"The Misinformation Age: How False Beliefs Spread"(誤情報の時代:どう誤った信仰は拡散するか)は、誤情報に対し、体系的で真剣なアプローチをとっています。カルフォニア大学アーバイン校准教授ケイリン・オコナーと教授ジェームズ・ウェザーオール(ともに論理学、哲学)は、それに基づいて誤情報のメカニズムを分解している。彼らは、タタール(モンゴルの遊牧騎馬民族の欧州での呼称)が信じた「ベジタブル・ラム(野菜の子羊)」(木の上で成長する子羊)を題材に紹介しています。この主張は、中世に多くの著名な博物学者や学者によって広められたが、それが十分に否定されるまでに4世紀近くかかった。

中世の学者たちは、ベジタブル・ラムを自分たちで検証する(あるいは反証する)のではなく、互いに引用し合っていたのである。オコナーとウェザーオールは、「社会的要因は信仰の広がりを理解する上で不可欠である。特に誤った信仰ではそれが顕著だ」と書いている。2016年アメリカ合衆国大統領選挙の期間中に広まった、民主党のヒラリー・クリントン候補陣営の関係者が人身売買や児童性的虐待に関与しているという陰謀論を広めた右翼サイトのネットワークと同様に中世の学者たちはフェイクニュースのための独自の生態系を作っていたのです。

オコナーとウェザーオールは、ピザゲート事件のような誤った情報の現代的な例を挙げているが、彼らは主に科学者の考えに焦点を当て、最も善意の信念であっても、どのように展開されたり歪められたりするかを強調している。結局のところ、「ほとんどの科学者は、ほとんどの場合、世界について学ぶために最善を尽くし、利用可能な最善の方法を用い、利用可能な証拠に注意を払っている」と彼らは言う。科学者は「理想的な研究者に最も近い存在」であるが、たとえ著者が明らかにしているように、科学には不確実性という避けられない要素があるとしてもだ。

この不確実性が、現代の誤情報の多くがどのように機能しているかの中心にあることが判明した。オコナーとウェザーオールは、絶対的な確実性と、情報に基づいた意思決定を行うために必要な自信とを区別している。「事実について完全な確実性を得ることができないという心配は無関係である」と彼らは書いているが、"The Misinformation Age: How False Beliefs Spread" では、産業界の利害関係者が政府の規制に反対するために情報の不確実性を繰り返し悪用してきたことを示している。

同書には、オゾン層と酸性雨をめぐる1980年代の議論の有用な要約が含まれている。オコナーとウェザーオールは、『疑心暗鬼のマーチャント』(2010年)のナオミ・オーレスクとエリック・コンウェイの研究を引き合いに出して、たばこ会社の戦略的懐疑主義と比較しています。たばこ会社は、環境被害を問う業界主催のキャンペーンで、喫煙と肺がんの関連性は完全に決定的なものではないと主張することで、喫煙と肺がんの関連性に異議を唱えていたのです。あるタバコ会社の幹部は「疑念は、大衆の心の中に存在する『事実の体』(‘body of fact’)に対抗するための最良の手段であるため、我々の製品である」と語っていたという。(これは"Doubt is Their Product: How Industry's Assault on Science Threatens Your Health"に詳しい)。

データの捏造は鈍い戦略であるが、オコナーとウェザーオールが示しているように、プロパガンダには微調整が施されるようになっており、これまで以上に繊細な形でプロパガンダが行われている。偏った情報の生成(産業界が資金を提供したり、独自の研究を行ったりしているが、望ましい結果だけを選択的に報告する)や、特定の研究グループに資金を提供して生産性を高めることも頻繁に起きているとされている。完全に文脈から外れた学者の言葉を引用したり、特定の研究結果だけを選択的に公表することまで、プロパガンダの形態はますます繊細になっている。

気候変動をめぐる議論は、似たようなシナリオをたどってきた。オコナーとウェザーオールは、科学的コンセンサスが長い間、人為的な気候変動を中心にまとまってきたことを指摘しているが、たとえ否定派が科学はまだ未解明だと主張していたとしてもです。反射的な懐疑主義を広め、不和を生み出すことは、それほど難しいことではないということです。特に、そのためにお金を払ってくれる既得権益者がいる場合にはなおさらだ。

「現実の世界」では、誤情報が広まるメカニズムが、大規模な社会でどのように彼らの信念を形成するかで、しばしば増幅されている。著者らはジャーナリズムに焦点を当てている。公正さと議論のすべての面を表現するという倫理的な枠組みが、見事に裏目に出ることがあるのだ。例えばイギリスでは、BBCが気候変動の報道でロビイストと科学者に同等の重みを与え、議論がないところに議論があるかのような錯覚を起こしていると非難されている。そして、ツイッターやフェイスブックなどのオンラインのソーシャルメディアサイトは、いわゆる「フィルターバブル」の中で私たちを孤立させることができます。

Photo by Brian McGowan on Unsplash