テンセントがチップ内製化を加速する背景

半導体の内製化でバイドゥとアリババに遅れを取った印象のあるテンセント。しかし、ここにきて投資が加速し、自社ビジネスに適合する半導体の設計が進展している。

テンセントがチップ内製化を加速する背景
via Tenc

要点

半導体の内製化でバイドゥとアリババに遅れを取った印象のあるテンセント。しかし、ここにきて投資が加速し、自社ビジネスに適合する半導体の設計が進展している。


テンセントは11月3日のカンファレンスで、AIコンピューティング向けの「紫霄」、動画ファイル圧縮用の「沧海」、クラウドサーバー用ネットワークカード「玄灵」という3つのチップを正式に発表した。

テンセントは、ゲームなどのオンラインコンテンツやスーパーアプリ「WeChat」など、中国の取り締まりの対象となっている分野から収益の大半を得ているが、今回の新しいチップによって、習近平国家主席の目標により沿うことになる。習近平政権は、技術の自給自足を国家の最重要課題と位置づけ、米国による半導体産業への制裁を克服するために、多額の政府資金を用意し、地元企業を支援するための幅広い政策を実施している。

テンセントは、2020年にチップ部門を設立し、上海燧原科技有限公司 (Enflame Technology)のような地元のチップ新興企業に投資している。

クラウドコンピューティングからサーバー、そしてクラウドAIチップへと、バイドゥとアリババはチップとデータセンターの産業チェーンをより深く結合する方向に向かっており、より広く使われる汎用AIチップに主眼を置いている。 一方、テンセントは、AI推論チップ、トランスコーディングチップ、スマートNICチップなどの試みを行い、独自の特殊なニーズから躍進してきた。 巨人であるテンセントの選択は、なぜ違うか。

テンセントは、その適用シナリオを明確に指摘していないが、おそらく、音声で動画コンテンツを検索する際に、テンセントの関連する動画・エンターテインメント事業、例えば、テンセント・ビデオ、テンセント・スポーツ、HuYa、Douyuなどの動画プラットフォームと組み合わせて、検索速度をさらに高めることになると推測することは難しくない。

第二に、テンセントによると、トランスコーディングチップの沧海は、高精度モーションサーチ、フルレート歪曲最適化、効率的な適応型量子化などの主流のコーディングツールをすべて実装し、テンセントのクラウドソフトウェアのエンコーダビットレート制御の先端技術を統合しており、1080P 60Hzビデオのリアルタイムエンコーディングを可能にし、業界と比較して30%以上の圧縮率の向上を実現しており、おそらくテンセントにWeChat、QQなどのソーシャルコミュニケーションソフトウェアのビデオエンコーディングのための優れたソリューションを提供することになるでしょう。 テンセントがWeChatやQQなどのソーシャル・コミュニケーション・ソフトウェアで行うビデオ通話や、ゲームやエンターテインメントで重要な役割を果たす可能性がある。

例えば、ソニーのハイエンドテレビ製品には、独自に開発したXRチップが搭載されており、AI技術によって人間の視覚・聴覚の認知方法を模倣することで、テレビのオーディオ・ビジュアル面を強化している。 テンセントのビデオ画像処理とリアルタイム・コーディングに関連する2つのチップは、ゲーム、ソーシャル・コミュニケーション、ビデオ・エンターテインメントに価値をもたらすことができ、また、これらの事業はテンセント自身の多くの事業と深く統合することができ、それが紫霄、沧海の開発の重要な理由となっているのでしょう。

自己研究チップは、莫大な初期投資と遅いリターンを伴う遠回りの道のように見えるが、特別なニーズに対しては、通常、ペインポイントを解決するための特別なチップが必要であり、カスタムAIチップはコスト削減となる。 人工知能のハードウェアには演算能力の要求があり、ローエンドの汎用チップでは演算能力が足りず、ハイエンドの汎用チップでは冗長設計が多く、消費電力が大きくなってしまう。

テンセントでも、ビジネスニーズがますます拡大していることが、自己研究用チップの加速につながっている。

先行するバイドゥとアリババの歩み

バイドゥは、BATで最も早く行動を起こした企業の一つであり、長きにわたる社内インキュベーションを経て、今年2月、バイドゥはKunlunチップ事業のためにCPE Yuanfengがリードした投資ラウンドで約130億元の評価額で独立した資金調達を行った。これは外部からは、バイドゥにとって自律走行分野以外のもう一つの重要なレイアウトであると考えられているが、バイドゥのAIチップ製造への実質的な関与は、バイドゥが2010年に立ち上げたFPGA AIアクセラレータプロジェクトにさかのぼる。バイドゥは、同社のKunlunシリーズや鸿鹄シリーズのチップを大規模なサーバークラスタやスマートIoTデバイスに組み込むことで、AIやクラウドコンピューティングの技術力をさらに高めようとしてきた。

一方、アリババは2019年に半導体子会社の平头哥半导体有限公司(T-Head)を設立し、これまで2年以上の間に含光800、玄鉄 910、倚天710など、アリババクラウド用途を中心とした3つのチップ製品を世に送り出きた。AliOS、FreeRTOS、RT-スレッド、Linux、Androidおよび他のオペレーティングシステムに玄鉄シリーズのプロセッサはサポートを提供しており、150以上の顧客、500以上のライセンス数はCPUの国内最大のアプリケーションになる。

発表されたばかりのアリババがクラウド用に作ったTSMCの5nmプロセスを活用したArmベースのサーバー用チップ「倚天710」(Yitian 710)は、Amazon、インテル、AMDなどの業界の主流のサーバーCPUの追走を目的としており、チップをビジネスの焦点とするアリババクラウドの戦略を反映している。

一方、テンセントクラウドはまだ独自のサーバーCPUを発売していないが、カンファレンスでは、多くのチップ企業との深い協力のもと、すでにAMDのCPUを積んだクラウド用サーバー「星星海云服务器」を外販しており、すべてのプラットフォームと複数のシナリオに対応し、過去1年間で最大400%の規模に成長していることが紹介された。

星星海云服务器のサーバー自体は、顧客のニーズに合わせてサプライチェーン企業が深くカスタマイズしているため、まだ自社開発ではないチップの段階だが、テンセントが半導体ビジネスに注力するようになると、テンセントが将来的にサーバー用の汎用CPUを発表することも視野にいれるようになるだろう。

Read more

新たなスエズ危機に直面する米海軍[英エコノミスト]

新たなスエズ危機に直面する米海軍[英エコノミスト]

世界が繁栄するためには、船が港に到着しなければならない。マラッカ海峡やパナマ運河のような狭い航路を通過するとき、船舶は最も脆弱になる。そのため、スエズ運河への唯一の南側航路である紅海で最近急増している船舶への攻撃は、世界貿易にとって重大な脅威となっている。イランに支援されたイエメンの過激派フーシ派は、表向きはパレスチナ人を支援するために、35カ国以上につながる船舶に向けて100機以上の無人機やミサイルを発射した。彼らのキャンペーンは、黒海から南シナ海まですでに危険にさらされている航行の自由の原則に対する冒涜である。アメリカとその同盟国は、中東での紛争をエスカレートさせることなく、この問題にしっかりと対処しなければならない。 世界のコンテナ輸送量の20%、海上貿易の10%、海上ガスと石油の8~10%が紅海とスエズルートを通過している。数週間の騒乱の後、世界の5大コンテナ船会社のうち4社が紅海とスエズ航路の航海を停止し、BPは石油の出荷を一時停止した。十分な供給があるため、エネルギー価格への影響は軽微である。しかし、コンテナ会社の株価は、投資家が輸送能力の縮小を予想している

By エコノミスト(英国)
新型ジェットエンジンが超音速飛行を復活させる可能性[英エコノミスト]

新型ジェットエンジンが超音速飛行を復活させる可能性[英エコノミスト]

1960年代以来、世界中のエンジニアが回転デトネーションエンジン(RDE)と呼ばれる新しいタイプのジェット機を研究してきたが、実験段階を超えることはなかった。世界最大のジェットエンジン製造会社のひとつであるジー・エアロスペースは最近、実用版を開発中であると発表した。今年初め、米国の国防高等研究計画局は、同じく大手航空宇宙グループであるRTX傘下のレイセオンに対し、ガンビットと呼ばれるRDEを開発するために2900万ドルの契約を結んだ。 両エンジンはミサイルの推進に使用され、ロケットや既存のジェットエンジンなど、現在の推進システムの航続距離や速度の限界を克服する。しかし、もし両社が実用化に成功すれば、超音速飛行を復活させる可能性も含め、RDEは航空分野でより幅広い役割を果たすことになるかもしれない。 中央フロリダ大学の先端航空宇宙エンジンの専門家であるカリーム・アーメッドは、RDEとは「火を制御された爆発に置き換える」ものだと説明する。専門用語で言えば、ジェットエンジンは酸素と燃料の燃焼に依存しており、これは科学者が消炎と呼ぶ亜音速の反応だからだ。それに比べてデトネーシ

By エコノミスト(英国)
ビッグテックと地政学がインターネットを作り変える[英エコノミスト]

ビッグテックと地政学がインターネットを作り変える[英エコノミスト]

今月初め、イギリス、エストニア、フィンランドの海軍がバルト海で合同演習を行った際、その目的は戦闘技術を磨くことではなかった。その代わり、海底のガスやデータのパイプラインを妨害行為から守るための訓練が行われた。今回の訓練は、10月に同海域の海底ケーブルが破損した事件を受けたものだ。フィンランド大統領のサウリ・ニーニストは、このいたずらの原因とされた中国船が海底にいかりを引きずった事故について、「意図的なのか、それとも極めて稚拙な技術の結果なのか」と疑問を呈した。 海底ケーブルはかつて、インターネットの退屈な配管と見なされていた。現在、アマゾン、グーグル、メタ、マイクロソフトといったデータ経済の巨人たちは、中国と米国の緊張が世界のデジタルインフラを分断する危険性をはらんでいるにもかかわらず、データの流れをよりコントロールすることを主張している。その結果、海底ケーブルは貴重な経済的・戦略的資産へと変貌を遂げようとしている。 海底データパイプは、大陸間インターネットトラフィックのほぼ99%を運んでいる。調査会社TeleGeographyによると、現在550本の海底ケーブルが活動

By エコノミスト(英国)