インド

India, also known as the Republic of India, is a country in South Asia. It is the seventh-largest country by area, the second-most populous country, and the most populous democracy in the world.

吉田拓史
無料会員 公開

「世界の工場」の座を狙うインド

インドは電子機器の生産拠点になる野心を滾らせている。国内市場ですら中国製のエレクトロニクスによって占拠されており、中国やベトナムが成功した道筋をなぞることで、電子機器輸出国に転じる目論見だ。

吉田拓史
無料会員 公開

オヨの評価急減は孫正義氏、野村、みずほの頭痛の種に

ソフトバンクが筆頭株主を務めるインド新興企業のバリュエーションが急落したとされ、創業者が日本の金融機関から借りた20億ドルを孫正義氏が保証せざるを得ないシナリオが浮上している。

ブルームバーグ
無料会員 公開

世界2位の富豪アダニの帝国を支えるオフショアファンドを精査せよ - Andy Mukherjee

世界資産ランキングで、ゴータム・アダニが2位に浮上したことは、ナレンドラ・モディ首相の「メイク・イン・インディア」の申し子であるアダニが、大物投資家として透明性を示す機会と捉えるべきでしょう。

ブルームバーグ
無料会員 公開

ベゾス、世界第2の富豪の座をインドのアダニに奪われる

今年、猛スピードで長者番付を駆け上がったインドの大物、ゴータム・アダニ氏がジェフ・ベゾス氏を抜き、世界第2位の富豪となった。

エコノミスト(英国)
無料会員 公開

タタ財閥のインドへの世界最大の賭け

インド資本主義のフロンティアを垣間見たいなら、南部のタミル・ナードゥ州を訪れてほしい。220ヘクタールの広大な敷地に、屋根にソーラーパネルを載せた新しい工場が立ち並んでいる。その工場では、タタがアップルに代わって最新のiPhoneの部品を製造しており、その過程で、これまで中国に集中していた世界最高水準のサプライチェーンが、ついにインドにつながったという。 このプロジェクトは1回限りではない。このプロジェクトは、インド最大の企業による900億ドル規模の新たな投資急増の一部であり、30年にわたるグローバル展開の戦略から自国市場に向けて再ポジショニングを図っている。インドに電子機器工場と半導体工場を建設するというタタの野望は、インド経済を一変させる可能性がある。「私は、今年がインドの10年になると固く信じています」と、グループを統括する持株会社、タタ・サンズを経営するナタラジャン・チャンドラセカランは言う。 戦略の変更は、ビジネス界で最も熱心なグローバリストが新たなメガトレンドに適応していく中で、心理的に劇的な変化が起きていることも反映している。例えば、戦略的製造業の中国からの撤退

ブルームバーグ
無料会員 公開

インドの億万長者アダニ、株価1,000%の急上昇でベゾスに迫る

まず、彼はアジアで最も裕福な人物になった。その後、彼の純資産はウォーレン・バフェットやビル・ゲイツの純資産を上回った。現在、彼はジェフ・ベゾスやイーロン・マスクに匹敵する富のレベルに急速に近づきつつある。

エコノミスト(英国)
無料会員 公開

アダニ対アンバニ:インドの超大富豪の戦い

インド最大の民間港であるムンドラの埠頭からは、晴れた日にはカッチ湾を挟んで50km南にある世界最大の石油精製所を見渡すことができる。1990年代初頭、グジャラート州の両地域は、マラリアがはびこる湿地帯と農地であった。しかし現在では、インド経済の将来性を示すモニュメントとなり、それを建設した大物経営者たちの記念碑となっている。ゴータム・アダニとムケシュ・アンバニは、ともに億万長者であり、近年、インドビジネス界で最もよく知られた顔となっている。彼らは愛国的な国家建設者であり、その影響力と資源をインドの経済発展のために使っている、と支持者は言う。しかし、批判的な見方をすれば、彼らは自分たちのために働いているに過ぎない。彼らの動機は、その中間にあるようだ。 二人がインドのビジネス界に大きな影響力を持つようになったことは、疑う余地のない事実だ。今、多くの人が「AA経済」と呼んでいる。これは大げさだが、アダニ(A)とアンバニ(A)が経営する企業の総収入は、インドのGDPの4%に相当する。また、投資全体が控えられている中で、非金融系上場企業の設備投資の25%を担っている。7月26日に開催されたアダ

吉田拓史
無料会員 公開

インド財閥リライアンスが再エネ投資を倍増させる可能性

インド大手財閥リライアンス・インダストリーズは、同社を同国のクリーン・エネルギー・ビジネスにおける主要勢力に位置づけようとしている。現在の計画が達成されれば、再エネ設備製造への投資を倍増することを検討する予定だ。

ブルームバーグ
無料会員 公開

中国からのサプライチェーン移転が容易でない理由 - Anjani Trivedi

製造業のサプライチェーンを中国からシフトさせるという話がよく聞かれるようになった。しかし、中国の時計仕掛けのように動く高速道路や生産ライン、緊密なサプライヤー・ネットワークを再構築することは、途方もない仕事である。

ブルームバーグ
無料会員 公開

世界4位の印大富豪アダニの財閥は「大幅な過剰レバレッジ」と調査会社が警告

調査会社はインドの大富豪ゴータム・アダニの巨大企業複合企業体は「レバレッジが非常に高く、既存事業だけでなく新規事業にも積極的に投資しており、主に負債で資金調達している」と指摘した。

ブルームバーグ
無料会員 公開

インドは中国型監視資本主義に向かうのか? - Andy Mukherjee

政府は個人データ保護法案を断念し、プライバシーに関するより権威主義的な規則の導入が懸念されている。個人をプロファイリングする技術を当局が熱心に採用しているのは、中国式の監視統制システムを切望していることを示している。

ブルームバーグ
無料会員 公開

バングラデシュは一人当たりの国民総所得でインドを打ち負かした - Andy Mukherjee

衣料品輸出国であるバングラデシュは、一人当たりの国民総所得でインドを追い越した。外貨準備高が減少し、危機が迫る。同国はIMFの救済措置でさらに経済をきれいにすることができる。