テスラのバーチャルパワープラントが豪州の試験で好結果

1,000世帯を対象に太陽光発電と蓄電池を利用した21ヶ月間の実証実験

テスラのバーチャルパワープラントが豪州の試験で好結果

平日朝6時発行のAxion Newsletterは、デジタル経済アナリストの吉田拓史(@taxiyoshida)が、最新のトレンドを調べて解説するニュースレター。同様の趣旨のポッドキャストもあります。登録は右上の「Subscribe」ボタンから。

要点

再生可能エネルギーの活用の鍵となる「仮想発電所」技術の試験が豪州で成功した。分散的な発電と蓄電、送電ネットワークは経済や都市の新たな形態を約束している。


豪・南オーストラリア州営電力会社SA Power Networksは、同州の1,000世帯を対象に、太陽光発電と蓄電池を利用した21ヶ月間の「先進的バーチャルパワープラント(VPP、仮想発電所)グリッド統合プロジェクト」の試験を実施し、成功を収めたと先月発表した。

VPPは、多くの顧客が保有するバッテリーや太陽光などの分散型エネルギー資源(DER)を、市場を意識した制御戦略の下で集約するもの。無数のサーバーを仮想化し、抽象化することで、より柔軟なコンピュータ資源としてユーザーに提供するクラウドコンピューティングのアナロジーのようなものだ。VPPは、再生可能エネルギーへの移行が進むにつれ、エネルギーシステムにおいてますます重要な役割を果たすことが期待されている。

2018年、SA Power Networksは、世界最大のVPPになることを目標とするテスラの南オーストラリアVPPプロジェクトが、VPPを配電網に統合するためのこの種の洗練されたアプローチを試験的に実施し、更に大規模な試験の必要性を認識した。SA Power Networksは、テスラおよびオーストラリア連邦科学産業研究機構(CSIRO)と提携して、200万ドルの「Advanced VPP-Grid Integration」試験を開発し、オーストラリア再生可能エネルギー庁(ARENA)から100万ドルの資金援助を受けた。業界初となるこの旗艦プロジェクトは、テスラのVPP展開のフェーズ2を形成する1,000世帯を対象とし、2019年に開始された。

この世界初の試みの結果、SA Power Networksは、グリッド統合の新しいアプローチを用いてVPPの性能を2倍に高め、顧客とVPP事業者に大きな価値をもたらすことができることを示した。

テスラのVPPと電力会社のシステムをつなぐAPI

このプロジェクトでは、テスラのシステムとSA Power Networksのシステムの間で、インターネットを介して安全なリアルタイムのデータ交換を可能にするAPI(Application Programming Interface)を共同設計した。

これにより、テスラのVPPは、SA Power Networksに電子的に登録し、遠隔測定データを提供し、その場所で利用可能な実際の輸出容量を反映した動的な輸出制限を受け取ることができる。このソリューションを実現するために、テスラはPowerwall 2製品のグローバルファームウェアに変更を加え、SA Power Networksは南オーストラリア州のすべてのLVネットワークエリアで利用可能な容量を推定する抽象的なモデルを設計・開発した。これらのコンポーネントは2019年7月に無事納品されテストされた。

2019年10月以降、テスラは、様々なネットワーク条件においてAPI経由で受信した制限値の遵守を維持しながら、以前の静的な制限値であるサイトあたり5kWを超える送電量でVPPの運用に成功している。

このプロジェクトでは、時間的に変化する送電制限と場所ごとの送電制限によって、ネットワークの混雑時や予期せぬイベントの際にネットワークの供給品質を損なうことなく、太陽光発電が行われている時間帯にVPPの総送電容量を5MWから6~8MWに増やすことができることがわかった。また、この試験では、計画的なメンテナンスや計画外の停電の影響を考慮して、ローカルエリアの予測輸出制限を上書きする機能もテストされ、通信が途絶えた場合の安全で明確なフォールバック動作(縮退運転)も実証された。

時間的に変化する送電制限と地域的な送電制限により、DERをより高いレベルで適用することが可能になることがわかった。特に、太陽光発電時間と非太陽光発電時間の間でアービトラージを行う分散型エネルギー貯蔵VPPが有効だ。

またこのプロジェクトはVPPにおいて、電気系統の管理と同時に市場での電力の取引を使用することを初めて実証したものでもある。卸売エネルギー市場での実際の市場取引において、VPP運営者の収益を増加させることが確認された。

Image via Tesla

参考文献

  1. Advanced VPP Grid Integration. ARENA
  2. 将来の再生可能エネルギー社会を 実現するイノベーションの全体像: 変動性再生可能エネルギー導入のための ソリューション. IRENA

📨ニュースレター登録とアカウント作成

ニュースレターの登録は記事の下部にある「Sign up for more like this」か右上の「Subscribe」ボタンからサインアップをお願いします。あるいはこちらから。

Special thanks to supporters !

Shogo Otani, 林祐輔, 鈴木卓也, Mayumi Nakamura, Kinoco, Masatoshi Yokota, Yohei Onishi, Tomochika Hara, 秋元 善次, Satoshi Takeda, Ken Manabe, Yasuhiro Hatabe, 4383, lostworld, ogawaa1218, txpyr12, shimon8470, tokyo_h, kkawakami, nakamatchy, wslash, TS, ikebukurou 太郎, bantou, shota0404, Sarah_investing, Sotaro Kimura, TAMAKI Yoshihito, kanikanaa, La2019, magnettyy, kttshnd, satoshihirose, Tale of orca.

寄付サブスク (吉田を助けろ)

吉田を助けろ(Save the Yoshi!)。運営者の吉田は2年間無休、現在も月8万円の報酬のみでAxionを運営しています。

月10ドル支援したいと考えた人は右上の「Subscribe」のボタンからMonthly 10ドルかYearly 100ドルご支援ください。あるいは、こちらからでも申し込めます。こちらは数量が99個まで設定できるので、大金を助けたい人におすすめです。

その他のサポート

こちらからコーヒー代の支援も可能です。推奨はこちらのStripe Linkです。こちらではない場合は以下からサポートください。

デジタル経済メディアAxionを支援しよう
Axionはテクノロジー×経済の最先端情報を提供する次世代メディアです。経験豊富なプロによる徹底的な調査と分析によって信頼度の高い情報を提供しています。投資家、金融業界人、スタートアップ関係者、テクノロジー企業にお勤めの方、政策立案者が主要読者。運営の持続可能性を担保するため支援を募っています。
Takushi Yoshida is creating writing/journalism | Patreon
Become a patron of Takushi Yoshida today: Get access to exclusive content and experiences on the world’s largest membership platform for artists and creators.

投げ銭

Betalen Yoshida Takushi met PayPal.Me
Ga naar paypal.me/axionyoshi en voer het bedrag in. En met PayPal weet je zeker dat het gemakkelijk en veiliger is. Heb je geen PayPal-rekening? Geen probleem.

Read more

新たなスエズ危機に直面する米海軍[英エコノミスト]

新たなスエズ危機に直面する米海軍[英エコノミスト]

世界が繁栄するためには、船が港に到着しなければならない。マラッカ海峡やパナマ運河のような狭い航路を通過するとき、船舶は最も脆弱になる。そのため、スエズ運河への唯一の南側航路である紅海で最近急増している船舶への攻撃は、世界貿易にとって重大な脅威となっている。イランに支援されたイエメンの過激派フーシ派は、表向きはパレスチナ人を支援するために、35カ国以上につながる船舶に向けて100機以上の無人機やミサイルを発射した。彼らのキャンペーンは、黒海から南シナ海まですでに危険にさらされている航行の自由の原則に対する冒涜である。アメリカとその同盟国は、中東での紛争をエスカレートさせることなく、この問題にしっかりと対処しなければならない。 世界のコンテナ輸送量の20%、海上貿易の10%、海上ガスと石油の8~10%が紅海とスエズルートを通過している。数週間の騒乱の後、世界の5大コンテナ船会社のうち4社が紅海とスエズ航路の航海を停止し、BPは石油の出荷を一時停止した。十分な供給があるため、エネルギー価格への影響は軽微である。しかし、コンテナ会社の株価は、投資家が輸送能力の縮小を予想している

By エコノミスト(英国)
新型ジェットエンジンが超音速飛行を復活させる可能性[英エコノミスト]

新型ジェットエンジンが超音速飛行を復活させる可能性[英エコノミスト]

1960年代以来、世界中のエンジニアが回転デトネーションエンジン(RDE)と呼ばれる新しいタイプのジェット機を研究してきたが、実験段階を超えることはなかった。世界最大のジェットエンジン製造会社のひとつであるジー・エアロスペースは最近、実用版を開発中であると発表した。今年初め、米国の国防高等研究計画局は、同じく大手航空宇宙グループであるRTX傘下のレイセオンに対し、ガンビットと呼ばれるRDEを開発するために2900万ドルの契約を結んだ。 両エンジンはミサイルの推進に使用され、ロケットや既存のジェットエンジンなど、現在の推進システムの航続距離や速度の限界を克服する。しかし、もし両社が実用化に成功すれば、超音速飛行を復活させる可能性も含め、RDEは航空分野でより幅広い役割を果たすことになるかもしれない。 中央フロリダ大学の先端航空宇宙エンジンの専門家であるカリーム・アーメッドは、RDEとは「火を制御された爆発に置き換える」ものだと説明する。専門用語で言えば、ジェットエンジンは酸素と燃料の燃焼に依存しており、これは科学者が消炎と呼ぶ亜音速の反応だからだ。それに比べてデトネーシ

By エコノミスト(英国)
ビッグテックと地政学がインターネットを作り変える[英エコノミスト]

ビッグテックと地政学がインターネットを作り変える[英エコノミスト]

今月初め、イギリス、エストニア、フィンランドの海軍がバルト海で合同演習を行った際、その目的は戦闘技術を磨くことではなかった。その代わり、海底のガスやデータのパイプラインを妨害行為から守るための訓練が行われた。今回の訓練は、10月に同海域の海底ケーブルが破損した事件を受けたものだ。フィンランド大統領のサウリ・ニーニストは、このいたずらの原因とされた中国船が海底にいかりを引きずった事故について、「意図的なのか、それとも極めて稚拙な技術の結果なのか」と疑問を呈した。 海底ケーブルはかつて、インターネットの退屈な配管と見なされていた。現在、アマゾン、グーグル、メタ、マイクロソフトといったデータ経済の巨人たちは、中国と米国の緊張が世界のデジタルインフラを分断する危険性をはらんでいるにもかかわらず、データの流れをよりコントロールすることを主張している。その結果、海底ケーブルは貴重な経済的・戦略的資産へと変貌を遂げようとしている。 海底データパイプは、大陸間インターネットトラフィックのほぼ99%を運んでいる。調査会社TeleGeographyによると、現在550本の海底ケーブルが活動

By エコノミスト(英国)