ウクライナ戦争でビッグテックの力が試されている
2022年2月23日、ウクライナのキエフにおける夕方のラッシュアワーの交通量。グーグルが安全上のリスクを生じさせる懸念から、ウクライナ国内の交通情報の表示を停止する数日前。ロシアのウクライナ侵攻は、世界最大のテック企業にとって地政学的な決定的瞬間となった。同社のプラットフォームは並行する情報戦の主要な戦場となり、同社のデータとサービスは紛争に不可欠なリンクとなったからだ。(Brendan Hoffman/The New York Times)

ウクライナ戦争でビッグテックの力が試されている

ロシアのウクライナ侵攻は、世界最大のハイテク企業にとって地政学的な決定的瞬間となった。彼らのプラットフォームは情報戦の主要な戦場となり、彼らのデータとサービスは紛争の重要な要素となった。

ニューヨーク・タイムズ

【著者:Adam Satariano, Sheera Frenkel】ロシアのウクライナ侵攻は、世界最大のハイテク企業にとって地政学的な決定的瞬間となった。彼らのプラットフォームは、並行して起こる情報戦の主要な戦場となり、彼らのデータとサービスは紛争の重要な要素となったからである。

ここ数日、Google、Meta、Twitter、Telegramなどは、ウクライナ、ロシア、欧州連合、米国当局からのエスカレートする要求に挟まれ、その力をどう行使するかに苦慮することを余儀なくされている。

26日には、ウクライナの指導者がApple、Meta、Googleに対して、ロシア国内でのサービスを制限するよう嘆願した。その後、GoogleとFacebookを所有するMetaは、ロシアの国営メディアが彼らのプラットフォームで広告を販売することを禁じた。また、GoogleのCEOであるスンダル・ピチャイは、ロシアの偽情報に対抗する方法を巡ってEUのトップと会談した。

同時に、ロシアとウクライナで広く使われているメッセージングアプリのTelegramは、誤情報が横行しているため、戦争に関連するチャンネルを閉鎖すると脅した。さらに1日には、Twitterがロシアの国営メディアへのリンクを含むすべての投稿にラベルを付けると発表し、Metaは戦争のプロパガンダを防ぐため、EU全域でこれらのメディアへのアクセスを制限すると発表した。

この記事は有料会員のみご覧いただけます

購読する
既にアカウントをお持ちの方 ログイン