのメカニズムであることを示唆している。

これらの専門家は皆、ソーシャルメディアと子どもたちに関する世間の議論にしばしばイライラさせられると述べている。この議論では、プラットフォームの害が誇張され、利点が無視されることが多い。

「ソーシャルメディアには、仲間からの影響、伝染、薬物使用などのリスクがある」とジェンセンは言う。「しかし、サポート、つながり、創造性、スキルの習得など、ポジティブなこともたくさんある」とジェンセンは言う。「私たちはリスクにばかり目を向けているので、それが見落とされていることが多いのだと思う」。

Original Article: Does Social Media Make Teens Unhappy? It May Depend on Their Age. © 2022 The New York Times Company.