TikTok政治家の台頭

米政治家の間でTikTokを利用した周知活動が一般化しつつある。TikTokは政治運動の次のフロンティアなのか、それとも単なるイメージアップの場なのか?

TikTok政治家の台頭
2022年3月9日、トピカにある州議事堂前にて、カンザス州下院議員のクリスティーナ・ハスウッド氏。ハスウッドは2020年の選挙戦のために、高校生とチームを組んでTikTokの動画を作成した。(Arin Yoon/The New York Times)

【著者:Anna P. Kambhampaty】政治はすべて演劇であるとすれば、ティム・ライアン下院議員はその微妙な役者の一人である。オハイオ州第13区選出の穏健派民主党員で、20年近く同州の代表を務めているが、彼の演説や討論のパフォーマンスは、しばしば芸能事務所がキャスティングしたステレオタイプの役者のようだと言われる。彼のスタイルの選択は、政界の標準的なものだ。彼は通常、深夜の寸劇やミームの対象になることはない。

しかし、彼が努力していないわけではない。2020年の春、COVID-19が国を覆い、議会が分裂して大規模な景気刺激策をめぐって争っていた頃、48歳のライアンは停滞する法案に苛立ち、その感情をTikTok動画に注ぎ込むことにしたのである。

15秒のクリップは、ライアンが白いボタンダウンとドレスパンツでオフィスをブラブラし、ネクタイを少し緩めて、カーティス・ローチの「Bored in the House」のクリーンバージョンをパントマイムで歌っているものである。この曲は、パンデミックの初期に、閉じこもりがちなアメリカ人の共感を呼んだラップで、リフレイン(「I'm bored in the house, and I'm in the house bored」)は、TikTok全体で数百万のビデオに登場する。そのほとんどは、監禁されて正気を失っている人々を描いている。ライアンの解釈は、文字通りのものだった。退屈している......家の中で……そうだろ?

ライアンは、TikTokの「Zoomer」(携帯電話に夢中になりフォートナイトとTikTokばかりをやるZ世代を指す言葉)とは無縁の政治家だ。彼の話の中心は、例えば警察への資金援助よりも、アメリカの製造業を復活させるといった問題に集中する傾向がある。しかし、この下院議員は、政治的影響力の源泉となりうる非伝統的な場所について、素朴な知識を持っていた。数年前、彼は瞑想に没頭していた。

ティム・ライアン下院議員。典型的な民主党議員がTikTokに挑戦している。"File:Rep Tim Ryan 03 - Akron Ohio - 2016-10-03 (29806155910).jpg" by Tim Evanson from Cleveland Heights, Ohio, USA is marked with CC BY-SA 2.0.
ティム・ライアン下院議員。典型的な民主党議員がTikTokに挑戦している。"File:Rep Tim Ryan 03 - Akron Ohio - 2016-10-03 (29806155910).jpg" by Tim Evanson from Cleveland Heights, Ohio, USA is marked with CC BY-SA 2.0.

10代の娘、ベラは、彼をスピードアップさせ、アプリで流行したダンスをいくつか教えた。「私はただ、それがヒステリックだと思ったし、それは彼女と私が一緒に行うことができる本当にクールなものだと思った」とライアンは、電話インタビューで述べている。

すぐに、彼は自分のアカウントに投稿し、テイラー・スウィフトの「All Too Well」をバックに、議場での演説やインフラ法案に対する彼の意見をビデオモンタージュで共有するようになった(TikTokの初心者はすぐにわかるだろうが、人気のある曲はプラットフォーム上で動画を発見されるのに役立つのだ)。

アクシオン有料購読、初月無料キャンペーン

毎月70本追加される一流海外メディアとオリジナル記事にアクセス

1ヶ月無料で購読する

「政治トークショーやニュースを見ていない視聴者に向けて、本当に話すことができる機会だと思うようになった」とライアンは言う。今年、彼はオハイオ州の上院の空席に立候補しているが、TikTokはレースで重要な役割を果たすと考えている。

しかし、中間選挙の予備選挙が始まると、本当の問題は、有権者がどう考えるか、ということだ。

プライバシー、抗議、評論家精神

ソーシャルメディアは、少なくとも2007年、当時イリノイ州の上院議員だったバラク・オバマが初めて公式Twitterを登録して以来、政治運動の一翼を担ってきた。それ以来、多くの政治家がソーシャル・プラットフォームの力を借りて、YouTubeでの劇的な告知ビデオ、Twitterでの討論、RedditでのAMA(「何でも訪ねていいよ」)、Instagram Liveでの熱狂的な討論などを行ってきた。TikTokは、10億人という若い世代のアクティブユーザーを抱えており、次のフロンティアとして自然な流れであるように思われる。

しかし、これまでのところ、他のプラットフォームと比較して、比較的少数の政治家によって受け入れられている。TikTokの動画は、バイラルなオーディオクリップに合わせてノーマルの父親が歌うなど、不愉快なものから、純粋に人々とつながるものまで、さまざまな種類がある。

共和党の政治テクノロジスト、エリック・ウィルソンは、「TikTokは、政治家候補のソーシャルメディアネットワークという意味では、まだ目新しい段階にある」と話す。

特に共和党は、このアプリの親会社で、本社が中国にあるバイトダンス社に懸念を表明している。ドナルド・トランプは大統領選の最終年に、ユーザーデータが中国政府に取得される可能性があるとの懸念を理由に、米国内で同アプリを禁止する大統領令に署名した(ジョー・バイデン大統領は昨夏、この命令を撤回した)。

マルコ・ルビオ上院議員(フロリダ州選出)は、このアプリを短期間利用した後、自分のアカウントを削除した。それ以来、彼はバイデンにこのプラットフォームを完全にブロックするよう求めている。電子メールの声明で、ルビオ、50は、TikTokは「米国の国家安全保障とアメリカ人、 特に子供の個人のプライバシーに深刻な脅威をもたらす」と書いている。

この点については、国家安全保障の専門家からも異論が出ている。彼らは、このアプリは中国機関が米国の情報を入手するための比較的非効率的な方法だろうと考えているのだ。

「彼らはそれを得るためのより良い方法を持っている」と外交問題評議会のデジタルとサイバースペース政策プログラムのディレクター、アダム・セガールは言った。「フィッシングメール、スタッフや政治家自身への直接の標的攻撃やダークウェブでのデータの購入などだ」

とはいえ、TikTokは、新しい世代がグローバルな問題に関与し、イデオロギー的なアイデンティティを試し、投票できる年齢ではない人々でさえも政治プロセスに参加する力を与えたようだ。

TikTokが政治的行動を喚起した例は、稀ではあるが注目すべきものであった。2020年、オクラホマ州タルサで行われたトランプ支持の集会に、投票率を制限するためのいたずらとして、若いユーザーが登録を促した。集会前、トランプの2020年キャンペーンマネージャーであるブラッド・パースケールは、チケットの申し込みが100万件以上あったのに、アリーナでスキャンされたチケットは6,200枚だけだったとツイートしている。

こうした活動は、プラットフォーム上の若いリベラル派に限ったことではない。エルサレム・ヘブライ大学のネタ・クリグラー=ヴィレンチクとともにソーシャルメディア上の若者と政治表現について研究してきたコロンビア大学ティーチャーズカレッジのイオアナ・リテラット准教授は、2020年の選挙期間中にTikTokで流行した政治的「ハイプハウス」を指摘する。それらのアカウントの所有者は、討論をライブ配信し、アプリで広がる誤報を論破し、政策課題を議論している。

「イデオロギー分裂の両側の若い政治評論家たちは、TikTokを使ってそれぞれの聴衆にアプローチすることに大成功している」とリテラットは述べている。

あなたは私の票を持っている、親友よ

TikTokで活動する政治家の多くは、ジョージア州のジョン・オソフ上院議員、バーモント州のバーニー・サンダース上院議員、マサチューセッツ州のエド・マーキー上院議員、ミネソタ州のイラン・オマル議員、アメリカの2大都市の市長、シカゴのロリー・ライトフットとニューヨークのエリック・アダムスら民主党や左派無党派の人々だ。

これは、2020年にニューヨーク・タイムズが確認した同社の内部データや資料によると、このプラットフォームには若いユーザーの割合が多く、若者はリベラル派に傾く傾向があるからかもしれない(TikTokは現在の人口統計データをタイムズと共有していない)。

共和党の戦略家であるウィルソンは、「もしあなたが民主党の候補者であれば、若い有権者に自分を支持してもらおうとするはずだ。共和党の場合は計算が違う。違うタイプの有権者を動員しようとしているのだ」という。それは年配で、他のプラットフォームに時間を費やしている可能性が高い人たちだ。

マーキーはTikTokで、ばかばかしい動画と真面目な動画を織り交ぜながら、支持者を増やしてきた。また、ボンバージャケットとナイキのハイトップで出かける姿もスタイリッシュだ。彼の動画のコメント欄は、彼を「親友」と呼ぶファンで溢れている。

マサチューセッツ州選出のエド・マーキー上院議員は、TikTokで支持者を増やし、若いユーザーから "親友 "と呼ばれるようになった。"Senator Ed Markey" by Karen Smith Murphy is marked with CC BY-ND 2.0.
マサチューセッツ州選出のエド・マーキー上院議員は、TikTokで支持者を増やし、若いユーザーから "親友 "と呼ばれるようになった。"Senator Ed Markey" by Karen Smith Murphy is marked with CC BY-ND 2.0.

その気持ちは、お互い様だ。「TikTokに投稿するときは、オンラインで楽しみながら、私たちみんなが気にかけていることについて友人たちと話しているからだ」と、75歳のマーキーは電子メールで書いている。「私はTikTokで若い人たちの話を聞き、学んでいる。彼らはリードしているし、何が起こっているのか知っているし、特にオンラインで私たちがどこに向かっているのかも知っている。私は彼らと共にいる」

カリフォルニアの大学生、ダフネ・バレンシアーノ(19)は、オソフ上院議員のTikTokアカウントのファンだという。選挙期間中、「彼はとても面白いコンテンツを持っていて、若い有権者に投票に行くよう促していた」とバレンシアーノは言う。「政治家がこのソーシャルメディアにアクセスすることで、私の世代はニュースや記事を通してではなく、彼らのメディアを簡単に見ることができる」

もじゃもじゃの茶髪と少年のような美貌を持つオソフが投稿した動画のいくつかは、ファンによって渇きの罠と解釈されている。あるユーザーは、気候変動について厳粛に語る彼の動画に「ジョン父さん、いいぞ!」とコメントした。また別の人は、就任後100日を祝う投稿で、オソフは「ホットで、そうだと自分で知っている」と書き、「自信に満ちた王」と讃えた。同議員はTikTokで50万人以上のフォロワーを獲得している。

(オプションのトリムを開始)

知らず知らずのうちに壇上に上がってしまう政治家もいる。たとえば、2020年の選挙に勝利したカマラ・ハリスが「やったわね、ジョー」と宣言するバイラル音声がそうだ。副大統領自身はアカウントを持っていないが、彼女の発言は数百万回再生されている。

このようなバイラルな衝動に応えることは、ギミックに見えるかもしれないが、候補者のTikTok戦略には必要なことなのだ。このプラットフォームでは政治的な広告が禁止されているため、政治家は特定のユーザーをターゲットにしたコンテンツの宣伝をあまりすることができない。また、このアプリは世界中の動画をユーザーのフィードにプッシュするため、候補者が実際に投票する可能性のあるユーザーにリーチするのが難しくなっている。

ニューハンプシャー州の大学生ダニエル・ドンは、TikTokのフィードで他州の政治家の投稿をよく見かけるが、「他州からランダムに来た人に投票できるわけではないから、そういうレースは僕にとってはどうでもいい」と話す。

バイラルビデオの極意

カンザス州下院の民主党議員であるクリスティーナ・ハスウッドが初めてTikTokアカウントを始めたのは、2020年の夏、選挙に出馬したときでした。

「選挙マネージャーに相談したら『選挙用のTikTokを作ったら面白いんじゃない?』と言われた」と、ハスウッド(27)は語った。

2022年3月9日、トピカにある州議事堂にて、カンザス州選出のクリスティナ・ハスウッド氏。ハスウッドは2020年の選挙戦のために、高校生とチームを組んでTikTokの動画を作成した (Arin Yoon/The New York Times)
2022年3月9日、トピカにある州議事堂にて、カンザス州選出のクリスティナ・ハスウッド氏。ハスウッドは2020年の選挙戦のために、高校生とチームを組んでTikTokの動画を作成した (Arin Yoon/The New York Times)

彼女は選挙に勝ち、カンザス州議会の数少ないネイティブ・アメリカンのひとりとなった。「多くの人々は、先住民の政治家、有色人種の若い政治家を見たことがない。全米はおろか、州内でも毎日見ることはないでしょう」とハスウッド。「若い人たちに立候補を促したい」。

当初、ハスウッドは純粋に情報提供のみを目的としたTikTok動画集、つまり彼女がカメラに向かって直接話す動画を作成したが、これはあまり支持を得られなかった。予備選挙で対立候補の1人がTikTokを始めたとき、彼女はもっと盛り上げる必要があると感じた。

当時高校生で、現在はカンザス大学の大学生であるコナー・スラッシュは、ハスウッドの動画に注目するようになりました。「彼女の主張がとても気に入りました」とスラッシュさん(19歳)は言う。「自分には、支援活動を広げようとする政治家と、10代の若者のような人々との間のギャップを埋める力がある」と気づいた。

そこで彼はハスウッドに連絡を取り、2人は一緒にコンテンツを作り始め、バイラルなTikTokの技術を完成させた。動画は、面白いが恥ずかしくない、無頓着に見えない、トレンディだが革新的で、終わりのないスクロールに新しいものをもたらす、といったバランスを注意深く保つ必要がある。

最も多く視聴された動画のひとつは、リプロダクティブ・ライツの保護や娯楽用マリファナの合法化など、ハスウッドのプラットフォームの重要なポイントを説明するものだ。この動画は、テイラー・スウィフトの「Love Story」のバイラル・リミックスに合わせたもので、TikTokユーザーが歌の途中で自分からカメラを遠ざけるというトレンドに沿ったものだ(ハスウッドはこの効果を得るためにペニー・スケートボードを使用した)。

TikTokはハスウッドの選挙勝利に貢献したかもしれないが、彼女のような成功を収めた候補者はほとんどいない。マット・リトル(ミネソタ州選出の元上院議員)やジョシュア・コリンズ(ワシントン州の米下院議員に立候補した社会主義者)など、TikTokの支持者が多い政治家は、それぞれの選挙で、「かなりひどい」負け方をした。「従って技術的には、政治的には成功しなかった」とリテラットは述べている。

特に若い有権者の行動は予測しにくいものだ。タフツ大学の市民学習・社会参画情報研究センターによると、2020年の大統領選挙では、18歳から29歳のアメリカ人の約半数が投票を行ったが、これは投票所に足を運ぶことが知られていない年齢層としては記録的な投票率である。

それでも、「若者は文化の牽引役だ」と、『インターネット時代の大統領選挙』の著者でシラキュース大学情報学教授のジェニファー・ストローマー=ガリーは言う。

「彼らがジョン・オソフに投票するかどうかは別として、TikTokにいることはオソフのイメージを形成するのに役立つ」と彼女は付け加えた。「TikTokでのスタントのおかげで、以前より多くの人が今日のオソフの名前を知ることになる」

Original Article: Securing the TikTok Vote. © 2022 The New York Times Company.

Read more

新たなスエズ危機に直面する米海軍[英エコノミスト]

新たなスエズ危機に直面する米海軍[英エコノミスト]

世界が繁栄するためには、船が港に到着しなければならない。マラッカ海峡やパナマ運河のような狭い航路を通過するとき、船舶は最も脆弱になる。そのため、スエズ運河への唯一の南側航路である紅海で最近急増している船舶への攻撃は、世界貿易にとって重大な脅威となっている。イランに支援されたイエメンの過激派フーシ派は、表向きはパレスチナ人を支援するために、35カ国以上につながる船舶に向けて100機以上の無人機やミサイルを発射した。彼らのキャンペーンは、黒海から南シナ海まですでに危険にさらされている航行の自由の原則に対する冒涜である。アメリカとその同盟国は、中東での紛争をエスカレートさせることなく、この問題にしっかりと対処しなければならない。 世界のコンテナ輸送量の20%、海上貿易の10%、海上ガスと石油の8~10%が紅海とスエズルートを通過している。数週間の騒乱の後、世界の5大コンテナ船会社のうち4社が紅海とスエズ航路の航海を停止し、BPは石油の出荷を一時停止した。十分な供給があるため、エネルギー価格への影響は軽微である。しかし、コンテナ会社の株価は、投資家が輸送能力の縮小を予想している

By エコノミスト(英国)
新型ジェットエンジンが超音速飛行を復活させる可能性[英エコノミスト]

新型ジェットエンジンが超音速飛行を復活させる可能性[英エコノミスト]

1960年代以来、世界中のエンジニアが回転デトネーションエンジン(RDE)と呼ばれる新しいタイプのジェット機を研究してきたが、実験段階を超えることはなかった。世界最大のジェットエンジン製造会社のひとつであるジー・エアロスペースは最近、実用版を開発中であると発表した。今年初め、米国の国防高等研究計画局は、同じく大手航空宇宙グループであるRTX傘下のレイセオンに対し、ガンビットと呼ばれるRDEを開発するために2900万ドルの契約を結んだ。 両エンジンはミサイルの推進に使用され、ロケットや既存のジェットエンジンなど、現在の推進システムの航続距離や速度の限界を克服する。しかし、もし両社が実用化に成功すれば、超音速飛行を復活させる可能性も含め、RDEは航空分野でより幅広い役割を果たすことになるかもしれない。 中央フロリダ大学の先端航空宇宙エンジンの専門家であるカリーム・アーメッドは、RDEとは「火を制御された爆発に置き換える」ものだと説明する。専門用語で言えば、ジェットエンジンは酸素と燃料の燃焼に依存しており、これは科学者が消炎と呼ぶ亜音速の反応だからだ。それに比べてデトネーシ

By エコノミスト(英国)
ビッグテックと地政学がインターネットを作り変える[英エコノミスト]

ビッグテックと地政学がインターネットを作り変える[英エコノミスト]

今月初め、イギリス、エストニア、フィンランドの海軍がバルト海で合同演習を行った際、その目的は戦闘技術を磨くことではなかった。その代わり、海底のガスやデータのパイプラインを妨害行為から守るための訓練が行われた。今回の訓練は、10月に同海域の海底ケーブルが破損した事件を受けたものだ。フィンランド大統領のサウリ・ニーニストは、このいたずらの原因とされた中国船が海底にいかりを引きずった事故について、「意図的なのか、それとも極めて稚拙な技術の結果なのか」と疑問を呈した。 海底ケーブルはかつて、インターネットの退屈な配管と見なされていた。現在、アマゾン、グーグル、メタ、マイクロソフトといったデータ経済の巨人たちは、中国と米国の緊張が世界のデジタルインフラを分断する危険性をはらんでいるにもかかわらず、データの流れをよりコントロールすることを主張している。その結果、海底ケーブルは貴重な経済的・戦略的資産へと変貌を遂げようとしている。 海底データパイプは、大陸間インターネットトラフィックのほぼ99%を運んでいる。調査会社TeleGeographyによると、現在550本の海底ケーブルが活動

By エコノミスト(英国)