イーロン・マスク、Twitterを反訴
2020年12月1日(火)、ドイツ・ベルリンで開催されたアクセル・シュプリンガー賞の授賞式に到着した、スペースXの創業者でテスラの最高経営責任者であるイーロン・マスク。Photographer: Liesa Johannssen-Koppitz/Bloomberg

イーロン・マスク、Twitterを反訴

イーロン・マスクは29日にTwitterを反訴し、テスラCEOと買収に合意したソーシャルネットワーク企業との対立を激化させた。マスクは反訴の詳細を秘匿するよう裁判所に求めている。

編集部

イーロン・マスクは29日にTwitterを反訴し、テスラCEOと買収に合意したソーシャルネットワーク企業との対立を激化させた。

マスクは反訴の詳細を秘匿するよう裁判所に求めている。その理由は明らかでない。

2022年4月25日、Twitterとマスクは、マスクがソーシャルネットワーキング企業を約440億ドルで買収し、非公開化すると発表した。マスクが440億ドルの取引を行った直後、市場の低迷により、テスラとTwitterの両社を含むハイテク株が下落した。

取引にサインした直後、マスクはTwitterがプラットフォーム上のスパムやボットアカウントの数について嘘をつき、これらのアカウントの処理に関する情報へのアクセスを拒否したと非難した。マスクは今月初め、この取引を打ち切りたいと正式に表明し、Twitterは取引を強行するためにデラウェア州裁判所に彼を提訴した。

この訴訟を裁く裁判官、キャサリン・セント・J・マコーミックは28日の夜、10月17日から始まる5日間の公判を含むスケジュールを設定した。