ソフトバンクグループは、TikTokのインド資産のために入札者グループを結成することを検討しており、積極的に現地のパートナーを探していると、この件に詳しい関係者は述べている。Bloombergが報じた

TikTokの中国親会社であるByteDanceの株式を所有する日本のコングロマリットは、この1ヶ月間、Reliance Jio InfocommやBharti Airtelのトップと会談を行ってきたと、関係者は匿名を条件にBloombergに語った。協議は一度頓挫しているが、関係者によると、ソフトバンクはまだ選択肢を模索しているという。

TikTokは、他の58のアプリと一緒に、今年初めにインドで禁止されていた。この動きは、6月15日にインド北部ラダック地方のガルワン渓谷でインド軍と中国軍が衝突し、20人の陸軍関係者が戦死した直後に起きた。

先月、TikTokのケビン・メイヤーCEOが辞任を発表した数時間後、親会社であるByteDanceの創業者である張一鳴は、インドと米国での問題解決に向けて「迅速に動いている」ことを強調する従業員への書簡を書いていた。

インドはTikTokの最大の市場の一つで、2億人以上のユーザーを抱えていた。ドナルド・トランプ大統領がTikTokを禁止すると脅し、その後、国家安全保障上の懸念からByteDanceに同国の資産売却を命じたことで、このアプリは米国でも買収交渉が佳境に入っている。

この件に詳しい人物によると、ソフトバンクの顧問を務めるセントリカス・アセット・マネジメントは、これに先立ち、TikTokの米国および他の数カ国での事業を200億ドルで買収するために、Trillerと提携したという。

特筆すべきは、ソフトバンクは、Delhivery、FirstCry、Grofers、Ola、Ola Electric、Hike、OYO、Paytm、Housing.com、PolicyBazaarなど15社以上のインドのスタートアップに100億ドル以上を投資してきたことだ。また、同社はソフトバンク・ビジョン・ファンドIIからLenskartに2億3100万ドルを投資している。

これに先立ち、世界的なテック大手のマイクロソフトが、インドやヨーロッパの事業体を含むTikTokのグローバル事業のすべてを買収しようとしているとの報道があった。