ウクライナ戦争が欧州の財政支出を変えている
ウクライナの戦闘から逃れた人々、国境を越えてモルドバのパランカに入った後、バスを待っている(2022年3月15日撮影)。ウクライナ難民の支援にかかる費用は、初年度に300億ドルも各国政府にかかる可能性がある。(Mauricio Lima/The New York Times)

ウクライナ戦争が欧州の財政支出を変えている

戦争が欧州の財政支出を変化させている。ルーマニアはヨウ化物の錠剤を買っている。アイルランドでは、農家が必要な作物を耕すための特別な奨励措置が制定された。そして、軍事費は大陸全体で急増している。

ニューヨーク・タイムズ

[著者:Patricia Cohen]ニコラエ・シウカは、戦場での生活を経て、4ヶ月前にルーマニアの首相に選ばれた。しかし、彼でさえ、核爆発の際に放射能汚染を防ぐためのヨウ素剤の緊急製造に何百万ドルも費やしたり、軍事費を1年で25%引き上げる必要があるとは想像もしていなかった。

「冷戦時代に戻ってヨウ化カリウムを検討する必要があるとは思わなかった」と、ブカレストの政府本部ビクトリア・パレスで通訳を介して退役将官のシウカが言った。「21世紀にこのような戦争が起こるとは思ってもみなかった」。

欧州連合(EU)とイギリス全土で、ロシアのウクライナ侵攻は支出の優先順位を変え、政府は長い間埋もれていたと思われる脅威への備えを余儀なくされている。

この記事は有料会員のみご覧いただけます

購読する
既にアカウントをお持ちの方 ログイン