『イカゲーム』のヒットは米国外でのコンテンツ製作を加速する

Netflixの競合他社は「イカゲーム(Squid Game)」の成功を喜んでいるかもしれない。米国の一般家庭で外国語番組が受け入れられれば、米国外での制作への道がさらに開かれ、メディア企業は莫大な費用を節約できるからだ。

『イカゲーム』のヒットは米国外でのコンテンツ製作を加速する
via Netflix.

要点

Netflixの競合他社は「イカゲーム(Squid Game)」の成功を喜んでいるかもしれない。米国の一般家庭で外国語番組が受け入れられれば、米国外での制作への道がさらに開かれ、メディア企業は莫大な費用を節約できるからだ。


Amazon、Apple、Disney、WarnerMediaのHBO Max、NBCUniversal、LionsgateのStarz、ViacomCBSの各社は、世界の注目を集めるような新しいテレビシリーズを求めて世界中を駆け巡っている。

ハリウッドのスタジオは、ハリウッドスターではなく地元の人材を雇い、観光や知名度の向上を目指す国々から税額控除やリベートを受け取り、アメリカの厳しい労働組合の規制を避けることで、何百万ドルものコストを削減していると、EM3のマネージングパートナーである企業・テクノロジー弁護士のAjay MagoはCNBCに語っている。

「国によってインセンティブパッケージは異なる。国によっては、政府のルートを使って無料でマーケティングを行ってくれたり、映画祭でサポートしてくれたりする」

アメリカの観客はこれまで、外国語映画をニッチなコンテンツとして見てきた。非英語圏のテレビシリーズが主流になったことは「イカゲーム」以前にはほとんどなかったが、今ではすっかり定着している。地元の俳優やセットを維持することで、制作費を大幅に削減できる。これまでのように、高価なハリウッドのAリスト俳優を起用して、海外のヒット番組を再構築するとなると、1本あたり数十億円の費用がかかる。

この超大作ドラマは、Netflixで英語以外の言語で成功を収めた最新作だ。スペインのテレビシリーズである「マネー・ハイスト」は、スペインではわずか2シーズンで打ち切られたが、Netflixで復活し、同プラットフォームで最大のヒット作の一つとなった。その第4シーズンは、最初の28日間で6,500万人の視聴者を獲得した。架空の探偵アルセーヌ・ルパンの活躍を描いたフランスの強盗ドラマ「Lupin」も配信開始から28日間で7,600万人の視聴者を獲得し、大ヒットした。Netflixによると、アメリカでは外国語作品の視聴数が2019年以降71%増加しており、アメリカの加入者の97%が過去1年間に英語以外の番組を1つ以上視聴している。

知的財産の節約

ディズニーは今週、「Disney+」とそのアジア向けストリーミングサービス「Disney+ Hotstar」向けに、アジア太平洋地域で27本の新しいテレビシリーズと映画の制作を開始する予定だと発表した。

ブルームバーグが今週報じたところによると「Squid Game」の制作費総額はわずか2,140万ドルだった。「Squid Game」の制作費は、米国人キャストを起用し、韓国で認められている長時間労働を防止するためのハリウッドの労働組合による制作規制があれば、おそらく5倍から10倍になっただろうとのことだ。

また、海外のローカル作品に投資することで、ハリウッドのスタジオが高価な知的財産に投資する必要がなくなる。ワンダビジョン」や「ファルコン」など、Disney+のマーベル番組の1話あたりの制作費は2,500万ドルで、これは「イカゲーム」の全9話よりも高額だが、これには2009年にディズニーがマーベルを買収するために支払った40億ドルは含まれていない。ニュージーランドの経済開発・観光大臣によると、Amazon Prime Videoが制作する次期「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズの第1シーズンの制作費は4億6,500万ドルになるそうです。アマゾンは2017年にトールキンの知的財産を約2億5千万ドルで購入した。

ストリーミングサービスでの外国語コンテンツの成功は驚くべきことだ。英国映画協会(BFI)によると、2019年に英国とアイルランドで公開された興行作品のうち、外国語作品は45%を占めているが、興行収入は2.2%にとどまっている。

2003年から2017年の間に北米で公開された作品のうち、外国語の映画は19%を占めていたが、興行収入のわずか1.1%に過ぎなかった。アカデミー賞の運営組織である映画芸術科学アカデミーは、英語以外の映画に作品賞を与えることなく1世紀近くが過ぎた。2020年に同じく韓国の作品である「パラサイト半地下の家族」が初めて同賞を獲得した。

しかし、Netflixは、外国語コンテンツのアクセスと配信を容易にするために多額の投資を行ってきた。例えば、「イカゲーム」 は、31の言語で字幕が付けられ、13の言語で吹き替えが行われている。これにより、最も頑固な視聴者をも動かすことができた。また、外国語コンテンツのストリーミング配信の利便性も要因の一つと考えられる。定額を支払えば、視聴者は好きなだけ海外の作品を試せるからだ。

クリエイターをサポート

運営者の吉田は2年間無給、現在も月8万円の役員報酬のみでAxionを運営。

  • 投げ銭
  • 毎月700円〜の支援👇
Betalen Yoshida Takushi met PayPal.Me
Ga naar paypal.me/axionyoshi en voer het bedrag in. En met PayPal weet je zeker dat het gemakkelijk en veiliger is. Heb je geen PayPal-rekening? Geen probleem.
デジタル経済メディアAxionを支援しよう
Axionはテクノロジー×経済の最先端情報を提供する次世代メディアです。経験豊富なプロによる徹底的な調査と分析によって信頼度の高い情報を提供しています。投資家、金融業界人、スタートアップ関係者、テクノロジー企業にお勤めの方、政策立案者が主要読者。運営の持続可能性を担保するため支援を募っています。