21 articles

従業員化したら持続不可能なUber

最賃以下の給与で働くギグワーカーに依存するビジネスモデルは、当局が規制を狭めてきた場合、持続不可能になる。3者間のマッチングであるマーケットプレイス型フードデリバリーは常に補助金が必要な構造で、黒字化はかなり厳しい制約のもとにある。 [...]

Takushi Yoshida

美団点評Q2、収益は前年同期比13.2%増の2200億円

美団点評の2020年第2四半期決算の利益は22億元(約330億円)で、利益は前年同期の8億7580万元から152.4%増。フードデリバリー事業の総取引額(GTV)は前年同期比16.9%増の1,088億元(157億ドル)となった。1日平均のフードデリバリー取引件数は前年同期比6.9%増の2,450万件となった。 [...]

Takushi Yoshida

シアトル市のライドシェアドライバーの報酬は最賃以下

カルフォルニア大学バークリー校のジェームズ・パロット教授とマイケル・ライヒ教授(ともに経済学)にシアトルにおける配車ドライバーの賃金を、シアトル市の依頼を受けて調査した。パロットらは、シアトルの配車企業で働くドライバーの賃金は、最賃を大きく下回り、自ら自動車などの設備投資費を負ったがために転職が難しい事実上の従業員であると指摘。シアトル市にドライバーの最低報酬基準を提案した。 [...]

Takushi Yoshida

Grabとは 東南アジア最大級の配車企業

Grab(グラブ)は2012年にマレーシアで配車サービスを提供する企業として設立され、後に本社をシンガポールへと移転、フードデリバリーなどの分野へと業容を拡大したほか、Gojekと同じタイ、インドネシア、フィリピン、ベトナムへの四カ国だけでなく、カンボジア、マレーシア、ミャンマー、フィリピンでも事業を展開している。 [...]

Takushi Yoshida

UberとLyft、加州操業停止の公算高まる

現状、裁判所はUberやLyftによる新法の施行を遅らせるための申請を却下したため、両者は8月20日までにギグワーカーを従業員として雇用しないといけない。従業員化した場合、両者の事業の持続可能性は薄く、カルフォルニアという全米最大の市場で一時的な操業停止の可能性が高まっている。 [...]

Takushi Yoshida
Newsletter
You've successfully subscribed to Axion デジタル経済メディア