社会的影響は群衆の叡智をいとも簡単に歪める

個々が考えた結果の平均を取れば、専門家の推測を上回るのが、群衆の叡智ですが、ほとんどの意思決定は社会環境のなかでおこなわれており、個々人が影響し合うことから自由では有りません。

社会的影響は群衆の叡智をいとも簡単に歪める

群衆の叡智(Wisdom of the crowd)」はとても知られた決まり文句になりましたが、実世界の証拠によって裏付けられています。人々のグループがあいまいな情報の推定値を提供するように求められるとき、彼らの答えの多くは間違いがあったとしても、彼らの答えの中央値はしばしば正しいものに著しく近いでしょう。しかし、群衆は「社会的影響」がない場合はめったに行動しようとしません。そして、チューリッヒの研究者らは、仲間が考えていることに関する情報を個人に提供することで群衆の叡智を台無しにするのに十分であることを示しました。

群衆の叡智は、単一の専門家のそれではなく、個人のグループの集合的な意見です。このプロセスは、インターネット時代にメインストリームに押し出されました。Wikipedia、Yahoo!  知恵袋、Quora、Stack Exchange、および人間の集合的な知識に依存するその他のWeb資源のようなサービスがその代表例とされていました。

社会的影響は社会心理学の観測範囲で、個人間や集団間において、一方が他方の行動、態度、感情などを変化させることです。

論文"How social influence can undermine the wisdom of crowd effect"(社会的影響が群衆の叡智効果をいかに損なうか)の主著者であるJan Lorenzが指摘しているように、群衆の叡智は実際には統計的現象です。スイスとイタリアとの国境の長さや殺人率などですが、正確な数字はわかりません。それらの答えが実際の値を上回ったり下回ったりする可能性がある限り、誤った推定は互いに相殺する、と想定します。「群衆の叡智の効果は、個人の推定誤差が大きいが、互いに相殺するほど偏りがない場合に機能します」とLorenzは論文で指摘しています。これにより、群衆の回答の平均は、正しい回答の近くに配置されます。場合によっては、群衆は実際には専門家のグループよりもうまくいくこともあります。

しかし、 Lorenzは、ほとんどの意思決定は社会環境のなかで行われていることに気付きました。人々はお互いに話し合い、答えを比較し、さまざまな形のフィードバックを得ることができます。そこで、これらのプロセスが群衆の叡智にどのように影響するかをテストすることにしました。そのために、彼らは12人からなるパネルに同じ質問を5回行い、参加者が毎回回答を変更できるようにしました。答えが正しくなるための真剣な試みであることを確認するために、推測の正確さに基づいて金銭的な報酬が設定されました。

Lorenzらは、被験者を「他の被験者の予測を全て教えられるグループ」、「他の被験者の予測の平均だけを教えられるグループ」、「全く教えられないグループ」の3つに分けて、同じ課題を5回繰り返して予測させました。平均だけを教えられるグループの予測の平均は予測を繰り返していくたびに正解から離れ、最も悪い成績を示した。対して、残りのふたつのグループは予測を徐々に改善し、5回目にはほぼ正解に近い予測を示したのです。

他の被験者の予測をすべて教えられる場合、予測は様々な範囲に飛び散っている数値からは有用な情報を読み取りづらく、12人の群衆の叡智に頼るほかはなく、全く教えられない場合も同様でした。他の被験者の回答の平均を知らされるグループ、つまり介入群(調べたい影響を観測するために介入を加えているグループ)には、平均と自分の予測の「誤差」を修正しようとする心理状況を与えたのです。

Lorenzらは、他の群衆が自分の近くに答えを出しているのを見ると、被験者はその答えが正しい可能性が高いという根拠のない自信を持つ傾向を観測しました。

この実験を通じて、Lorenzらは「情報交換」を通じた他者の推測を参考にすることによって、ミスリードや自己の意見への過信が生じることを示しました。彼らは「人間の社会的影響」に左右されやすく、「個人のエラーを縮小」する行動が、全体として「集合の多様性を低下させる」現象を生じさせる、と指摘しました。

2011年当時、「群衆の叡智」というフレーズはテクノロジー産業にいる人々が使いたくてしょうがない流行り言葉のようでした。群衆の叡智の元の説明は、限られた数の質問タイプと状況にのみ適用されるものでしたが、時代の空気の中で、あらゆる状況に「群衆の叡智」が適用されたのです。

たとえば、この論文から10年弱たった現在、ソーシャルメディアは一部の小さなコミュニティを除けば、「群衆の叡智」から程遠いように見えます。この論文で、群衆の叡智は限定された条件下でしかうまく働かず、また社会的影響を行使し合う場であるソーシャルネットワークでもうまく働かないことを、思い出すことができるでしょう。

参考文献

Jan Lorenz, Heiko Rauhut, Frank Schweitzer, and Dirk Helbing. How social influence can undermine the wisdom of crowd effect. 2011.

Mason WA, Conrey FR, Smith ER. Situating social influence processes: dynamic, multidirectional flows of influence within social networks. 2007.

ジェームズ・スロウィッキー. みんなの意見は案外正しい. 角川文庫. 2004.

Photo by Owen Cannon on Unsplash

Read more

新たなスエズ危機に直面する米海軍[英エコノミスト]

新たなスエズ危機に直面する米海軍[英エコノミスト]

世界が繁栄するためには、船が港に到着しなければならない。マラッカ海峡やパナマ運河のような狭い航路を通過するとき、船舶は最も脆弱になる。そのため、スエズ運河への唯一の南側航路である紅海で最近急増している船舶への攻撃は、世界貿易にとって重大な脅威となっている。イランに支援されたイエメンの過激派フーシ派は、表向きはパレスチナ人を支援するために、35カ国以上につながる船舶に向けて100機以上の無人機やミサイルを発射した。彼らのキャンペーンは、黒海から南シナ海まですでに危険にさらされている航行の自由の原則に対する冒涜である。アメリカとその同盟国は、中東での紛争をエスカレートさせることなく、この問題にしっかりと対処しなければならない。 世界のコンテナ輸送量の20%、海上貿易の10%、海上ガスと石油の8~10%が紅海とスエズルートを通過している。数週間の騒乱の後、世界の5大コンテナ船会社のうち4社が紅海とスエズ航路の航海を停止し、BPは石油の出荷を一時停止した。十分な供給があるため、エネルギー価格への影響は軽微である。しかし、コンテナ会社の株価は、投資家が輸送能力の縮小を予想している

By エコノミスト(英国)
新型ジェットエンジンが超音速飛行を復活させる可能性[英エコノミスト]

新型ジェットエンジンが超音速飛行を復活させる可能性[英エコノミスト]

1960年代以来、世界中のエンジニアが回転デトネーションエンジン(RDE)と呼ばれる新しいタイプのジェット機を研究してきたが、実験段階を超えることはなかった。世界最大のジェットエンジン製造会社のひとつであるジー・エアロスペースは最近、実用版を開発中であると発表した。今年初め、米国の国防高等研究計画局は、同じく大手航空宇宙グループであるRTX傘下のレイセオンに対し、ガンビットと呼ばれるRDEを開発するために2900万ドルの契約を結んだ。 両エンジンはミサイルの推進に使用され、ロケットや既存のジェットエンジンなど、現在の推進システムの航続距離や速度の限界を克服する。しかし、もし両社が実用化に成功すれば、超音速飛行を復活させる可能性も含め、RDEは航空分野でより幅広い役割を果たすことになるかもしれない。 中央フロリダ大学の先端航空宇宙エンジンの専門家であるカリーム・アーメッドは、RDEとは「火を制御された爆発に置き換える」ものだと説明する。専門用語で言えば、ジェットエンジンは酸素と燃料の燃焼に依存しており、これは科学者が消炎と呼ぶ亜音速の反応だからだ。それに比べてデトネーシ

By エコノミスト(英国)
ビッグテックと地政学がインターネットを作り変える[英エコノミスト]

ビッグテックと地政学がインターネットを作り変える[英エコノミスト]

今月初め、イギリス、エストニア、フィンランドの海軍がバルト海で合同演習を行った際、その目的は戦闘技術を磨くことではなかった。その代わり、海底のガスやデータのパイプラインを妨害行為から守るための訓練が行われた。今回の訓練は、10月に同海域の海底ケーブルが破損した事件を受けたものだ。フィンランド大統領のサウリ・ニーニストは、このいたずらの原因とされた中国船が海底にいかりを引きずった事故について、「意図的なのか、それとも極めて稚拙な技術の結果なのか」と疑問を呈した。 海底ケーブルはかつて、インターネットの退屈な配管と見なされていた。現在、アマゾン、グーグル、メタ、マイクロソフトといったデータ経済の巨人たちは、中国と米国の緊張が世界のデジタルインフラを分断する危険性をはらんでいるにもかかわらず、データの流れをよりコントロールすることを主張している。その結果、海底ケーブルは貴重な経済的・戦略的資産へと変貌を遂げようとしている。 海底データパイプは、大陸間インターネットトラフィックのほぼ99%を運んでいる。調査会社TeleGeographyによると、現在550本の海底ケーブルが活動

By エコノミスト(英国)