ギグエコノミー

ギグエコノミー(Gig Economy)は、インターネットを通じて単発の仕事を受注する働き方や、それによって成り立つ経済形態のことをいいます。

ブルームバーグ
無料会員 公開

ロックダウン解除後も米国人は食料品配達に夢中

現在、アメリカ人はPelotonの自転車をクレイグリストに出品し、Netflixのアカウントを解約し、家のリフォーム計画を遅らせる一方で、食料品のオンラインショッピングの便利さを手放そうとはしない。

編集部
無料会員 公開

ディディは「さらなる制裁を懸念」

中国の配車大手ディディ・グローバルの経営陣は、中国当局が下した80億元(約1,600億円)という記録的な罰金後も、さらなる制裁を懸念していると伝えられている。

編集部
無料会員 公開

セブンイレブンが米宅配企業を密かに買収しフードデリバリー競争に参入

セブンイレブンが、米国でレストランの料理を配達する創業4年のフードデリバリー(料理宅配)スタートアップ、スキップカート(Skipcart)を買収したと報じられた。

編集部
無料会員 公開

Uber、創業以来初のキャッシュフロー黒字

Uberは、創業後初めて3億8,200万ドルのフリーキャッシュフロー(FCF)黒字を計上した。13年前の設立以来、急速な世界的拡大に向けて250億ドルを使い果たしたが、コスト抑制の努力が実りつつあるようだ。

編集部
無料会員 公開

中国当局、Didiに10億ドル以上の罰金を科す データセキュリティ侵害で

中国当局は、配車大手Didi Global(滴滴出行、ディディ)に10億ドル以上の罰金を科す準備をしていると、ウォール・ストリート・ジャーナルが報じた。

編集部
無料会員 公開

Uberの過酷な内幕を告発するリークで波紋が広がる

リークされたUberの数千の機密ファイルから、法律違反、ロビー活動、ドライバーへの暴力搾取の歴史が明らかになった。ギグエコノミーの誇大広告がこそげ落ちた今、社会はこのビジネスについて考え直す時期を迎えている。

編集部
無料会員 公開

Uber、配車に飛行機と電車の追加を試験

Uberは今年後半に英国のアプリに都市間鉄道、長距離バス、航空などの長距離旅行の予約を追加する予定だ。この計画は、Uberの配車アプリを旅行のためのワンストップショップに拡大するもので、最終的にはホテルも含める可能性がある。

吉田拓史
無料会員 公開

ディディ、香港上場前に最大20%の人員削減へ

【ブルームバーグ】中国の配車大手ディディ・グローバル(滴滴出行)は、株式市場の上場を香港に移す計画を進める中、全体の人員を最大で20%削減する計画であることが関係者の話で分かった。

吉田拓史
無料会員 公開

欧州で料理宅配と配車の命運が絶たれようとしている

欧州ではギグワーカー(独立請負業者)を従業員へと分類する流れが確定的だ。料理宅配や配車は法的な保護の外にあるギグワーカーによって収益性を担保している側面があり、欧州での事業の将来性が絶たれようとしている。

吉田拓史
無料会員 公開

配車と料理宅配の誤算

配車と料理宅配が優れたビジネスではないことが明らかになっている。投下された資本以上に資本を生み出さないビジネスは余り魅力的ではないという資本主義の原則に修練しつつある。

吉田拓史
無料会員 公開

Grabの企業価値400億ドルは高過ぎる

トヨタ、三菱UFJ、ソフトバンクGなどの多数の日本企業が出資するGrabは難点を含んだSPACとの合併上場を控えている。同社の400億ドルの企業価値は他国の配車・料理宅配企業と比較して高過ぎる。

吉田拓史
無料会員 公開

ギグエコノミーの終わりの始まり

世界でギグエコノミーの再考が進んでいる。一時は新しい労働スタイルやホットなアプリで人々の関心をさらったビジネスは、いまは労働者の劣悪な労働環境の象徴であり、欧米中の重要な政策的課題となっている。