MITが挑戦するディープテックのためのVCモデル

MITによって設立されたThe Engineは、長期でのブレークスルーを目指す企業に対して、アーリーステージ投資をしている。これらの企業は、従来のベンチャーキャピタルのライフサイクルと合致せず、十分なサービスを受けられなかった。このため、多くの画期的なアイデアが研究室に留まっていた。

MITが挑戦するディープテックのためのVCモデル

MITによって設立されたThe Engineは、長期でのブレークスルーを目指す企業に対して、アーリーステージ投資をしている。これらの企業は、従来のベンチャーキャピタルのライフサイクルと合致せず、十分なサービスを受けられなかった。このため、多くの画期的なアイデアが研究室に留まっていた。

The Engineは、MITの教授陣や卒業生の起業家から寄せられた、複雑なタフテック(実現に長い時間を要する困難な科学技術)のアイデアを開発するための持続的な支援を見つけることはほぼ不可能であるという課題へのMITの対応策として生まれた。MITのラファエル・ライフ学長は2015年5月、ワシントン・ポスト紙に掲載された論説でこの問題について說明した。

学長は、現在の米国のイノベーションのためのエコシステムは、通常3年から5年で市場で成功を収めることができるデジタル技術の成功を支援するために高度に最適化されているが、「持続可能なエネルギー、水と食料の安全保障、健康といった実存的な課題を破壊的に解決する可能性のあるような、最終的に大きな意味を持つ可能性のある複雑で成長の遅いコンセプトをサポートするための構造になっていないだけだ」と主張した。

この論説では、タフテックのスタートアップが持続的な成功を収めるためには、「イノベーション・オーチャード」と呼ばれる新しいタイプの組織が必要であると定義している。この論説が早期の利益よりも画期的なアイデアを優先することで、イノベーションの限界を押し広げることを目指す新種のVCであるThe Engineに最終的につながった。

The Engineは2017年にタフテック企業7社への投資でポートフォリオを開始。その後、さらに12社のタフテック創業チームに投資し、2020年10月時点のポートフォリオは19社となっている。これらの企業を合わせると、約2億8,500万ドルの資金を調達し、200人以上の従業員を雇用している。

MITは、The EngineのFund Iに2500万ドルのアンカー資金を提供し、Fund Iは当初の目標であった1億5000万ドルの資金調達を上回った。2017年には二本目のFund IIが2億ドル以上の資金調達で締めくくった。MITはこの新しいラウンドでThe Engineに向けて3500万ドルを投資している。The EngineへのMITの出資は、研究所の一般的な運営予算のためのリターンを生み出し、大学のイノベーションエコシステムを育成することを目的とした投資のポートフォリオの一部として計上されている。

ハーバード大学は、The Engineの第2ラウンドの資金調達のリミテッド・パートナーとしてMITに加わり、タフな技術を持つ起業家に資本と人材へのアクセス、そして重要な専門インフラを提供するというThe Engineのミッションをさらに強化している。

具体的な投資先

2020年10月までに、The Engineは気候変動、Covid-19のような人間の健康問題、先進的なシステムの開拓に取り組む27社のポートフォリオ企業に投資してきた。The Engineの初期投資から生まれた企業の大きな進歩には、科学的な概念実証や研究発表、製品開発やパイロット版による試験、フォローアップ資金の提供、新しい知的財産や特許の申請などがある。

2016年の設立以来、The Engineは、商業的な核融合発電や超高効率半導体から、次世代の細胞治療や金属の新しい製造方法など、変革的な技術に取り組むタフテック新興企業に投資し、支援するための新しい枠組みを開拓してきた。このフレームワークは、資本、インフラ(ラボ、機器、オフィススペースなど)、サポートネットワークを提供することで、企業の商業化への道を切り開く。2018年10月には、The Engineのネットワークに所属する数百人の企業と支援者のメンバーが、ボストン地域で開催された第1回目の年次タフテックサミットに参加している。

マサチューセッツ州サマービルに拠点を置くForm Energyは、2017年にThe Engineが最初に投資した企業の1つ。 現在、同社はビル・ゲイツのBreakthrough Energy Venturesからも支援を受けており、再生可能エネルギーをオンデマンドで利用できるようにすることを約束する長期持続型エネルギー貯蔵プラットフォームの実現を掲げている。この春には、再生可能エネルギーの電力網への移行を可能にするため、中西部の電力会社とのパイロット版を発表した。

カーボンフリーのエネルギー源に向けて前進している他のEngineへの投資には、核融合エネルギーの商業化を目指す新興企業であるCommonwealth Fusion Systems (CFS)が含まれている。CFSは最近、そのアプローチを検証した7つの論文をJournal of Plasma Physics発表した。

小型核融合炉は「動く可能性が高い」とMITの最新研究が示唆
マサチューセッツ工科大学の研究者と分社のコモンウェルス・フュージョン・システムズ社が開発を進めているスパーク(Sparc)と呼ばれる原子炉の建設は、来春に開始され、3~4年かかるという。建設に続いてテストが行われ、成功すれば、核融合エネルギーを利用して発電できる発電所が今後10年以内に建設されるという。

次にQuaiseは、MITプラズマ科学・核融合センターでの研究から生まれた企業で、ジャイロトロンで生成された電磁波を用いたユニークなハイブリッド深部掘削技術を用いて、無限の超臨界地熱エネルギーを利用することを目指している。最後に、ボストン・メタルは、ドナルド・サドウェイ教授の研究室から生まれた技術を利用して、二酸化炭素を排出せずに鋼のような金属を作ることを目指している。

施設

The Engineは、ケンブリッジのセントラルスクエアにあるマサチューセッツアベニュー501番地にある28,000平方フィートの拠点を通じて、何十人もの前向きな起業家に資本、業界のノウハウ、専門的な設備へのアクセスを提供している。

参考文献

  1. Rob Matheson. The Engine announces investments in first group of startups. MIT News. September 19, 2017.
  2. Rob Matheson. MIT launches new venture for world-changing entrepreneurs. MIT News. October 26, 2016.
  3. Michael Blandingarchive page. Investing in Tech That’s Worth the Wait. MIT Technology Review. February 21, 2018.
  4. The Engine announces second round of funding to support “tough tech” companies. MIT News. October 27, 2020.