Tagged

Gig Economy

ギグエコノミー(Gig Economy)は、インターネットを通じて単発の仕事を受注する働き方や、それによって成り立つ経済形態のことをいいます。

シアトル市のライドシェアドライバーの報酬は最賃以下
Gig Economy

シアトル市のライドシェアドライバーの報酬は最賃以下

カルフォルニア大学バークリー校のジェームズ・パロット教授とマイケル・ライヒ教授(ともに経済学)にシアトルにおける配車ドライバーの賃金を、シアトル市の依頼を受けて調査した。パロットらは、シアトルの配車企業で働くドライバーの賃金は、最賃を大きく下回り、自ら自動車などの設備投資費を負ったがために転職が難しい事実上の従業員であると指摘。シアトル市にドライバーの最低報酬基準を提案した。

Grabとは  東南アジア最大級の配車企業
Southeast Asia

Grabとは 東南アジア最大級の配車企業

Grab(グラブ)は2012年にマレーシアで配車サービスを提供する企業として設立され、後に本社をシンガポールへと移転、フードデリバリーなどの分野へと業容を拡大したほか、Gojekと同じタイ、インドネシア、フィリピン、ベトナムへの四カ国だけでなく、カンボジア、マレーシア、ミャンマー、フィリピンでも事業を展開している。

UberとLyft、加州操業停止の公算高まる
Gig Economy

UberとLyft、加州操業停止の公算高まる

現状、裁判所はUberやLyftによる新法の施行を遅らせるための申請を却下したため、両者は8月20日までにギグワーカーを従業員として雇用しないといけない。従業員化した場合、両者の事業の持続可能性は薄く、カルフォルニアという全米最大の市場で一時的な操業停止の可能性が高まっている。

UberとLyft、運転手の従業員化が法制化されればカリフォルニア州から撤退すると脅かす
Gig Economy

UberとLyft、運転手の従業員化が法制化されればカリフォルニア州から撤退すると脅かす

Lyftは12日、運転手を従業員として分類することを余儀なくされた場合、カリフォルニア州での事業を停止すると同社の幹部は投資家とのアーニングコールで述べた。Lyftは、先に同様の考えを示したUberと並んで、運転手の雇用形態の問題で、最も重要な市場の一つから撤退するとして、カルフォルニア州を脅している。

カリフォルニア州の判事がUber、Lyftにドライバーを従業員に再分類するよう命令
Gig Economy

カリフォルニア州の判事がUber、Lyftにドライバーを従業員に再分類するよう命令

UberとLyftは、サンフランシスコの裁判官が月曜日に下した仮処分命令の下で、カリフォルニア州のドライバーを従業員として再分類しなければならない。配車企業は、他のギグエコノミー企業とともに、運転手を従業員に分類することに抵抗している。カリフォルニア州の新法は、企業が労働者を契約社員に分類する前に、より厳格な要件を成文化した。

UberのCEO、ギグワーカーに「福利厚生資金」を提案
Gig Economy

UberのCEO、ギグワーカーに「福利厚生資金」を提案

UberのCEOであるダラ・コスロシャヒは、月曜日のニューヨーク・タイムズの論説で、ギグワーカーのための「福利厚生基金」の設立を呼びかけた。ギグワーカーは、従業員ではなく独立した請負業者のままであり、従来の労働者が受け取るのと同等の福利厚生をUberのような企業に求めてきた。コロナウイルスの大流行とその結果としての経済的負担は、これらの呼び出しを拡大している。

AIを裏で支える"ゴーストワーカー"は非正規雇用の使い捨て
AI Ethics

AIを裏で支える"ゴーストワーカー"は非正規雇用の使い捨て

「ゴーストワーク」とは、人類学者が生み出した、テクノロジープラットフォームを動かす目に見えない労働を指す用語です。インターネットを介して従事できるタスクベースのコンテンツ駆動型の仕事です。このような、いつ雇用契約を切られるかわからない非正規の使い捨て労働者がテクノロジー業界の裏側を支えているのです。

ギグエコノミーは基本的には低賃金労働
Digital Economy

ギグエコノミーは基本的には低賃金労働

ギグエコノミーはプラットフォームを介して流動的に仕事を得る、新しい働き方だが、往々にして労働者が弱い立場に置かれる。人間のコモデティ化を進み、非正規の従業員が「雇用主の気まぐれに完全に従属することが求められる」ケースもある。ギグエコノミーの実態を把握することが重要だ。