トヨタ、Alexaを廃止しChatGPTへの移行を模索

トヨタが人気車種でAlexaのサポートを打ち切った。大規模言語モデル(LLM)駆動のChatGPTが、最近までもてはやされていたAlexaやSiriのようなバーチャルアシスタントをあっという間に駆逐した格好だ。

トヨタ、Alexaを廃止しChatGPTへの移行を模索
Photo by Chandler Cruttenden

トヨタが人気車種でAlexaのサポートを打ち切った。大規模言語モデル(LLM)駆動のChatGPTが、最近までもてはやされていたAlexaやSiriのようなバーチャルアシスタントをあっという間に駆逐した格好だ。


トヨタは、プリウス、カローラなど人気のあるモデルの2023年版で、ユーザーがスマートフォンを介して車内でAlexaを操作できるようにしていたアプリのサポートを打ち切った、と米テクノロジー誌The Informationが22日に報じた

同誌が引用した関係者によると、トヨタは今後数年のうちに、他のラインアップからAlexaの統合を段階的に廃止する予定だという。自動車メーカーは現在、昨年立ち上げた自社製音声アシスタントの改善に注力しており、OpenAIが開発したチャットボット「ChatGPT」をそこに統合することを検討しているという。

5年前、アマゾンの音声アシスタント「Alexa」は、注目のパートナーシップ、好調なデバイス販売、業界や一般での話題性など、すべてを備えていた。しかし、ChatGPTの登場が全てをひっくり返した。

Alexaを組み込んだデジタル機器は何億台も売れたにもかかわらず、Alexaは技術分野の次の大きなプラットフォームを作るというアマゾンの目標には届かなかった。

Microsoftの最高経営責任者であるサティア・ナデラは今月、フィナンシャル・タイムズとのインタビューで、Alexaのような音声アシスタントは「岩のように間抜けだ」と述べ、より新しいAIが道を開くと宣言している。

AlexaとChatGPTは、それぞれ異なるAIにと基づいている。ChatGPTは、大規模言語モデル(LLM)と呼ばれる、ウェブからかき集めた膨大なデータセットに基づいてテキストを認識し生成するように訓練されたシステムによって駆動する。

淘汰されるのはAlexaだけでなく、Siriもそうである。Siriが長期に渡り、停滞し続けた理由の一つは、Siriの開発に携わった元Appleのエンジニア、ジョン・バーキーへのニューヨーク・タイムズ(NYT)のインタビューによると、「技術的なハードル」と「悪い実装」にあるという。

NYTの報告によると、Siriはデザインが煩雑で、新機能の追加に手間がかかるという問題があった。新機能の追加には、データベース全体の再構築が必要で、最大で6週間かかることもあった。新しい検索ツールのような複雑な機能を追加する場合、1年近くかかる可能性があったという。「つまり、SiriがChatGPTのようなクリエイティブなアシスタントになる道はない」とバーキーは断じている。

Siriは相当の「時代遅れ」のAIだったようだ。報告はSiriは「有限の質問と要求のリストのみを理解する」と表現し、ルールベースの可能性が示唆されている。ユーザーがSiriにコードにないことを要求した場合、Siriは有効な回答ができないという。

Read more

OpenAI、法人向け拡大を企図 日本支社開設を発表

OpenAI、法人向け拡大を企図 日本支社開設を発表

OpenAIは東京オフィスで、日本での採用、法人セールス、カスタマーサポートなどを順次開始する予定。日本企業向けに最適化されたGPT-4カスタムモデルの提供を見込む。日本での拠点設立は、政官の積極的な姿勢や法体系が寄与した可能性がある。OpenAIは法人顧客の獲得に注力しており、世界各地で大手企業向けにイベントを開催するなど営業活動を強化。

By 吉田拓史
アドビ、日本語バリアブルフォント「百千鳥」発表  往年のタイポグラフィー技法をデジタルで再現

アドビ、日本語バリアブルフォント「百千鳥」発表 往年のタイポグラフィー技法をデジタルで再現

アドビは4月10日、日本語のバリアブルフォント「百千鳥」を発表した。レトロ調の手書き風フォントで、太さ(ウェイト)の軸に加えて、字幅(ワイズ)の軸を組み込んだ初の日本語バリアブルフォント。近年のレトロブームを汲み、デザイン現場の様々な要望に応えることが期待されている。

By 吉田拓史
新たなスエズ危機に直面する米海軍[英エコノミスト]

新たなスエズ危機に直面する米海軍[英エコノミスト]

世界が繁栄するためには、船が港に到着しなければならない。マラッカ海峡やパナマ運河のような狭い航路を通過するとき、船舶は最も脆弱になる。そのため、スエズ運河への唯一の南側航路である紅海で最近急増している船舶への攻撃は、世界貿易にとって重大な脅威となっている。イランに支援されたイエメンの過激派フーシ派は、表向きはパレスチナ人を支援するために、35カ国以上につながる船舶に向けて100機以上の無人機やミサイルを発射した。彼らのキャンペーンは、黒海から南シナ海まですでに危険にさらされている航行の自由の原則に対する冒涜である。アメリカとその同盟国は、中東での紛争をエスカレートさせることなく、この問題にしっかりと対処しなければならない。 世界のコンテナ輸送量の20%、海上貿易の10%、海上ガスと石油の8~10%が紅海とスエズルートを通過している。数週間の騒乱の後、世界の5大コンテナ船会社のうち4社が紅海とスエズ航路の航海を停止し、BPは石油の出荷を一時停止した。十分な供給があるため、エネルギー価格への影響は軽微である。しかし、コンテナ会社の株価は、投資家が輸送能力の縮小を予想している

By エコノミスト(英国)