クレディ・スイスの情報漏洩でいかに独裁者やスパイにサービスを提供したかが露見

【ニューヨーク・タイムズ】クレディ・スイス銀行のデータが流出し、国家元首、情報機関の幹部、制裁を受けたビジネスマン、人権侵害者などのために、銀行が数億ドルを保有していたことが明らかになった。

クレディ・スイスの情報漏洩でいかに独裁者やスパイにサービスを提供したかが露見
2021年11月1日(月)、スイスのチューリッヒにあるクレディ・スイス・グループAG本社の外にあるロゴマーク。Photographer: Thi My Lien Nguyen/Bloomberg

【ニューヨーク・タイムズ、著者:Jesse Drucker, Ben Hubbard】スイスの銀行の顧客名簿は、世界で最も厳重に守られている秘密の一つであり、世界の大富豪たちの身元や、彼らがどのようにして財産を築いたかを知る手がかりとなっている。

世界で最も有名な銀行のひとつであるクレディ・スイス銀行のデータが流出し、国家元首、情報機関の幹部、制裁を受けたビジネスマン、人権侵害者などのために、銀行が数億ドルを保有していたことが明らかになった。

自称内部告発者は、総額1,000億ドル以上を保有する1万8,000以上の銀行口座のデータを、ドイツの新聞「南ドイツ新聞」にリークした。同紙はこのデータを、非営利のジャーナリズム団体「Organized Crime and Corruption Reporting Project」と、ニューヨーク・タイムズをはじめとする世界の46の報道機関と共有した。

このデータは、1940年代から2010年代までに開設された口座を対象としているが、同銀行の現在の業務は含まれていない。

クレディ・スイスの口座に数百万ドル相当の金額を保有していると記載されている人の中には、ヨルダンのアブドラ2世や、エジプトの元大物政治家ホスニ・ムバラクの2人の息子などが含まれている。他にも、1980年代に米国などからアフガニスタンのムジャーヒディーンに数十億ドルの資金を流したパキスタンの情報機関の長官の息子や、長期にわたる汚職スキャンダルに巻き込まれたベネズエラの政府関係者などが口座を持っている。

クレディ・スイスは、超富裕層だけでなく、検索エンジンで名前を調べれば誰でもわかるような問題を抱えた人々にも口座を開設し、サービスを提供し続けていたことが今回のリークで明らかになった。

スイスの銀行は長い間、犯罪行為に関連したお金を受け取ることを法的に禁止されてきたと、スイスのマネーロンダリング防止機関の元責任者であるダニエル・テレスクラフ氏は言う。しかし、この法律は一般的に施行されていないという。

同銀行の広報担当者であるキャンディス・サンは、「クレディ・スイスは、同銀行のビジネス慣行とされる疑惑や推論を強く否定する」との声明を発表した。また、流出した口座の多くは、数十年前にさかのぼり、「金融機関に対する法律、慣行、期待が現在とは大きく異なっていた時代」のものであると述べている。

サンは、クレディ・スイスが特定の顧客についてコメントすることはできないが、流出したデータベースで特定された口座の多くはすでに閉鎖されていると述べている。「残りの有効な口座については、保留中の口座閉鎖を含め、適切なデューデリジェンス、レビュー、その他の管理関連の措置が取られたと確信している」と述べている。

サンは、今回の情報流出は、「当行と、ここ数年で大きな変化を遂げたスイスの金融市場の信用を失墜させるための協調的な取り組みの一環であるようだ」と付け加えた。

今回のリークは、2016年のいわゆる「パナマ文書」、2017年の「パラダイス文書」、昨年の「パンドラ文書」に続くものだ。これらはいずれも、銀行、法律事務所、オフショアの金融サービスプロバイダーの秘密の仕組みに光を当てたもので、犯罪で告発された人を含む富裕層や機関が、主に徴税者や法執行機関の目の届かないところで巨額の資金を動かすことを可能にしている。

今回の情報公開により、スイスの銀行業界、特にクレディ・スイスに対する法的・政治的な監視が強化されることになりそうだ。クレディ・スイスは、2人のトップ・エグゼクティブが突然解任されたことで、すでに動揺している。

スイスには銀行機密法という鉄壁の法律があり、昔からお金を隠そうとする人たちの天国となっている。この10年間、スイスの大手銀行、特にクレディ・スイスとUBSの2大銀行は、脱税やマネーロンダリングなどの犯罪を取り締まる米国などの当局の標的となってきた。

2014年、クレディ・スイスは、米国人の虚偽の納税申告を支援することを共謀した罪を認め、総額26億ドルの罰金、違約金、返還金の支払いに合意した。

その3年後には、住宅ローン担保証券の販売に関する疑惑を解決するため、司法省に53億ドルを支払った。昨年秋には、モザンビークでのリベートおよび贈収賄スキームに関する調査を解決するため、米国および英国当局に4億7500万ドルを支払うことに合意した。さらに今月、クレディ・スイスが麻薬密売人に数百万ユーロの資金洗浄をさせていたとして、スイスで裁判が行われた。

司法省と上院財務委員会は、米国市民がクレディ・スイスに申告されていない口座を持ち続けているかどうかについても調査している。

銀行の元職員と他の元職員の弁護士が昨年提出した内部告発訴訟によると、クレディ・スイスの複数の元職員が昨年末、連邦検察官に対し、2014年の有罪答弁の後も銀行が顧客のために数億ドルを隠し続けていたと語っている。(この訴訟は、米国市民が保有するスイス銀行口座への対応について、司法省が「クレディ・スイスとの継続的な協議を妨げる恐れがある」としたため、却下された)。

メディアコンソーシアムは、今回のリークを「スイスの秘密(Suisse Secrets)」と呼んでいる。対象となる18,000以上の銀行口座のうち、約100人の米国市民が口座を持っていたが、いずれも公人ではない。

最大の発見は、クレディ・スイスが、銀行職員が顧客の財務に関する疑わしい活動を指摘した後も、顧客との取引を続けていたことだ。

口座開設者の中には、ベネズエラの元電気エネルギー担当副大臣ネルビス・ヴィラロボスもいた。

クレディ・スイスのコンプライアンス部門の従業員は、彼との取引を警戒する理由があった。メディアコンソーシアムが入手したスペイン警察の報告書によると、同銀行には、ヴィラロボスとベネズエラの国営石油会社ペトロレオス・デ・ベネズエラが関与する汚職疑惑を詳細に記した、外部のデューデリジェンス会社による2008年の報告書があった(ニューヨーク・タイムズはこの報告書を確認した)。

それにもかかわらず、クレディ・スイスは2011年に同氏のために口座を開設していたことが、流出した銀行データで明らかになっている。2013年に閉鎖されたこの口座には、1,000万ドルもの資金があったという。

2017年に司法省から刑事告発されたヴィラロボスの弁護士は、コメントを求められても応じなかった。

全部で25のクレディ・スイスの口座があり、合計で約2億7,000万ドルが入っていたが、ベネズエラの石油会社をめぐる広範な陰謀に関与したと告発された人々のものだった。これらの口座は、スキャンダルが公になった後も開設されていたが、刑事告発が行われるまでに閉鎖された。

また、同銀行は、ムガベ政権との関係を理由に米国や欧州の当局から制裁を受けたジンバブエのビジネスマンの口座も保持していた。これらの口座は、制裁措置がとられた後も数ヶ月間にわたって開設されていた。

今回流出した銀行情報には、中東やその他の地域の政府関係者につながる多くの口座が含まれている。これらのデータは、公務員とその親族が、汚職の蔓延する地域でどのようにして莫大な財産を築いたのかについて疑問を投げかけている。

エジプトのホスニ・ムバラク元大統領の息子であるアラア・ムバラクとガマル・ムバラクは、2003年に1億9600万ドル相当の口座を持つなど、さまざまな時点で合計6つの口座を保有していた。

ムバラク夫妻の弁護士は、タイムズ紙への声明の中で、具体的な口座についてのコメントは避けたが、ムバラク夫妻の資産が「何らかの違法性に汚染されていたり、何らかの優遇措置や影響力の行使の結果」であるという指摘は、「根拠のない中傷」であると述べている。

声明によると、彼らが保有していた資産はすべて、「成功したプロのビジネス活動」によるものだった。

リークの中では数少ない政権を維持しているヨルダンのアブドラ2世は、残高が2億2.400万円を超えるものを含む6つの口座を持っていた。

ヨルダンの王立ハシェミット裁判所は、銀行口座に関連して「違法または不適切な行為」はなかったと声明を出した。これらの銀行口座には、国王の私財の一部が保管されており、その使途は、個人的な支出、ヨルダン人を支援するための王室プロジェクト、国王が管理者を務めるエルサレムのイスラム聖地の維持などだ。

また、対テロ戦争で米国に協力した数カ国の情報機関の幹部とその子孫もクレディ・スイスに資金を隠し持っていた。

パキスタンの情報機関のトップであったアクタル・アブドゥル・ラーマン・カーン将軍は、ソ連との戦いを支援するために、米国や他国からアフガニスタンのムジャーヒディーンに数十億ドルの現金やその他の援助を流すことに貢献した。

ロナルド・レーガン大統領がアフガニスタンへの援助の監視強化を呼びかけた1985年に、カーンの息子3人の名前で口座が開設された(将軍は援助金を盗んだ罪には問われなかった)。数年後、その口座は370万ドルに膨れ上がっていたことが、今回流出した記録で明らかになった。

将軍の息子であるアクバルとハルーン・カーンの2人は、取材班のコメントを求めても応じなかった。三男のガジ・カーンはテキストメッセージで、口座に関する情報を「正しくない」とし、「内容は憶測に過ぎない」と付け加えた。

米国がイラクに侵攻してフセイン政権を倒した2003年、ヨルダンの情報機関のトップであるサード・カイルは、最終的に2,160万ドルを保有することになる口座を開設した。

この口座は、2009年にカイルが亡くなった後に閉鎖された。

また、ムバラク政権下で長年にわたって残忍なスパイ活動を行ってきたオマール・スレイマンの家族も口座を持っていた。スレイマンは2012年に亡くなった。家族に連絡を取ろうとしたが、うまくいかなかった。

追記

今回流出した記録は、1年以上前にドイツの南ドイツ新聞に正体不明の内部告発者から提供されたものである。このプロジェクトに協力していた数十の報道機関のうち、スイスに拠点を置くものはなかった。スイスでは、2015年に制定された法律により、ジャーナリストが銀行の内部データに基づいて記事を書くことが制限されている。

この内部告発者は、メディアコンソーシアムへの声明の中で、スイスの銀行機密法は「不道徳」だと述べている。

「金融機関のプライバシーを守るという口実は、脱税者の協力者としてのスイスの銀行の恥ずべき役割を隠すためのイチジクの葉にすぎない」と内部告発者は述べている。

Original Article: Vast Leak Exposes How Credit Suisse Served Strongmen and Spies. © 2022 The New York Times Company.

Read more

新たなスエズ危機に直面する米海軍[英エコノミスト]

新たなスエズ危機に直面する米海軍[英エコノミスト]

世界が繁栄するためには、船が港に到着しなければならない。マラッカ海峡やパナマ運河のような狭い航路を通過するとき、船舶は最も脆弱になる。そのため、スエズ運河への唯一の南側航路である紅海で最近急増している船舶への攻撃は、世界貿易にとって重大な脅威となっている。イランに支援されたイエメンの過激派フーシ派は、表向きはパレスチナ人を支援するために、35カ国以上につながる船舶に向けて100機以上の無人機やミサイルを発射した。彼らのキャンペーンは、黒海から南シナ海まですでに危険にさらされている航行の自由の原則に対する冒涜である。アメリカとその同盟国は、中東での紛争をエスカレートさせることなく、この問題にしっかりと対処しなければならない。 世界のコンテナ輸送量の20%、海上貿易の10%、海上ガスと石油の8~10%が紅海とスエズルートを通過している。数週間の騒乱の後、世界の5大コンテナ船会社のうち4社が紅海とスエズ航路の航海を停止し、BPは石油の出荷を一時停止した。十分な供給があるため、エネルギー価格への影響は軽微である。しかし、コンテナ会社の株価は、投資家が輸送能力の縮小を予想している

By エコノミスト(英国)
新型ジェットエンジンが超音速飛行を復活させる可能性[英エコノミスト]

新型ジェットエンジンが超音速飛行を復活させる可能性[英エコノミスト]

1960年代以来、世界中のエンジニアが回転デトネーションエンジン(RDE)と呼ばれる新しいタイプのジェット機を研究してきたが、実験段階を超えることはなかった。世界最大のジェットエンジン製造会社のひとつであるジー・エアロスペースは最近、実用版を開発中であると発表した。今年初め、米国の国防高等研究計画局は、同じく大手航空宇宙グループであるRTX傘下のレイセオンに対し、ガンビットと呼ばれるRDEを開発するために2900万ドルの契約を結んだ。 両エンジンはミサイルの推進に使用され、ロケットや既存のジェットエンジンなど、現在の推進システムの航続距離や速度の限界を克服する。しかし、もし両社が実用化に成功すれば、超音速飛行を復活させる可能性も含め、RDEは航空分野でより幅広い役割を果たすことになるかもしれない。 中央フロリダ大学の先端航空宇宙エンジンの専門家であるカリーム・アーメッドは、RDEとは「火を制御された爆発に置き換える」ものだと説明する。専門用語で言えば、ジェットエンジンは酸素と燃料の燃焼に依存しており、これは科学者が消炎と呼ぶ亜音速の反応だからだ。それに比べてデトネーシ

By エコノミスト(英国)
ビッグテックと地政学がインターネットを作り変える[英エコノミスト]

ビッグテックと地政学がインターネットを作り変える[英エコノミスト]

今月初め、イギリス、エストニア、フィンランドの海軍がバルト海で合同演習を行った際、その目的は戦闘技術を磨くことではなかった。その代わり、海底のガスやデータのパイプラインを妨害行為から守るための訓練が行われた。今回の訓練は、10月に同海域の海底ケーブルが破損した事件を受けたものだ。フィンランド大統領のサウリ・ニーニストは、このいたずらの原因とされた中国船が海底にいかりを引きずった事故について、「意図的なのか、それとも極めて稚拙な技術の結果なのか」と疑問を呈した。 海底ケーブルはかつて、インターネットの退屈な配管と見なされていた。現在、アマゾン、グーグル、メタ、マイクロソフトといったデータ経済の巨人たちは、中国と米国の緊張が世界のデジタルインフラを分断する危険性をはらんでいるにもかかわらず、データの流れをよりコントロールすることを主張している。その結果、海底ケーブルは貴重な経済的・戦略的資産へと変貌を遂げようとしている。 海底データパイプは、大陸間インターネットトラフィックのほぼ99%を運んでいる。調査会社TeleGeographyによると、現在550本の海底ケーブルが活動

By エコノミスト(英国)