要約

仮想世界は、社会的交流、教育活動、精神的・芸術的な追求が行うことができる空間である。設計者は独自の仮想通貨とゲーム内経済をデザインする。開発者は、現実の経済システムの落とし穴を回避するため、成功する可能性のある新しい種類の市場を仮想世界の中に創造し、試すことができる。これは経済を飛躍的に進歩させる可能性がある。

仮想経済をどのようにデザインするのがベストなのか

『バーチャル・エコノミーズ:デザインと分析』(仮想経済:デザインと分析)は、経済がいかに学術的な定義をはるかに超えたものであるか、そして仮想世界経済がいかに現実世界の経済の問題を再考する出発点となりうるかについて、包括的で示唆に富む見解を提供している。これは、ダイナミックで時宜を得たトピックへの優れた理解しやすいアプローチだ。

『ヴァーチャルエコノミーズ』では、Vili LehdonvirtaとEdward Castronovaは、デジタルゲームにおける仮想経済のデザインを、現実世界の経済問題を再考するための出発点として使用している。仮想世界経済は、学界、政府、一般社会の間で、徐々に有形で現実的なものとして受け入れられつつある。仮想世界経済をどのようにデザインするのがベストなのか、このような魅力的な本を作ることで、著者は、経済学は楽しくて面白いものであり、これがより学術的に注目される価値のあるトピックであることを示している。

『セカンドライフ』のような仮想世界は、その世界に入る人に多くの可能性を提供する。これらの世界の住人は、そこでの生活を円滑にするために現実世界のお金を使うことができますし、実際に使うこともできる。仮想世界は、社会的交流、教育活動、精神的・芸術的な追求が行われることができる現実の空間であり、現在の空間である。より洗練された仮想世界の多くは、居住者に独自の経済システムを提供しています。セカンドライフには、独自の両替所、独自の通貨(リンデンドル)、そして繁栄する経済がある。

LehdonvirtaとCastronovaは、新しい仮想世界とその経済システムを作成する際のゲームデザイナーのためのグッドプラクティスのツールキットの概要を説明している。これを出発点として使用し、確立された現実世界の経済システムの落とし穴を回避することで、開発者は、時間の経過とともに現実世界の経済よりも成功する可能性のある新しい種類の市場を作成することができる。

近年、メディアはビットコインなどの暗号通貨の成長を取り上げているが、この報道は主に、新しい通貨がもたらす経済的なメリットよりも、取引所の犯罪や詐欺的な側面を取り上げている。本書の「お金」の章では、LehdonvirtaとCastronovaは、デジタル通貨の強みが弱みでもあることを示している。ビットコインは規制されていない仮想通貨だが、その価値は供給量に直結している。取引所の面では、この通貨の"周辺"で犯罪行為が行われているが、ビットコインは比較的安全な通貨だ。そのアプリケーションはまた、競争力があり、さまざまな通貨機能を統合することができ、最も重要なのは、通貨の革新を提供する通貨の作成において、他の仮想通貨デザイナーを導くことができる。

仮想世界通貨の必要性を理解するためには、仮想世界に入ってしばらくの間、そこに「住む」ことをお勧めする(『あつまれ どうぶつの森』がおすすめだ)。他の「住人」が違う服を着ていたり、外見を変える能力を持っていたり、違う力や能力を持っていたり、家を個別に調度することができることにすぐに気づくでしょう。基本的な世界へのこれらの適応のすべては、貨幣システムを持つことによって作成される。お金や経済がなければ、仮想世界は開発者が住民の間で少しの違いを持って作成した当たり障りのない環境になってしまう。バーチャルワールドの本質は、ユーザーに合わせて世界をカスタマイズする能力です。お金のない仮想世界では、昔ながらの「物々交換」システムに頼らなければならない。現実世界と同じように、物々交換はお金の必要性を生み出す前兆である。

Image: "THIS is CNN" by kjarrett is licensed under CC BY 2.0

LehdonvirtaとCastronovaの仮想世界で効果的なお金をデザインする方法の例は、シンプルでありながら非常に効果的である。彼らは、リアルマネーとバーチャルマネーの間に違いはないと爽やかに提唱している。「米ドルもWorld of Warcraftのコインも不換紙幣(フィアット)である」。仮想世界のお金はデジタルなお金の一形態に過ぎないと受け入れることで、著者は仮想通貨の管理と規制に対する現実的なアプローチを提供している。

著者らは「なぜ現実世界には仮想経済のデザインが必要なのか」の章で楽観的なアプローチをとり、失敗している現実世界の経済を助けるために仮想経済をどのように利用できるかを論じている。LehdonvirtaとCatronovaは、金融危機、停滞、貧困、環境の問題を、現在の経済モデルの考え方と応用の欠陥の例として指摘している。彼らは、仮想世界内の精神的・社会的基盤を利用して、現実世界への影響を検討している。