デジタル経済

デジタル変革の時代において、人と企業がどのように働き、交流し、繁栄していくかを探求しています。

ニューヨーク・タイムズ
無料会員 公開

ソフトウェアが競争を阻害しイノベーションを遅らせる理由

技術系起業家から学者に転身した人物が、シリコンバレーの「ディスラプション神話」に挑んでいる。彼は、大企業はライバルに対してソフトウェアの堀を築いたと主張する。

編集部
無料会員 公開

AIが中国経済に年間6,000億ドルをもたらすとマッキンゼーが予測

マッキンゼー・アンド・カンパニーは、AI技術を完全に商業化する取り組みは、中国本土で今後10年間で次々と結実し、国内総生産(GDP)の3.7%、つまり6,000億ドルに相当する価値を提供すると予想している。

ブルームバーグ
無料会員 公開

クリエイターエコノミーで生計を立てられるか?

クリエイターエコノミーでは、少数の勝者は儲かるかもしれない。しかし、ほとんどのクリエイターは複数の収入源をつなぎ合わせなければならない。

ブルームバーグ
無料会員 公開

デジタル中古車販売プラットフォームが消費冷え込みで窮地に立たされる

消費者心理の冷え込みが需要の低下を招き、オンライン中古車販売プラットフォームのカーバナは大量の車両の移動と保管に苦心した。そこにコロナで減少した従業員が加わり、事態はさらに悪化している。

ニューヨーク・タイムズ
無料会員 公開

静かな盛り上がりを見せるテック都市トロント

テキサス州オースティンやマイアミといった場所で成長中のハイテク産業が盛り上がっているが、最大の拡張はカナダ最大の都市で行われている。大手テック企業とAI新興企業にとってトロントは重要なハブになりつつある。

吉田拓史
無料会員 公開

中国デジタル経済はピークに近づいているか?

中国のデジタル経済はピークに近づいているか注視が必要だ。同国でのベンチャーキャピタル投資はすでにモバイルインターネットを離れ、半導体やEV、電池、再エネ等の別ジャンルを開拓している。

吉田拓史
無料会員 公開

ウクライナ侵攻が中銀デジタル通貨開発を促進する

SWIFTは米国が国境を越えた資金の流れを監視できる「金融パノプティコン」の側面を持つ。中国やその他の国がこの覇権を回避するために講じた方策の中で最新のものが、CBDCだ。

エコノミスト(英国)
無料会員 公開

GAFAMが巨額投資するのは何か?

企業のトップが投資家に好印象を与えようとするとき、「i」という言葉を使うことが多くなっている。S&P500企業の決算説明会では、「イノベーション」という言葉が過去10年間でほぼ2倍に増えている。そして、テクノロジー企業ほどイノベーションについて語る企業は他にない。プリンターとパソコンのメーカーであるヒューレット・パッカードにとって、イノベーションは、不動産業者にとっての「場所」やトニー・ブレアにとっての「教育」のように、3回続けて言わなければならないほど重要なものとなっていることがある。 この10年間、一部の批評家は、テクノロジー業界は十分なイノベーションを実現できていないと考えていた。アップルのトップであるティム・クックは、新しいiPhoneやMacなどのデバイスやサービスのリリースにより、2020年は同社にとって「これまでで最高のイノベーションの年」と語った。クックは製品やサービスが批評家の言い分をはねのけるのに十分だと感じることができた。これらの製品が可能にしたこと、そしてそれを簡単に実現できることは、驚くべき成果であった。確かに、コンピューティングパワーは増え続け、ソフトウェ

吉田拓史
無料会員 公開

配車AIは乗客がiPhoneを使っていると値段をつり上げる?

いくつかの研究や報道では、配車企業は乗車履歴や使用している電話機などの要因によって、顧客に対して異なる価格を提示している可能性があるとしている。

吉田拓史
無料会員 公開

ポスト・パンデミックにおける米テクノロジー経済の地理学

テクノロジー経済はサンフランシスコやニューヨークといった超一流の拠点に依然として集中している。この2つの巨大ハブで全体の85%の投資額を賄っている。都市経済学者リチャード・フロリダによる寄稿の翻訳。

吉田拓史
無料会員 公開

インド、デジタル経済の急成長が続行中

インドのインターネット経済は、インターネットの普及とデジタルコンテンツの消費の拡大に後押しされ、2030年までに1兆ドルに達する可能性がある。

吉田拓史
無料会員 公開

スポーツベッティング合法化の波に乗る英ギャンブル帝国

スマートフォンを使ったスポーツベッティングはパンデミックとともに世界中に驚くべき速度で浸透している。欧州の巨大ギャンブル企業は合法化が進む米国に大きな機会を見出している。