破綻のSVBは米スタートアップ業界を「独占」していた

米国の地方銀行シリコンバレーバンク(SVB)がまたたく間に破綻し、同社が米国のスタートアップ・エコシステムに不可分なまでに組み込まれていたことが分かった。

破綻のSVBは米スタートアップ業界を「独占」していた
2023年3月10日(金)、米カリフォルニア州サンタクララにあるシリコンバレーバンク(SVB)本社。フィリップ・パチェコ/ブルームバーグ

米国の地方銀行シリコンバレーバンク(SVB)がまたたく間に破綻し、同社が米国のスタートアップ・エコシステムに不可分なまでに組み込まれていたことが分かった。


SVBは多くのスタートアップと独占的に取引していた。SVBとの独占的取引が、「ベンチャーデット」と呼ばれるスタートアップ向けの高利の融資に伴うコベナンツ(特約条項)に盛り込まれていたという。

米スタートアップはSVBのベンチャーデットをよく利用していた。SVBは長い間、ベンチャーデットのリーダーとして知られてきた。SVBの破綻は、負債調達に傾斜する業界で、ますます注目を集めているベンチャーデットにどのような影響を与えるのだろうか。

SVBの融資にはプライベート・エクイティやVCのファンド向けのものもあり、「キャピタル・コール・ライン」という信用枠を専門に扱っていた。この信用枠は、VCが投資決定を下した瞬間にSVBから現金を調達し、すぐにスタートアップに投資できるようにするものだ。VCはその後、年金基金のようなLPから事前に投入を約束した資金を受け取り(これを「キャピタル・コール」と言う)、SVBに返済する。

SVBはVCの金主でもある。年間報告書によると、SVB傘下のSVB CapitalはVCのリミテッド・パートナー(LP)として95億ドルを運用。多くのプライベート・エクイティがこの投資枠に興味を示しているという。

SVBはライトスピード、ベインキャピタル、インサイトパートナーズなど、2,500社以上のVCの取引銀行でもあった。また、多くの技術系エグゼクティブの個人資産を管理し、シリコンバレーの技術系カンファレンス、パーティー、ディナー、メディアなどのスポンサーとして確固たる地位を築いていた。

不動産リース・スタートアップの創業者Brad Hargreavesによると、SVBは、スタートアップに口座を提供し、貸し手であっただけでなく、顧客企業の創業者の多くに個人住宅ローンを含む資産管理サービスを提供していた。

Jenkins作者の川口耕介はこう自身のブログに書いている。「シリコンバレーには、工場のようにスタートアップを製造する仕組みがあるのである…機関投資家は地元の法律事務所ともSVBとも繋がっているので、彼らの流れ作業で必要な書類などが作られる」

「投資家とSVBの間には、間違いなく何かの契約が存在していて、自分のところで作る会社はSVBに持っていくという約束になっているはずだ。こちらとしても、周りの創業者は全部SVBだし、あえてベルトコンベアを外れる理由がないから、言われるままである。スタートアップ向けの融資プログラムも充実している。このようにして、SVBがテックスタートアップを独占する仕組みが盤石のものになる。法人向け銀行口座はじゃんじゃん手数料を取られていくから、結構馬鹿にならない儲けになっているはずだ」

毎年大量のスタートアップを生み出すYコンビネーターのゲイリー・タンは、SVB破綻を「スタートアップの絶滅レベル」の出来事と呼んだ。「政府から何らかの計画がなければ、これらの預金者は数週間、数ヶ月を生き延びることはできないだろう」(最終的に預金は保護されることになった)。

破綻は、中国の投資家や新興企業の懸念を引き起こした。中国のスタートアップは、オフショア銀行口座がなければ、海外の投資家から外貨で資金を調達することができない。SVBの口座開設は、最も簡単な選択肢だったのだ。その預金が一時危機にさらされた。

ベンチャーキャピタルファンド、クレオキャピタルのマネージングディレクター、サラ・クンストは、米ビジネス誌Fortuneに対し、「SVBでは、他の銀行が負わないようなリスクをたくさん負っていた」と述べた。「それが最終的に彼らの終焉の一因となった」

Read more

アドビ、日本語バリアブルフォント「百千鳥」発表  往年のタイポグラフィー技法をデジタルで再現

アドビ、日本語バリアブルフォント「百千鳥」発表 往年のタイポグラフィー技法をデジタルで再現

アドビは4月10日、日本語のバリアブルフォント「百千鳥」を発表した。レトロ調の手書き風フォントで、太さ(ウェイト)の軸に加えて、字幅(ワイズ)の軸を組み込んだ初の日本語バリアブルフォント。近年のレトロブームを汲み、デザイン現場の様々な要望に応えることが期待されている。

By 吉田拓史
新たなスエズ危機に直面する米海軍[英エコノミスト]

新たなスエズ危機に直面する米海軍[英エコノミスト]

世界が繁栄するためには、船が港に到着しなければならない。マラッカ海峡やパナマ運河のような狭い航路を通過するとき、船舶は最も脆弱になる。そのため、スエズ運河への唯一の南側航路である紅海で最近急増している船舶への攻撃は、世界貿易にとって重大な脅威となっている。イランに支援されたイエメンの過激派フーシ派は、表向きはパレスチナ人を支援するために、35カ国以上につながる船舶に向けて100機以上の無人機やミサイルを発射した。彼らのキャンペーンは、黒海から南シナ海まですでに危険にさらされている航行の自由の原則に対する冒涜である。アメリカとその同盟国は、中東での紛争をエスカレートさせることなく、この問題にしっかりと対処しなければならない。 世界のコンテナ輸送量の20%、海上貿易の10%、海上ガスと石油の8~10%が紅海とスエズルートを通過している。数週間の騒乱の後、世界の5大コンテナ船会社のうち4社が紅海とスエズ航路の航海を停止し、BPは石油の出荷を一時停止した。十分な供給があるため、エネルギー価格への影響は軽微である。しかし、コンテナ会社の株価は、投資家が輸送能力の縮小を予想している

By エコノミスト(英国)
新型ジェットエンジンが超音速飛行を復活させる可能性[英エコノミスト]

新型ジェットエンジンが超音速飛行を復活させる可能性[英エコノミスト]

1960年代以来、世界中のエンジニアが回転デトネーションエンジン(RDE)と呼ばれる新しいタイプのジェット機を研究してきたが、実験段階を超えることはなかった。世界最大のジェットエンジン製造会社のひとつであるジー・エアロスペースは最近、実用版を開発中であると発表した。今年初め、米国の国防高等研究計画局は、同じく大手航空宇宙グループであるRTX傘下のレイセオンに対し、ガンビットと呼ばれるRDEを開発するために2900万ドルの契約を結んだ。 両エンジンはミサイルの推進に使用され、ロケットや既存のジェットエンジンなど、現在の推進システムの航続距離や速度の限界を克服する。しかし、もし両社が実用化に成功すれば、超音速飛行を復活させる可能性も含め、RDEは航空分野でより幅広い役割を果たすことになるかもしれない。 中央フロリダ大学の先端航空宇宙エンジンの専門家であるカリーム・アーメッドは、RDEとは「火を制御された爆発に置き換える」ものだと説明する。専門用語で言えば、ジェットエンジンは酸素と燃料の燃焼に依存しており、これは科学者が消炎と呼ぶ亜音速の反応だからだ。それに比べてデトネーシ

By エコノミスト(英国)