Uberの自動運転車を開発する試みは、内紛と挫折に悩まされており、これまで費やした25億ドルは浪費となった可能性があり、Alphabetが所有するWaymoやAppleの自動運転技術のようなライバルに置き去りにされると懸念されている。米系テクノロジーメディアのジ・インフォメーション紙が報じた

チームは2015年に最初の研究を開始したにもかかわらず、Uberの自動運転車は「うまく運転できない」「単純なルーチンと単純な操縦に苦戦している」と、同部門のマネージャーがCEOのダラ・コスロシャヒに伝えた、とジ・インフォメーション紙は報じている。

「この仕事を成し遂げるための才能はまだここにあるが、信念は衰えている」「災害が私たちに降りかかる前に何かを言わなければならないほど長い間、意味のある進歩を生み出すことに失敗している」とマネージャーは伝えたそうだ。

報道によると、部門内の各チームには競合する哲学があり、航空宇宙や政府から採用されたメンバーは何よりも安全性に焦点を当てる一方、他のエンジニアは2018年にアリゾナ州で自動運転のUberによって歩行者が死亡した事故をきっかけに、進歩が遅すぎることにフラストレーションを溜めている。エンジニアたちは、Uberが事故後に「過剰に修正した」と感じており、「...死亡事故の前の時代に戻りたい」と、あるメンバーは同紙に語っている。

Uberは、自動運転車の安全性への公約を断固として守ってきた。「我々はただソフトウェアを作って、それを道路に放り出して、それがどう動くかを見ているだけではありません。私たちが作るものはすべて、(ソフトウェアの安全性の)検証において厳格なものでなければなりません」と、自動運転車部門の最高責任者であるエリック・メイホーファーは、同紙に語っている。「それがフラストレーションの原因になることもあるし、私もそれを目の当たりにしている」。

ジョン・トマソンは先週、3年間、自律走行チームのソフトウェアエンジニアリングの責任者を務めていたUberを、AI企業Brain CorpのCTOポジションに移るために退社することを明らかにしたが、彼の別れの手紙の中で、チームはますます「本当の仕事ではないものの多くの層が泥沼化しており、最も陰湿なところでは、本当の仕事にさえつながらない活動が存在している」と述べている。

エクスペディアの元CEOであるコスロシャヒがユニットの説明責任を果たすことができるかどうかについて、ユニット内の従業員は懐疑的だとジ・インフォメーション紙は説明している。

4月に辞めた元最高技術責任者(CTO)のトゥアム・ファムは、過去2年間、Uberの技術開発の進捗状況について「定期的に懸念を表明していた」と同紙に語った。観察可能なすべての尺度から見て、なぜこれが進歩していないのか、なぜ説明責任や透明性がないのか、私には理解できない」。

コスロシャヒは報道についてコメントを拒否したが、メイホーファーは同氏を擁護し、「当社のマイルストーンやマイルストーンに向けた進捗状況を評価したり、どのようなマイルストーンについて考えるべきか、あるいはどのように当社の進捗状況を説明してほしいかを明確にするのに役立つ才覚を間違いなく持っている」と付け加えた。

メイホーファーは、昨年トヨタ主導のファンドから10億ドルの投資を受けた自動運転ユニットは、収益性の向上はまだ数年先であるため、外部の投資家から資金を調達する可能性が高いと述べたという。

Image by Uber.