インテルはかつての栄光を取り戻せるか?
2021年11月19日、カリフォルニア州サンタクララの本社で、インテルの最高経営責任者(CEO)パット・ゲルシンガー。18歳で初めてシリコンバレーの巨人に勤めたゲルシンガーは、この象徴的な企業を主要なチップメーカーとしての地位に戻したいと考えている。(Kelsey Mcclellan/The New York Times)

インテルはかつての栄光を取り戻せるか?

インテルの最高経営責任者(CEO)パット・ゲルシンガーへのインタビュー。台湾に半導体製造技術が集中するリスクを米政府が懸念する中CEOに抜擢された彼が、かつて会社を追われ帰ってきた経緯とその信心深さについて語っている。

ニューヨーク・タイムズ

【著者:Don Clark】1980年2月、シリコンバレーの教会で重要な説教を聞いたとき、パトリック・ゲルシンガーは18歳で、インテルの新入社員として入社して4カ月目だった。そこで牧師は『ヨハネの黙示録』からイエスを引用した。

「私はあなたの行いを知っています、あなたが冷たくも熱くもないことを」と牧師は言った。

「私はあなたがどちらか一方であることを望んでいます! あなたはぬるま湯のように熱くもなく冷たくもないので、私はあなたを(ぬるま湯のように)口から吐き出そうとしている」

この言葉は、ゲルシンガーに衝撃を与え、彼の哲学を変えた。彼は、自分が週に一度だけ信仰を実践する生ぬるい信者であったことを悟った。そして、もう二度と熱くも冷たくもならないようにしようと心に誓った。

60歳になった今、ゲルシンガーが特に熱中していることがある。それは、シリコンバレーの象徴であり、チップ製造のトップメーカーとしての地位を失ったインテルの再生だ。

1990年代、12万人の従業員を抱えるインテル社は、マイクロプロセッサーが大半のコンピュータの頭脳となり、イノベーションの源泉としてもてはやされた。しかし、インテルは、多くの人が使うようになったスマートフォンに自社のチップを搭載することに失敗した。アップルとグーグルは、シリコンバレーを象徴する1兆ドル規模の企業に成長した。

インテルの再生は、ゲルシンガー自身の野望でもある。若いエンジニアだった彼は、いつかインテルのトップに立ちたいと目標を書き留めたことがある。しかし、2009年、インテルでキャリアを積んだ彼は、同社を追われることになった。しかし、1年前、突然の再チャンスに呼び戻された。

彼の使命は、世界の中でのアメリカの位置づけでもある。ゲルシンガーは、米国を半導体生産の主役に戻し、アジアのメーカーへの依存度を下げ、世界的なチップ不足を緩和したいと考えている。ゲルシンガーは、インテルがその先陣を切ることができると考えている。もし、彼が成功すれば、その影響はコンピュータだけでなく、オン・オフスイッチのあるあらゆる機器に及ぶ可能性がある。

しかし、この挑戦には多くの困難が待ち受けている。2,000億ドル規模の企業を運営しながら、米国のチップ生産量を現在の約12%から30%に引き上げるという目標を達成するには、何百億ドルという資金と政治的駆け引き、そして何年もの忍耐が必要だ。

スマートフォンのほとんどを駆動するチップを設計するアームの最高経営責任者を最近退いたサイモン・シガースは「長期間にわたって多額の資金を費やす必要があるでしょう」と述べている。「政府が長期にわたってそのようなことをする気概があるかどうかは、まだわからない」。

ゲルシンガーは4回のインタビューで、その難しさを認めている。しかし、4児の父であり、8児の祖父でもある彼は、この目標を強烈に追い求めている。

昨年3月には、フェニックス近郊にあるインテルの複合施設に、チップ工場を2つ追加する200億ドルのプロジェクトを発表した。先月は、バイデン大統領とともに、オハイオ州コロンバス近郊の新しいチップ製造拠点に200億ドルを投資することを披露した。2月中旬には、4カ国の工場でチップ製造サービスを展開するタワー・セミコンダクターを買収する54億ドルの取引を発表した。

ゲルシンガーは、投資に対する政府の支持を取り付けるために、ホワイトハウスの3回の仮想集会への出席、20人の国会議員、4人の知事と話をした。米国のチップ工場設立に意欲的な企業に助成金を支給する520億ドルのパッケージをめぐっては、バイデンの重要な味方になった。欧州では、フランスのマクロン大統領、イタリアのドラギ大統領、各国のカウンターパート、そしてローマ法王と会談した。

それは厳しい戦いだった。ゲルシンガーがチップ製造に巨額の資金を投入したため、インテルの株価は下落した。520億ドルの資金調達パッケージは、下院で数ヶ月間停滞し、今月ようやく、上院のバージョンと調整しなければならないより広い法律の一部として通過しました。ウォール街のアナリストからは、CEOに対する批判が高まっている。

「毎日毎日、仕事は果てしもなく重責だ」とゲルシンガーは言った。しかし、「大丈夫」とも彼は言う。「神様、今日も一緒に来てください。この仕事は、私一人ではとてもできないことなのです」。

2021年11月19日、カリフォルニア州サンタクララの本社で、インテルの最高経営責任者(CEO)パット・ゲルシンガー。(Kelsey Mcclellan/The New York Times)

信仰と仕事

もし、父親が農場を買うことができたなら、ゲルシンガーはほぼ間違いなくその農場を受け継ぎ、農夫になっていたことだろう。ペンシルベニア・ダッチ・カントリーのロベソニア区で、彼は叔父たちの農場で働きながら育った。

しかし、受け継ぐべき農場がない。そこでゲルシンガーは、16歳の時に奨学金試験に合格し、営利目的の職業訓練校であるリンカーン技術専門学校に入学し、準学士号を取得した。

ゲルシンガーは、2003年にクリスチャン向けに書いたアドバイス集『家族、信仰、仕事のバランスをとる(Balancing Your Family, Faith & Work)』の中で、この話などを自虐的に語っているが、2008年に増補して「ジャグリングの平衡感覚:信仰、家族、仕事のバランスをとるために(The Juggling Act: Bringing Balance to Your Faith, Family, and Work)」というタイトルで出版している。

1979年、彼は技術研究所で、インテルのマネージャーから面接を受けた。他の学生とは違い、ゲルシンガーはインテルの名前を聞いたことがあった。ゲルシンガーは、学業に関する質問も難なくこなし、フルタイムの仕事をしながら学士、修士、博士の学位が取れるだろうと言った。

「彼は非常に頭が良く、非常に野心的で傲慢だ」と、スミスは面接の要約に書いたという。「彼はすぐに馴染むだろう」。

ゲルシンガーは、初めて飛行機に乗り、カリフォルニアのインテルに面接に行き、1979年10月に技術者として入社した。サンタクララ大学で学士号を取る傍ら、マイクロプロセッサの信頼性向上に努めた。

チップを設計する技術者たちと一緒になって、チップのテストを効率よく行うためのアイデアを出し合うようになった。1982年には、画期的なマイクロプロセッサー「Intel 80386」を発表したチームの4人目のエンジニアになった。

1985年、チップの完成間近のプレゼンテーションで、ゲルシンガーは、インテルのリーダーであるロバート・ノイス、ゴードン・ムーア、アンディ・グローブに対し、会社のコンピュータが不調で工程が遅くなっていることをたしなめた。

数日後、ゲルシンガーにグローブから電話がかかってきた。ハンガリー出身のグローブは、当時インテルの社長で、後に『パラノイアだけが生き残る』という経営書を書いている。グローブはゲルシンガーを指導し始め、その関係は30年に及んだ。

1986年、グローブはゲルシンガーがスタンフォード大学で博士号を取得しないよう説得し、24歳の彼を、インテルのマイクロプロセッサ「80486」を設計する100人規模のチームのリーダーに任命した。ゲルシンガーは、8つの特許を取得し、1992年にインテルで最年少のバイスプレジデントに、2001年には初の最高技術責任者の肩書きを持つようになった。

ゲルシンガーがインテルに入社した背景には、もう1つの優先事項があった。

ゲルシンガーが本格的にクリスチャンになったのは、後に妻となるリンダ・フォーチュンと出会ったシリコンバレーの無宗派の教会に通ってからだという。1980年、その教会で牧師がヨハネの黙示録を引用するのを聞いた。

ゲルシンガーはキリスト教徒として生まれ変わった後、聖職者になるべきかどうか内心悩んだという。カリフォルニア州マウンテンビューにあるコンピュータ歴史博物館が2019年に行ったオーラルヒストリーの中で、彼は最終的に「職場牧師」になることを決めたと語っている。「インテルで働いていても、自分は神のためにCEOとして働いていると本当に考える」のである。

この記事は有料会員のみご覧いただけます

購読する
既にアカウントをお持ちの方 ログイン