オーストラリアの研究者は、地球上で最も貴重な生息地の一つであるグレートバリアリーフは、過去四半世紀の間にサンゴの個体数の半分を失った、と主張している。気候変動の影響を緩和するために抜本的な行動を取らない限り、その減少は続くだろうと述べた。

オーストラリアのクイーンズランド州にあるサンゴ礁研究のためのARCセンターのディーツェル博士と他の研究者は、サンゴの繁殖能力を理解する方法として、コロニーサイズの変化を測定した。研究者たちは、1995年から2017年の間にサンゴ礁の長さに沿ってサンゴのコロニーを調査し、ほぼすべてのサンゴ種が減少していることを発見した。サンゴのコロニーのサイズは小さくなり、「ビッグママス」と呼ばれる、サンゴの赤ちゃんを産み出す年長の大きなサンゴの数は減少し、サンゴの赤ちゃんの数も減少している。

この研究の主著者であるアンディ・ディーツェル博士は、声明の中で次のように述べている。「私たちの研究結果は、グレートバリアリーフの回復力(回復力)が過去に比べて損なわれていることを示している」。研究は、学術誌「Proceedings of the Royal Society」に14日に発表された。

ディーツェル博士と共著者は、1995年から2017年の間に、グレートバリアリーフの長さに沿ってサンゴの群集とそのコロニーの大きさを調査しました。

その結果、サンゴの個体数が減少していることがわかった。2016年と2017年には、グレートバリアリーフの北部と中央部でサンゴのコロニーが急激に減少したが、これはサンゴが海水温の上昇に伴って藻類を排出して白くなる現象だ。研究者によると、サンゴ礁の南部もまた、2020年初頭に記録的な気温にさらされたという。

共著者であるCoralCoEのテリー・ヒューズ教授は「グレートバリアリーフの小・中・大型のサンゴの数が1990年代から50%以上減少していることがわかりました」と述べている。

特に魚類にとって重要な生息地となる「分岐型やテーブル型のサンゴ」の減少が顕著だったと研究者らは記述している。これらのサンゴが失われるということは、生息地が失われることを意味し、その結果、魚の豊富さやサンゴ礁漁業の生産性が低下する。

世界のサンゴ礁は、観光業において数十億ドルの価値があり、地球上の10億人近くの人々を養う魚の生息地を提供している。本研究の著者は、サンゴの個体群動態に関するより良いデータが緊急に必要であると述べています。「サンゴの個体群がどのように変化しているのか、また撹乱の間にサンゴが回復できるのかどうかを理解したいのであれば、より詳細な個体群動態データが必要だ」。

気候変動は、海洋熱波などのサンゴ礁の撹乱の頻度を増加させていると推定されている。この研究では、2016年と2017年の大規模なサンゴの白化現象の後、北部と中部のグレートバリアリーフでサンゴのコロニーの急激な悪化が記録されている。そして、サンゴ礁の南部もまた、2020年初頭に記録的な気温にさらされた。「温室効果ガスの排出量を早急に激減させなければならない」と著者らは結論づけている。

論文

Dietzel A, Bode M, Connolly S, Hughes T. (2020). ‘Long-term shifts in the colony size structure of coral populations along the Great Barrier Reef’. Proceedings of the Royal Society B. DOI: 10.1098/rspb.2020.1432

Photo by Chad Taylor on Unsplash