電池

電池とは、懐中電灯や携帯電話、電気自動車などの電気機器に電力を供給するために、外部に接続された1つ以上の電気化学セルで構成された装置のことである。電池は電力を供給する際、正極が正極、負極が負極となる。

編集部
無料会員 公開

コバルト需要、EVがスマホを抜く

リチウムイオン電池に使用されるレアメタルであるコバルトの主な需要先として、昨年初めて電気自動車(EV)がスマートフォンやパソコンを抜いた。

吉田拓史
無料会員 公開

テスラ、リチウム採掘と精製に参入も

テスラのイーロン・マスクCEOは4月8日、個人のTwitterアカウントを通じて、電池を作るための重要な金属のコストが非常に高くなっているため、テスラが大規模にリチウムの採掘と精製に参入する可能性があると述べた。

ブルームバーグ
無料会員 公開

コスト高がEVメーカーのマージンを圧迫

中国の電気自動車(EV)メーカーが難問に直面している。原材料費の高騰が利幅を圧迫し始めたため、多くのメーカーが対応策として本体価格を引き上げている。

ブルームバーグ
無料会員 公開

中国が本当に心配している電池材料はニッケルではなくリチウム

中国が本当に心配している電池の金属は、ニッケルではなくリチウムだ。電気自動車メーカーと政策立案者は、主要材料の価格高騰を抑えるためにさらなる行動を求めている。

編集部
無料会員 公開

中国EVメーカー値上げ続出、電池原料高騰響く

中国の電気自動車(EV)メーカー各社は電池材料のニッケルやリチウムの価格高騰を受けて値上げを決断した。ロシア産原油の国際的な流通が遮断された今、EVはガソリン車の代替機会を得たが、原料高によってそれが妨げられた。

ブルームバーグ
無料会員 公開

中国のEV用電池大手が相次いで上場へ

中国の電気自動車用バッテリー大手が相次いで上場を目論んでいる。新興サプライヤーの計画的な拡張は、北京が電気自動車のサプライチェーンで支配的な地位を維持するのに役立つ。

ブルームバーグ
無料会員 公開

CATLが北米に投資額50億ドルの電池工場を検討

中国の寧徳時代新能源科技(CATL)は、テスラを含む顧客に供給する50億ドルの大規模工場の建設地として、北米全域を検討している。

ニューヨーク・タイムズ
無料会員 公開

次世代電池技術をめぐる自動車メーカー間の競争

自動車メーカーは次世代電池技術を制するために競争している。より安く、より速く充電でき、原材料不足の影響を受けにくい電池だ。 最初にそこに着く人は誰でも大きな利点がある。

ブルームバーグ
無料会員 公開

テスラ元幹部が材料の約半分をリサイクルしたEV電池で大逆転を狙う

ノースボルトは6年前にテスラの元幹部2人が設立して以来、ヨーロッパの主要自動車メーカーと500億ドル以上の契約を結んだ。中国のCATL、日本のパナソニック、韓国のLG化学といったアジアの大企業に匹敵したいと考えている。

ブルームバーグ
無料会員 公開

パナソニックがテスラ供給用の米電池工場を計画中 - NHK

パナソニックがテスラにリチウムイオン電池を供給するために米国工場の建設を計画していると、日本の国営放送NHKが報じた。予想される電気自動車(EV)の需要に応えるために生産を増強することを模索しているようだ。

ブルームバーグ
無料会員 公開

加州でEV電池のリサイクルが開始

【ブルームバーグ】テスラの元最高技術責任者(CTO)が設立した新興企業レッドウッド・マテリアルズは、カリフォルニア州で電池のリサイクルに乗り出す。フォードとボルボはこのプログラムに参加する最初の自動車メーカー。

吉田拓史
無料会員 公開

LG化学電池部門、EV向け競争のため8兆円上場へ

LG化学電池部門がスピンオフで8兆円上場目論んでいる。上場で得られる100億ドルは、EV向け電池シェア首位のCATLとの熾烈な競争を生き残るために大規模生産設備に投じられる計画だ。