電池

電池とは、懐中電灯や携帯電話、電気自動車などの電気機器に電力を供給するために、外部に接続された1つ以上の電気化学セルで構成された装置のことである。電池は電力を供給する際、正極が正極、負極が負極となる。

ブルームバーグ
無料会員 公開

テスラ、テキサス州でリチウム精製を検討:税制優遇措置を求める

テスラはテキサス州湾岸にリチウム精製所の候補地を画策している。テスラはヌイセス郡に「電池用水酸化リチウム精製施設」の建設を検討しており、「北米で初めて」とアピールしているという。

吉田拓史
無料会員 公開

インドネシアは欧米中のEV競争の一角を崩す

インドネシアは、EV供給網の囲い込み競争の中で、欧米中の一角を崩している。既存の自動車産業の基盤とニッケルの産出・精錬プロセスが世界的プレイヤーを惹き付けている。

吉田拓史
無料会員 公開

インドネシアのEV供給網の野望

インドネシアは、中国が圧倒的な優位を築き、欧米が巨額の産業政策で追走するEV供給網をめぐる競争の中で、台風の目となっている。この特集記事ではEV大国化を目論む同国の野心とその政策について詳述している。

ブルームバーグ
無料会員 公開

中国に新たなEV用電池の巨人が誕生した - Anjani Trivedi

グリーン化を急ぐ世界各国が電気自動車のサプライチェーンでシェアを確保しようとする中、エネルギー貯蔵は重要な戦場となりつつある。このプレッシャーに拍車をかけるように、中国の電池メーカーがまた一つ台頭してきた

ブルームバーグ
無料会員 公開

中国BYD、電気自動車用電池の世界市場で2位に躍り出る

中国のクリーンカー需要の急増を受け、BYD は7月の世界の電気自動車用バッテリーランキングでLGエナジー・ソリューション・リミテッドを抜いて2位に躍り出た。

ブルームバーグ
無料会員 公開

電池リサイクルへの世界的なラッシュ

電池のリサイクルに向けた世界的なラッシュは、将来の原料供給を心配する自動車メーカーにとって朗報だ。しかし、新工場の建設ラッシュは、リサイクル業界自体に大きなリスクをもたらす。

ブルームバーグ
無料会員 公開

EV用電池のボトルネックは解決されつつある

米国は今後10年間、国内での精製・製造のオンライン化を目指しており、電池材料の供給は最近可決された気候変動法案の重要な部分であった。

吉田拓史
無料会員 公開

中国リチウム最大手、供給不足で過去最高益を達成

中国最大のリチウム鉱山会社は、供給不足の中で電池用金属の価格が過去最高値に近づく中、書き入れ時を迎えている。天斉リチウムの上半期純利益は前年同期比約1万2,000%増の103億元(約2,060億円)で、過去最高をマークした。

ブルームバーグ
無料会員 公開

スウェーデンの鉱業問題、EUの国産電池推進を阻む

EUは2年前、スウェーデンの膨大な鉱物資源に注目した。しかし、長い許認可の枠組みや地元の熱心な反対運動により、プロジェクト実施の見通しはこれまで以上に不透明になっていると、鉱山関係者は指摘する。

吉田拓史
無料会員 公開

CATLが電池覇権を確立しつつある

CATLの最新の業績は、同社が極めて好調な事業環境にあることを再び印象づけた。EVと再エネの両輪で帝国を築こうとする中国政府の野心において、CATLはその中心的存在であることは間違いない。

吉田拓史
無料会員 公開

電池リサイクルがビッグビジネスになる兆候

リチウムイオン電池(LIB)のリサイクルはEVの世界的なサプライチェーン拡張のさなか、重要な一角を占める兆候を見せている。LIBの供給網を支配する中国がその競争の先頭にいる。

エコノミスト(英国)
無料会員 公開

EVブームが本格化する前に電池が枯渇してしまう?

電気自動車(EV)は止められないようだ。自動車メーカー各社は、生産目標を大幅に上回っている。業界アナリストは、その遅れを取り戻すのに必死だ。ブルームバーグNEFによると、電池駆動の自動車は2021年の世界販売台数の10%から、2030年には40%に拡大する可能性があるという。これは、年間2,500万台から4,000万台のEVを販売することになる。そして、その間に製造される数千万台のEVには、大量の電池が必要になる。バーンスタインは、EVの需要は2030年までに6倍の2700ギガワット時(図表1参照)になると見ている。ライスタッドは4,000ギガワット時としている。 このような予測は、電池のバリューチェーンの上下にある熱狂的な活動を説明するものだ。リチウムが採掘されるチリのアタカマ砂漠の塩田から、世界最大の電池メーカーである中国のCATLが8月12日にヨーロッパで2番目の「ギガファクトリー」建設に73億ユーロ(約1兆円)の投資を発表したハンガリーの平原まで、その「発酵」は広がっている。