Unity Technologiesは24日(現地時間)、新規株式公開を申請した。UnityのIPOの噂は以前からあったが、今回、同社は米国証券取引委員会にS-1様式登録届出書を提出した。Unityは初めて財務状況を公開した。

サンフランシスコのゲームエンジン「Unity」のメーカーであるUnityは、2019年には、月間150万人のアクティブユーザー(開発者)がゲームやその他のコンテンツを作成するために使用し、5億4,180万ドルの収益と1億6,320万ドルの損失を報告していた。2018年は3億8,870万ドルの収益で1億3,160万ドルの損失を計上していた。

Unityで作られたソフトウェアは、15億台以上のデバイスで動作している。Unityはゲーム業界で最も重要な技術の1つ。Apple App StoreやGoogle Playでは、モバイルゲームのトップ1,000のうち53%を占めている。

Unityは、モバイルゲーム、PCゲーム、コンソールゲームの50%以上に同社のプラットフォームが使用されていると述べている。Unityのライバルには、Epic GamesのUnreal Engineや、Cocos2dのようなより特殊なエンジンが含まれている。Unityは、ゲームやテレビコマーシャルやアニメーション映画などのエンターテイメント分野で290億ドルの市場があると考えている。

2020年上半期は、Unityは2019年の3億5,530万ドルの収益で5,410万ドルの損失を計上したが、2019年上半期では、2億5,270万ドルの収益で6,700万ドルの損失を計上していた。全体では、Unityはこれまでに5億6930万ドルの累計損失を出している。

Unreal Engineとの競争

UnityはUnreal Engineとの厳しい競争に直面しており、Unreal Engineは、EpicがFortniteで成功を収めたことでモメンタムを得ている。GamesBeatによると、2019年、Epic Gamesは42億ドルの収益で7億3000万ドルの収益を報告。Epicは最近、173億ドルの評価額でいくつかの資金調達ラウンドを調達した。その中には、同社に1.4%の株式を保有するSonyからの2億5,000万ドルも含まれている。

Unityによると、同社のエンジンはゲームや他のアプリに顧客がおり、月間30億ダウンロードされているという。同社によると、開発者は190カ国で毎日約15万件の新規プロジェクトを開始しているという。ゲームは、『Fall Guys: Ultimate Knockout』のような陽気なものから、『Ori and the Will of the Wisps』のような神秘的なものまで多岐にわたります。

Unity ゲーム エンジンは、その起源がUnrealとは異なる。創設者のDavid Helgason、Nicholas Francis、Joachim Anteは、2004 年にゲーム会社としてUnityをスタートさせた。彼らの最初のゲームは失敗に終わったが、ゲーム開発を簡素化するために作ったツールが商業的なチャンスであることに気付き、ゲーム開発を「民主化する」というミッションに舵を切った。2Dと3Dの両方のコンテンツを対象とし、特に駆け出しのモバイルゲーム業界をターゲットにしていた。2007年にiPhoneが発売されると、Unityはテイクオフを開始した。現在では、ゲーム開発者の関心は、より高品質な制作物やツールへと移行しており、それがPCやコンソールにフォーカスしたUnreal Engineに競争力を与えている。Unityはローエンドに強く、Epic Games はハイエンドで確固たる地位を築いた。

ゲームエンジンは、開発者が時間を節約することを可能にするため、不可欠の存在になりつつある。開発者はエンジンのために一度ゲームを書き、エンジンがコードを変換して様々なプラットフォームで動作するようにしている。2014年にはHelgasonの後任として、元エレクトロニック・アーツCEOのJohn RiccitielloがCEOに就任した。最近では、Unityはゲーム業界にとどまらず、他のエンターテイメントにも進出しており、Digital Monarch Media、DeltaDNA、Vivox、Artomatix、Codice Softwareなどの企業を買収している。全体で見ると、Unityは2019年に入ってから8社、2011年からは十数社を買収していることになる。

S1によると、Unityは2019年にVivoxを買収するために現金と株式で1億2340万ドルを支払い、DeltaDNAのために現金と株式で5,310万ドルを支払い、Artomatixのために4880万ドルの現金と株式を支払った。2020年には、UnityはFinger Food Studiosに現金と株式で4680万ドルを支払った。

顧客には、ゲーム開発者、アーティスト、建築家、映画製作者、自動車デザイナーなどが含まれる。Unityは、2020年上半期の売上高が10万ドル以上の顧客が515社あると指摘した。同社は、新規顧客の獲得だけでなく、顧客とのクロスセルやサブスクリプションの拡大を図る能力が業績の鍵を握っているとしている。収入の約76%は米国外からのもの。

一方、Unityは高いバリュエーションで資金を調達してきた。2019年5月、Unityはそれ以前に調達した6億ドルに加え、60億ドルのバリュエーションで1億5000万ドルを調達した。Unityは研究開発に多額の投資を行っており、過去2会計年度には4億5,000万ドル以上を投資している。

Unityの大株主には、24.1%を所有するSequoia Capitalが含まれ、Silver Lake Partnersの関連会社が18.2%、J.A. Technologiesが8.2%と続いている。Unityはこの資金を自社の財務の柔軟性と一般的な企業目的のために使用するほか、信用枠からの1億2500万ドルの負債を返済する予定だ。Riccitiello氏は同社の0.4%、Helgason氏は4.4%を所有している。

同社は、ゲームはメディアの中でも急速に成長し続けている分野であり、ゲーム開発者は自社で独自のゲームエンジンを開発するよりも、Unityのような外部ソリューションに目を向けるようになっていると指摘している。

リスク要因としては、Unityは過去に損失を出したことがあり、「将来的に収益性を達成できない、または維持できない可能性がある」と述べているほか、事業の歴史も限られている。また、新産業への進出ができず、市場が競争にさらされたままでは、成長が限定的になる可能性がある。ユニティは「新興成長企業」として認定されているため、報告要件はそれほど多くありません。例えば、IPO登録には2年間の財務データを含める必要がある。ユニティは、IPOプロセスの更なるステップを経た後に資金を調達する予定であるため、まだ資金調達額については明らかにしていない。

S1によると、6月30日現在、Unityの現金残高は4億5,320万ドル、総資産は12億9,000万ドル。Unityによると、2020年の上半期には、1日に1万5,000件以上の新規プロジェクトがエンジン上で開始されたという。Unityをベースにしたゲームをプレイしているプレイヤーは、2020年6月30日に終了した6ヶ月間に、1ヶ月あたり80億時間以上のゲームプレイを記録した。Unityの開発者は、同じ半年間に月に8,000本以上のゲームやアプリを作成した。