「古くて新しいSNS」のHiveがヒットの兆候
出典:Hive

「古くて新しいSNS」のHiveがヒットの兆候

Twitterが混乱の極地にある中、Z世代向けSNSのHiveが脚光を浴びている。TwitterとInstagram、そして懐かしのMySpaceをかけ合わせたユーザー体験を持つ「古くて新しいソーシャルメディア」だ。

吉田拓史

Twitterが混乱の極地にある中、Z世代向けSNSのHiveが脚光を浴びている。TwitterとInstagram、そして懐かしのMySpaceをかけ合わせたユーザー体験を持つ「古くて新しいソーシャルメディア」だ。


イーロン・マスクによるTwitter買収の影響で、ユーザーはオープンソースのマイクロブログ・プラットフォームMastodonやCounterSocialのようなニッチなコミュニティなど、他のソーシャルアプリに逃避している。

その中でもZ世代を中心に登録者数を伸ばしているのが、Hiveと呼ばれるソーシャルメディア・アプリだ。このアプリは今日、週末に関心が急増し、米国のApp Storeでトップ20にランクインしていることが、リサーチ会社の調べで分かった。

2019年に当時22歳のKassandra Popによって設立されたHiveは、Twitterのクローンではない。その代わり、Hiveの機能は、写真やビデオの投稿、ステータスの更新、コンテンツの「リポスト」(Facebookのシェアに相当)、など、InstagramやTwitterのコンセプトを採用している。

また、HiveはMyspaceの懐かしさを兼ね備えているようだ。Spotifyのアカウントに接続し、人々があなたのプロフィールを訪問したときに曲を再生させることができる機能がある。もうひとつ、重要な特徴がある。それは投稿に文字数制限がないことだ。

音楽をシェアしたり(左)、カテゴリごとに投稿を探したり(中央)、アカウントで自分の写真などを示したりできる。出典:Hive

多くのSNSとは異なり、Hiveはパーソナライズアルゴリズムを避け、時系列フィードを採用し、広告による収益化も行っていない。その代わり、Hiveは、ユーザーが自分のプロフィールで好きな音楽をより多く紹介できるように、課金して追加の枠を獲得できる機能を提供している。アプリのApp Storeのリストには、2番目の枠が0.99ドル、3番目と4番目の枠が1.99ドルと表示されている。

このアプリは、Twitterのようなタイムラインだけでなく、「Discovery(発見)」セクションがあり、トレンドのコンテンツがパーソナライズされて推薦される。「Browse」セクションでは、科学、技術、自動車、音楽、ファッション、ペット、工芸、書籍、旅行、ゲーム、アート、食品など、さまざまなトピックベースのコミュニティで自分の興味を探求することができる。

Hiveは、マスクによるTwitter買収までの数週間と、その後の数日間で、人気を博してきた。アプリ情報企業Sensor Towerのデータによると、iOSとAndroidにまたがるHiveの生涯インストール総数73万3,000件のうち、約21万4,000件が過去30日間に発生した。特筆すべきは、Hiveが米国外の人々の注目を集めていることだ。Hiveの総ダウンロード数のうち、米国外でのインストールが約86%を占めていると、Sensor Towerは述べている。

Sensor Towerのデータによると、Hiveはここ数日(2022年11月18日〜20日)で約144,000件の新規インストールを獲得している。 そのうち22,000件は米国だけでインストールされたものだという。また、この間、米国のApp Storeで総合338位だったiPhoneアプリが、21日時点17位に急浮上した。

HiveのTikTokアカウントでの書き込みによると、週末にはさらに8万人が登録し、アプリがクラッシュしたという。21日時点で、HiveのTwitterアカウントは、このアプリが現在「約90万人」のユーザーを合計してサインアップしていると報告している。

このアプリは以前、WeFunderで資金調達しているのが目撃されたが、公式な資金調達の発表はしていない。