Uber、配車に飛行機と電車の追加を試験
Photo by Dan Gold on Unsplash

Uber、配車に飛行機と電車の追加を試験

Uberは今年後半に英国のアプリに都市間鉄道、長距離バス、航空などの長距離旅行の予約を追加する予定だ。この計画は、Uberの配車アプリを旅行のためのワンストップショップに拡大するもので、最終的にはホテルも含める可能性がある。

編集部

Uberは今年後半に英国のアプリに都市間鉄道、長距離バス、航空などの長距離旅行の予約を追加する予定だ。

フィナンシャル・タイムズの報道によると、この計画は、Uberの配車アプリを旅行のためのワンストップショップに拡大するもので、最終的にはホテルも含める可能性がある。

Uberにとって北米以外の最大の市場の一つである英国で、このサービスを試験的に導入した後、広く展開する予定。

コロナウイルス感染症が流行する以前は、Uberの利用者の約15%が空港を利用していた。同社は、飛行機の予約と配車を統合することで、これらの利益率の高い乗り物を増やすことができると考えている。

コスロシャヒは、Uberがより幅広い移動手段のプラットフォームとなることについて、CEOに就任した翌年の2018年に話し始めた。しかし、コロナウイルスの大流行で旅行・交通業界が停止すると、Uberはフードデリバリー事業の拡大に注力するようになった。ただ、フードデリバリーの収益性は危うく、パンデミックで需要がブーストされた際でも、長期的な黒字の展望は見えなかった。

Uberはギグワーカーに対する報酬について、広範な引き上げ圧力に直面している。インフレが様々なセクターで賃金上昇を引き起こしているのに加え、燃料費が高騰し、運転手の確保に手を焼いている。