2015年9月に出版されたこの本は、機械学習(ML)のマクロな地図を提供してくれる、読んでおけばよかった書籍です。

MLは私たちの身の回りにあり、私たちが日常生活で使用しているテクノロジーやデバイスに組み込まれています。それらは私たちの生活に溶け込んでいるので、その力を理解するために立ち止まることさえないことが多いのです。私たちが理解しているかどうかは別として、MLの力を利用して利益を得ている企業があります。そこで問題となるのは、我々がMLを気にする必要があるのかどうかということです。技術がこれほどまでに普及したとき、少しは理解しておく必要があります。

アルゴリズムはますます私たちの生活を動かしています。本、映画、仕事、日付を見つけ、投資を管理し、新薬を発見してくれます。これらのアルゴリズムは、私たちが新たにデジタル化した世界に残したデータの痕跡から学習して機能することが多くなってきています。好奇心旺盛な子供のように、私たちを観察し、模倣し、実験します。そして、世界のトップ研究機関や大学では、究極の学習アルゴリズムを発明するための競争が繰り広げられています。データからあらゆる知識を発見することができ、私たちが尋ねる前に、私たちが望むことを何でもすることができるものです。

著者のペドロ・ドミンゴスが本書で指摘しているように、学習する機械はしばらくの間、私たちの生活に深く関わってきました。Google、Netflix、Amazon、Pandora、Yelp、Xbox、あるいはオンラインの出会い系サービスを利用しているならば、あなたの生活はアルゴリズムによって運営されており、あなたが提供したデータを噛みしめることで、あなたのことをますます学習しています。「社会は変化しています、一度に一つの学習アルゴリズム。機械学習は科学、技術、ビジネス、政治、戦争を作り変えている」とワシントン大学シアトル校のコンピュータ科学者ドミンゴスは書いています。

ドミンゴスは様々なアイデアを組み合わせて、潜在的なマスターアルゴリズムを構築し、その過程で「時間は記憶の主要な構成要素である」という興味深い観察をしたり、Googleよりも潜在的に価値のある会社のアイデアを提案したりしています。

機械学習とは、発見の自動化、つまり「ステロイド的」な科学的手法であり、インテリジェントなロボットやコンピュータのプログラム化を可能にします。今日の科学の中で、これほど重要でありながら謎に包まれている分野はありません。この分野の第一人者の一人であるペドロ・ドミンゴスが初めてベールを脱ぎ、Google、Amazon、そしてあなたのスマートフォンを動かす学習マシンの内部を覗き見ることができます。彼は、機械学習の5つの主要な学派の思想のコースを示し、神経科学、進化、心理学、物理学、統計学からのアイデアをどのようにしてアルゴリズムに変換するかを示しています。一歩ずつ、彼は未来の普遍的な学習者であるマスターアルゴリズムの青写真を組み立て、それがあなたにとって、そしてビジネス、科学、社会の未来にとって何を意味するのかを論じています。

本書では、機械学習の5つの部族、すなわち、帰納的推論、コネクショニズム、進化的計算、ベイジアン、アナロジカルモデリングについて概説しています。著者は、論理のより理解しやすいプロセス、脳内で行われる接続、自然選択、確率、類似性判断を参照して、これらの部族を読者に説明しています。この本全体を通して、それぞれの異なる部族が、統一された「マスターアルゴリズム」に貢献する可能性を秘めていることが示唆されています。

この本の最後の方で、著者は近未来の"The Master Algorithm"を描いている。そこでは、機械学習アルゴリズムが漸近的に成長し、世界とその中の人々がどのように働くかを完全に理解するようになる。このアルゴリズムはまだ存在していないが、彼はマルコフ論理ネットワークの発明について簡単にレビューしています。マルコフ論理ネットワークは、確率論理のモデルの1つで、通常のLogicと違うのは論理的な言明が絶対成り立つのではなくて「ほぼ必ず成り立つ」「おそらく成り立つ」「もしかしたら成り立つ」などの不確定性をともなうことです。

ドミンゴスはまた、内部からの視点を提供し、この分野の大物についての「興味深い話」をすることを躊躇しません。「機械学習の歴史をハリウッド映画に例えるならば、悪役はマーヴィン・ミンスキーでしょう。それは、機械学習に深く懐疑的だったからだ」とドミンゴスは説明しています。

"The Master Algorithm"はそのテーマについて非常に詳細に説明していますが、私はこの本の中にもう一つの本が隠されているのではないかと考え続けていました。技術的なことを多くは省き、機械学習の驚くべき結果にもっと深く取り組むための本です。その本は、一般の読者のためのより広い視野を構築し、その先にあるものに備えることができるだろう。ドミンゴスの仕事がそのような本を書くように誰かを刺激するならば、それは私たち全員に大きなサービスをしたことになるだろう。