public

スマートフィーチャーフォン インドとアフリカで普及する最低機能の携帯電話

「スマートフィーチャーフォン」がインドやアフリカで大きな成功を収めている。安い電話と低い処理能力でも動作するソフトウェアの組み合わせは、世界中でインターネットユーザーを増やしている。

Latest Post WeChatのミニプログラムは中国ECの最重要顧客獲得チャネル by Takushi Yoshida public

「スマートフィーチャーフォン」がインドやアフリカで大きな成功を収めている。安い電話と低い処理能力でも動作するソフトウェアの組み合わせは、世界中でインターネットユーザーを増やしている。

スマートフィーチャーフォンは世界の20億人以上のフィーチャーフォンユーザーが同様の価格と、ほぼ同じ操作で部分的にスマートフォンの機能(主にモバイルインターネット)を利用できるものだ。世界の人口の34%がモバイルサービスに加入しておらず、57%が価格とアクセスの不足のためにモバイルインターネットを使用していない。 このようなユーザー − インドを含む南アジア、中東、それからアフリカに居住する - は安価で単機能なスマートフィーチャーフォンを欲しがる。

価格が下がったとはいえ、スマートフォンの最低価格は100ドル付近であり、フィーチャーフォンの最低価格が20ドル(中古で探すともっと安い)程度である。この100ドルに手が届かない層が人類のマジョリティである。上記のJioフォーンのように実質無料で「モバイルインターネットの世界へようこそ」となるなら、低所得者層のマジョリティはネットへ大移動を始めることは想像に難くない。

スマートフィーチャーフォンは、驚くべき成長を遂げている。Counterpoint Researchの新しいレポートによると、2019年から2021年の間に世界中で約3億7,000万台のスマートフィーチャーフォーンが販売されると見込まれており、これは280億ドルの市場機会に相当する。ソフトウェアとサービスだけで、中期から中期の収益の71%、つまり約200億ドルを生み出すと見込まれているようだ。

Kai OS Technologiesのブログは拡大する市場の状況をこのように説明している。

KaiOSとそのパートナーは、スマートフィーチャーフォンの分野を活性化させるための原動力となっています。 既存の市場外で販売されているものから、スマートフォンに代わるものを探しているものまで、私たちは新興地域やニッチなユーザーグループを念頭に置いてプラットフォームを開発しました。 アジア、アフリカ、ラテンアメリカなど、より高性能なデバイスが高すぎるだけでなく、ベーシックフィーチャーフォンもそれほど基本的ではない地域では、信頼性が高く、手頃な価格のテクノロジに対する大きな需要があります。
2021年にはフィーチャーフォンの半分以上がスマートフィーチャーフォンになるとCounterpoint Researchは予測している。Source: Counterpoint Research/KaiOS

Reliance Jioは、KaiOS搭載デバイスの成功、到達範囲、および影響を紹介する優れたケーススタディだった。 KaiOSプラットフォームを採用した後、Reliance Jioは何千万もの2Gフィーチャーフォンユーザーを獲得し、4Gネットワークに移行した。携帯電話はエントリーレベルのスマートフォンの数分の1の価格だが、Twitter、Facebook、WhatsApp、Google Assistantなどの堅牢なアプリを利用できる機能を備えているため、消費者は魅力的だと感じているようだ。

Takushi Yoshida

Published a year ago