Twitterへの広告出稿が社内予測を8割下回る
Photo by Sunny Haccan on Unsplash

Twitterへの広告出稿が社内予測を8割下回る

ワールドカップが開幕した11月20日、Twitterの米国での広告収益は、その週の社内予測を80%下回っていたと、ニューヨーク・タイムズ(NYT)は3人の関係者を引用して明らかにしている。

編集部

ワールドカップが開幕した11月20日、Twitterの米国での広告収益は、その週の社内予測を80%下回っていたと、ニューヨーク・タイムズ(NYT)は3人の関係者を引用して明らかにしている。

同社は以前、世界的な景気後退を織り込み、10−12月期は14億〜16億ドルを生み出すと予想していた。しかし、Twitterが毎週の広告収益目標を達成できない状態が続いたため、この数字は13億ドル、さらに11億ドルにまで落ち込んだとされる。

Twitterの収益の90%を占める広告の広告主は、イーロン・マスクがサービスをどのように変えるかについての懸念を理由に、このプラットフォームへの支出を一部停止している。

自動車メーカーは最も懸念している広告主の一つで、ゼネラルモーターズ(GM)はTwitterのデータがマスクの自動車会社テスラと共有されるかどうかについて疑問を呈していると、関係者は述べている。マスク氏の就任後、営業・広告チームが交代したことで、Twitterに対する広告主の信頼はさらに揺らいだそうだ。

広告情報会社のメディアレーダーによると、マスクが買収に合意した翌月の5月、Twitterの広告主は3980社に上っていたという。

InstagramやFacebookに広告を出していないアップルは、2022年にTwitter広告に1億8,000万ドル以上の広告費を投じたる勢いだったと、3人の関係者はNYTに対し述べた。