電池

電池とは、懐中電灯や携帯電話、電気自動車などの電気機器に電力を供給するために、外部に接続された1つ以上の電気化学セルで構成された装置のことである。電池は電力を供給する際、正極が正極、負極が負極となる。

ブルームバーグ
無料会員 公開

テスラ、ネバダの電池とトラック生産工場に36億ドルを投資

テスラは、ネバダ州リノの既存生産拠点の近くに、電気自動車(EV)用電池と全電気駆動の大型トラック「セミ」を製造する2つの新工場に36億ドルを投じる。

ブルームバーグ
無料会員 公開

リチウムの次の大きなリスクは大規模な供給計画が頓挫すること

電気自動車(EV)メーカーは、2年間にわたるリチウムの供給不足から拡張計画が緩和されることを期待しているが、アナリストたちは、生産者が供給を怠ればさらなる痛みが待っていると警告している。

ブルームバーグ
無料会員 公開

電池価格の高騰もエネルギー貯蔵セクターを冷え込ませない

今年は複雑な年だが、最終的には蓄電池業界にとってマイナスの要因よりもプラスの要因の方が多い年だと言える。コストの上昇は、電池供給や電力制御システムにおける新規市場参入の機会にもなっている。

吉田拓史
無料会員 公開

「ネットワーク化された電池」としてEVの価値

今後のEV普及を見越して、V2G(ビークル・トゥ・グリッド)が脚光を浴びている。再エネの余剰電力を貯蔵し、電力システムが受給を調整するのを支援する「電池ネットワーク」はいずれ当たり前になるかもしれない。

ブルームバーグ
無料会員 公開

フォードとCATLが米中対立の迂回作で米電池工場の建設を検討

米フォード・モーターと中国のCATLは、米中間の政治的機微に触れることなく新たな税制上のメリットを享受するため、ミシガン州に電池製造工場を建設することを検討している。

ブルームバーグ
無料会員 公開

中国BYDの圧力でリチウムの高騰は冷え込むか

中国の電気自動車大手BYDが来年、リチウムの高騰が緩和する可能性をちらつかせる中、リチウム価格がやや割安になっている。電池材料に需要低迷の兆候が市場に重くのしかかり、先月につけた史上最高値から後退を続けている

ブルームバーグ
無料会員 公開

競合他社がリチウム供給契約に殺到しテスラの調達が危険にさらされる

新興の鉱山会社がひしめくリチウム市場で最大の買い手であるテスラは、固定価格での長期供給契約を結ぶなど、条件を決定する異例の力を行使していた。競合他社がEVを積極的に推進し、主要原料の需給が逼迫し、この力学を揺らいでいる。

吉田拓史
無料会員 公開

米国のEV供給網構築を難しくする中国の一極支配

米国は大規模の産業政策によって、電気自動車(EV)の供給網を中国から切り離し、自国内に引き入れようとしている。しかし、長期的な投資で圧倒的な地位を築いた中国への依存はそう簡単に切れるものではない。

吉田拓史
無料会員 公開

カナダの小さな街がEV電池特需に沸く

電気自動車(EV)産業を支え、中国の支配に対抗する北米のハブを建設する競争において、カナダ・ケベック州のある小さなコミュニティーが先陣を切っている。

ブルームバーグ
無料会員 公開

インドネシアはニッケルの「OPEC的組織」を望んでいる

世界のニッケル埋蔵量の4分の1を有するインドネシアは、電池製造に使われる金属の供給調整のため、石油輸出国機構(OPEC)に似た組織の創設を提案している。

ブルームバーグ
無料会員 公開

リチウム採掘の中国外しは主要な出資者を失う悪手―Liam Denning

西側諸国にとってリチウムに関する戦略的要請は、中国製への依存を軽減しつつ、脱炭素化に貢献できるような国内サプライチェーンを迅速に構築することだ。中国企業が望むなら、その努力に資金を提供するのを許容してもいいのではないか。

ブルームバーグ
無料会員 公開

中国のEV供給網に敵うものはいない―Anjani Trivedi

トヨタの中国での成功、そして同国の電気自動車(EV)サプライチェーンへの参入計画は、「世界の工場」を回避することがトップメーカーにとってさえいかに困難であるかを示している。