ギグエコノミー

ギグエコノミー(Gig Economy)は、インターネットを通じて単発の仕事を受注する働き方や、それによって成り立つ経済形態のことをいいます。

編集部
無料会員 公開

Uber、配車に飛行機と電車の追加を試験

Uberは今年後半に英国のアプリに都市間鉄道、長距離バス、航空などの長距離旅行の予約を追加する予定だ。この計画は、Uberの配車アプリを旅行のためのワンストップショップに拡大するもので、最終的にはホテルも含める可能性がある。

吉田拓史
無料会員 公開

ディディ、香港上場前に最大20%の人員削減へ

【ブルームバーグ】中国の配車大手ディディ・グローバル(滴滴出行)は、株式市場の上場を香港に移す計画を進める中、全体の人員を最大で20%削減する計画であることが関係者の話で分かった。

吉田拓史
無料会員 公開

欧州で料理宅配と配車の命運が絶たれようとしている

欧州ではギグワーカー(独立請負業者)を従業員へと分類する流れが確定的だ。料理宅配や配車は法的な保護の外にあるギグワーカーによって収益性を担保している側面があり、欧州での事業の将来性が絶たれようとしている。

吉田拓史
無料会員 公開

配車と料理宅配の誤算

配車と料理宅配が優れたビジネスではないことが明らかになっている。投下された資本以上に資本を生み出さないビジネスは余り魅力的ではないという資本主義の原則に修練しつつある。

吉田拓史
無料会員 公開

Grabの企業価値400億ドルは高過ぎる

トヨタ、三菱UFJ、ソフトバンクGなどの多数の日本企業が出資するGrabは難点を含んだSPACとの合併上場を控えている。同社の400億ドルの企業価値は他国の配車・料理宅配企業と比較して高過ぎる。

吉田拓史
無料会員 公開

ギグエコノミーの終わりの始まり

世界でギグエコノミーの再考が進んでいる。一時は新しい労働スタイルやホットなアプリで人々の関心をさらったビジネスは、いまは労働者の劣悪な労働環境の象徴であり、欧米中の重要な政策的課題となっている。

吉田拓史
無料会員 公開

滴滴出行 (Didi) IPOの2つのリスク

規制当局とロボタクシーの挟み撃ち

吉田拓史
無料会員 公開

ギグエコノミーの終着駅は協同組合?

中間者を排除することで一顧客あたり経済性が改善

吉田拓史
無料会員 公開

料理宅配はコロナ・ブーストでも黒字化しなかった

自律ロボットがギグエコノミーを退場させる

吉田拓史
無料会員 公開

EU、ギグワーカーの雇用状況の調査開始

欧州委員会は24日、ギグワーカーの法的な雇用状況や条件を調べるための公開協議を開始した。英最高裁の裁定に続き、欧州でギグワーカーの従業員化の規定につながる可能性がある。

吉田拓史
無料会員 公開

Uber、ギグワーカーの独立請負業者固定化をEUに対し提案

Uberは欧州連合(EU)に対し、ギグエコノミーの労働者を従業員化するのではなく、独立請負業者に固定しする枠組みを提案した。同社はカルフォルニア州では市民立法の仕組みを利用し、従業員化をする法律を無効化したが、同じシナリオを目論んでいるかもしれない。

吉田拓史
無料会員 公開

トヨタ出資の配車企業グラブ、コロナ禍でハードランディング必至か

グラブとゴジェックは長期に渡る資金燃焼の末に、どうやって生き残るかを思案している。その一つの手段が合併だ。だが、両者は非常に多くの株主を抱えており、その同意を引き出すだけでも、不可能な仕事のように思える。