インド

India, also known as the Republic of India, is a country in South Asia. It is the seventh-largest country by area, the second-most populous country, and the most populous democracy in the world.

吉田拓史
無料会員 公開

インド、半導体産業育成の野心をたぎらせる

要点インドは自国半導体産業育成の野心をたぎらしている。インドは長年の蓄積のある欧米日韓中台からは遠く遅れた位置にあるものの、国内にエレクトロニクス産業が立ち上がりつつある今、育成は合理的な判断に見える。 インドのナレンドラ・モディ首相は、4月下旬に開催された「Semicon India 2022」でのスピーチで、インドを半導体製造のハブにする可能性を訴えた。 しかし、この目標はすぐさま達成されるものではない。特に、米国、ドイツ、日本といった先進国が、すでにトップクラスのチップメーカーから大規模な投資を集めている現状ではなおさらそうだ。製造業大国である中国が本格的なグローバル・チップメーカーになろうとしているのとは異なり、インドにはチップの強固な国内市場がない。 インド政府によると、インドの半導体市場は2020年に推定150億ドル、2026年には630億ドルに達する可能性があるという。インドでは以前、政府が自国での半導体産業育成を試みたが失敗し、現在では半導体需要のほぼすべてを海外メーカーに頼っている。インドがファブの夢を実現し、国際的な競争力をつけるには、半導体材料や装置のサプライヤーを集めたエコシステムを構築する必要がありますが、それには数十年かかると考えられている。 現在、インドでは5社から205億ドル相当の提案を受けている。その中には、インドの石油・ガス開発大手ヴェダンタとフォックスコン、シンガポールのIGSSベンチャーズ、アブダビのNext Orbit Venturesとイスラエルのタワーセミコンダクターによる合弁会社ISMCが含まれている。 ヴェダンタとフォックスコンは100億ドルを投じて早ければ2025年にも半導体生産を開始する予定だと報じられている。 ISMCのプロジェクトは南西部のカルナタカ州に同国初となるICファウンドリーを建設する計画だ。65ナノメートル(nm)のプロセスに約30億ドルを投資する予定だ。タワーセミコンダクターがこのプロジェクトの技術提供者になる予定だ。 4月下旬にはインドの電子情報技術相であるアシュウィニ・ヴァイシュナウ情報技術大臣が、世界最大手のチップメーカーの一部は、

エコノミスト(英国)
無料会員 公開

インドは今年世界で最も急速に成長する経済大国となる可能性が高い

インド経済の試練と変革は、19世紀のアメリカを彷彿とさせる壮大さを持っている。広大な国内市場が形成され、企業は規模の経済によって成長することができる。何千万人もの貧困層が国内移動し、大胆な消費者層が生まれ、新しい技術で帝国が築かれている。莫大な投資を行う大物たちは、自分たちがインドのロックフェラーなのかカーネギーなのか、嬉々として議論している。 ナレンドラ・モディが首相として1期目を始めた2014年、インドは世界第10位の経済大国だった。その後7年間で40%の成長を遂げ(図表1)、大国では中国だけが53%の成長を遂げた。国際通貨基金(IMF)によれば、今年の成長率は8%で、大国の中では最高となる。IMFは、2027年までにインドは世界第5位の経済大国になり、GDPは市場価格でおよそ5兆ドルに達すると予測している。株式市場の規模では、アメリカ、中国、日本に次いで、すでに第4位となっている(図表2)。また、ユニコーン(10億ドル以上の価値を持つ未上場新興企業)の数は約100社で、アメリカ、中国に次いで3位である。

ブルームバーグ
無料会員 公開

アマゾン、インドの大富豪に企業買収係争で手玉に取られる

インドの大富豪ムケシュ・アンバニはアマゾンとの企業買収係争で驚くべき戦術を使い手玉にとった。資金繰りに苦しむ地元の小売業者を買収する34億ドルの争奪戦でアマゾンに対し完全に優位に立った。

吉田拓史
無料会員 公開

インド、デジタル経済の急成長が続行中

インドのインターネット経済は、インターネットの普及とデジタルコンテンツの消費の拡大に後押しされ、2030年までに1兆ドルに達する可能性がある。

ブルームバーグ
無料会員 公開

モディ政権、物価高騰とコロナ流行により最重要票田が脅かされる

インドの最重要票田ウッタル・プラデーシュ州では、モディ首相が率いるバラティヤ・ジャナタ党(BJP)の支持率が下がっている。かつて彼を支持した一部のイスラム教徒や不利な立場にあるカーストの有権者の票が当てにならなくなったためだ。

ブルームバーグ
無料会員 公開

インドのIPOバブル、相次ぐ失敗で冷水を浴びる

【ブルームバーグ】インドではテクノロジー関連の新規株式公開がブームとなっているが、注目を集めた新興企業のいくつかが上場後すぐに大失敗したことで、その勢いが止まる危険性が出てきた。

吉田拓史
無料会員 公開

インド、Appleに独占禁止の調査を開始

インド当局はApp Storeの独占的慣行の調査を開始した。欧米や韓国ではアプリエコノミーの専売的なゲートウェイとなっているストアへの態度が硬化しているが、インドも歩を揃えた格好だ。

吉田拓史
無料会員 公開

中国からインドに投資マネーが流れる

中国からインドに投資マネーの関心が移り始めている。中国のテクノロジー企業規制と海外・香港上場への厳しい要件は、出口戦略の選択肢を狭めた。他方、インドは国内市場での上場で流動化が可能だと証明され、序列が上がっている。

吉田拓史
無料会員 公開

ソフトバンク出資の決済大手Paytmが上場初日に暴落し、インドのIPOブームに冷や水

かつてはインドのデジタル決済を牽引していたPaytmは、同国史上最大のIPOを行ったが、上場初日に株価が暴落。沸きに沸いてきたインドのIPOブームに冷や水を浴びせた。

吉田拓史
無料会員 公開

インドのPE-VC投資が日本の4倍に到達

インドの2021年1~9月の取引額は490億ドルと過去最高に到達した。日本の2020年通年実績である100億ドル超の約5倍だ。出口戦略の確実性が高まったテクノロジーセクターが牽引している。

吉田拓史
無料会員 公開

インドのIPOバブルはまだまだ続く

懸案だったベンチャー投資の出口戦略が確保され、インドのIPOバブルが継続性が固くなった。その背後で、国際政治の影響を受けて、新興企業の支援者のマジョリティが、中国勢から米国勢に転換した。

吉田拓史
無料会員 公開

インドのIPOとユニコーンが史上空前のブーム

インドは未曾有のIPOバブルを享受している。未上場企業への投資はすでに日本の数倍の規模にあり、更に急増するトレンドにある。インドは世界中のマネーを魅了しているのだ。