インド

India, also known as the Republic of India, is a country in South Asia. It is the seventh-largest country by area, the second-most populous country, and the most populous democracy in the world.

吉田拓史
無料会員 公開

世界4位資産家のインド成金政商を高勝率の米空売り屋が「史上最大の詐欺」と狙い撃ち

米空売りファンドが世界4位の富豪ゴータム・アダニの財閥について徹底的な調査を行い「史上最大の詐欺」を働いていると主張した。モディ政権との縁故で知られる成金政商と、数々の嘘を暴いてきた高勝率の空売り屋という絶好のマッチメイク。

ブルームバーグ
無料会員 公開

アダニ・グループの空売りは投資家のインドへの信頼に疑問を投げかける―Andy Mukherjee

効率性は資本市場の一部でしかない。何よりも信頼が重要であり、それを破った者にはエンロンやバーニー・マドフのように模範的な処罰が必要だ。インド証券取引委員会(SEBI)は、市場を浄化するために世論の反発を待っているのだろうか?

吉田拓史
無料会員 公開

「次の中国」になれないインド:製造業育成に躓き続ける

インドの製造業振興は遅々として進んでいない。iPhoneの生産の一部が中国から移転しても、投資先として魅力的であるとは必ずしも言えない。インドは今の所、「次の中国」にはなりえないだろう。

ブルームバーグ
無料会員 公開

世界経済は新たな牽引役を必要としている、それはインドだ

インドの経済変革が本格化しつつある。世界の製造業は中国以外に目を向けており、ナレンドラ・モディ首相はこのタイミングをとらえようと踏み切っている。政府は今年度、予算の20%近くを設備投資に充てる予定で、これは少なくとも過去10年間で最大だ。

ブルームバーグ
無料会員 公開

インドEV市場はSUVの天下

穴のあいた道路や交通の便の悪さで知られるインドで、大型車の保有を望む消費者が増えている中、自動車メーカーは低価格の電池駆動SUVに賭けて、芽生えつつあるEV市場の取り込みを図ろうとしている。

ブルームバーグ
無料会員 公開

インドのiPhone生産の躍進と「次の中国」になるための苦闘

書類上では、インドがグローバルメーカーを誘致するチャンスはバラ色に見える。しかし、専門家は、低迷する製造業を改善するための持続的な利益はまだ道半ばであると警告している。

ブルームバーグ
無料会員 公開

インドの人口はすでに中国を上回っている―アナリストが分析

インドはすでに中国を抜いて世界で最も人口の多い国となった可能性があり、ナレンドラ・モディ首相は雇用を増やし、世界有数の成長を持続させることが急務となっている。

ブルームバーグ
無料会員 公開

Apple、インドでの製造に弾みをつける

Appleの中国サプライヤー12社以上がインドでの事業拡大の初期許可を得ており、中国以外の組み立てネットワークの多様化を目指すハイテク大手の取り組みを後押ししている。

ブルームバーグ
無料会員 公開

インドと中国:2023年の2つの市場の物語―Andy Mukherjee

インドが相応の収益成長を遂げる限り、外国人投資家は、ますます逞しくなった国内投資家層が利益を崇拝するようになったインドを無視することはできないだろう。

ブルームバーグ
無料会員 公開

インド、300億ドルを投じてクリーン電力用の送電網を整備する計画を発表

インドは、2030年までにクリーン電力の容量をほぼ3倍に増やすことを目指し、再生可能発電を接続する送電線を建設する2兆4400億ルピー(約296億ドル)の計画を発表した。

ブルームバーグ
無料会員 公開

チャイナ・プラス1の追い風はインド経済の減速を止められない―Andy Mukherjee

中国へのエクスポージャーを抑えようとする生産者にとって、インドを魅力的な第二の目的地として位置づけることは、長期的には有益である。しかし、景気後退と政府の打ち手の不足は、インドへの懐疑心を湧き上がらせる。

ブルームバーグ
無料会員 公開

シンガポールとドバイに挑むインドのGIFTシティ

GIFTシティは、3兆ドル規模の経済圏に位置する自由市場の実験である。その目的は、ドバイやモーリシャス、シンガポールに移転したインドを中心とした取引が故郷に戻れるような、居心地の良い場所を作ることだ。