デジタル経済

デジタル変革の時代において、人と企業がどのように働き、交流し、繁栄していくかを探求しています。

ニューヨーク・タイムズ
無料会員 公開

静かな盛り上がりを見せるテック都市トロント

テキサス州オースティンやマイアミといった場所で成長中のハイテク産業が盛り上がっているが、最大の拡張はカナダ最大の都市で行われている。大手テック企業とAI新興企業にとってトロントは重要なハブになりつつある。

吉田拓史
無料会員 公開

中国デジタル経済はピークに近づいているか?

中国のデジタル経済はピークに近づいているか注視が必要だ。同国でのベンチャーキャピタル投資はすでにモバイルインターネットを離れ、半導体やEV、電池、再エネ等の別ジャンルを開拓している。

吉田拓史
無料会員 公開

ウクライナ侵攻が中銀デジタル通貨開発を促進する

SWIFTは米国が国境を越えた資金の流れを監視できる「金融パノプティコン」の側面を持つ。中国やその他の国がこの覇権を回避するために講じた方策の中で最新のものが、CBDCだ。

エコノミスト(英国)
無料会員 公開

GAFAMが巨額投資するのは何か?

企業のトップが投資家に好印象を与えようとするとき、「i」という言葉を使うことが多くなっている。S&P500企業の決算説明会では、「イノベーション」という言葉が過去10年間でほぼ2倍に増えている。そして、テクノロジー企業ほどイノベーションについて語る企業は他にない。プリンターとパソコンのメーカーであるヒューレット・パッカードにとって、イノベーションは、不動産業者にとっての「場所」やトニー・ブレアにとっての「教育」のように、3回続けて言わなければならないほど重要なものとなっていることがある。 この10年間、一部の批評家は、テクノロジー業界は十分なイノベーションを実現できていないと考えていた。アップルのトップであるティム・クックは、新しいiPhoneやMacなどのデバイスやサービスのリリースにより、2020年は同社にとって「これまでで最高のイノベーションの年」と語った。クックは製品やサービスが批評家の言い分をはねのけるのに十分だと感じることができた。これらの製品が可能にしたこと、そしてそれを簡単に実現できることは、驚くべき成果であった。確かに、コンピューティングパワーは増え続け、ソフトウェアはより多くのことをこなし続けている。しかし、空飛ぶ車、ロボットの歩兵、心を通わせるヘッドセットなどはどうなったのだろうか? 2020年、米下院反トラスト小委員会の報告書は、ハイテク企業の支配が「イノベーションを著しく弱体化」させたと主張した。巨大企業は、ネットワーク効果によって大きな利益を得ており、多くのユーザーを獲得することが新規ユーザーを増やす最善の方法である。このような「キラー買収」

吉田拓史
無料会員 公開

配車AIは乗客がiPhoneを使っていると値段をつり上げる?

いくつかの研究や報道では、配車企業は乗車履歴や使用している電話機などの要因によって、顧客に対して異なる価格を提示している可能性があるとしている。

吉田拓史
無料会員 公開

ポスト・パンデミックにおける米テクノロジー経済の地理学

テクノロジー経済はサンフランシスコやニューヨークといった超一流の拠点に依然として集中している。この2つの巨大ハブで全体の85%の投資額を賄っている。都市経済学者リチャード・フロリダによる寄稿の翻訳。

吉田拓史
無料会員 公開

インド、デジタル経済の急成長が続行中

インドのインターネット経済は、インターネットの普及とデジタルコンテンツの消費の拡大に後押しされ、2030年までに1兆ドルに達する可能性がある。

吉田拓史
無料会員 公開

スポーツベッティング合法化の波に乗る英ギャンブル帝国

スマートフォンを使ったスポーツベッティングはパンデミックとともに世界中に驚くべき速度で浸透している。欧州の巨大ギャンブル企業は合法化が進む米国に大きな機会を見出している。

吉田拓史
無料会員 公開

スポーツベッティングが米国で急成長

2018年に最高裁がこの業界の拡大に対する連邦政府の禁止措置を解除して以来、数十の州が合法化し、数十億ドル規模のベッティングブームが進行中だ。

吉田拓史
無料会員 公開

食料品宅配の「速度競争」がエスカレート

食料品宅配を15分で実現する「インスタントデリバリー」の登場は元々激しかった競争をさらに激化させた。大量のVCマネーが飛び交う血みどろの戦いを誰が生き残るか?

吉田拓史
無料会員 公開

韓国高齢者の間で「終のパートナー」探しの出会い系アプリ利用が人気

社会保障制度が未整備のまま高齢化社会へと突入し、多くの高齢者が貧困に苦しむ韓国で、高齢者が「終のパートナー」を探すためにマッチングアプリを使用するのが人気だ。

吉田拓史
無料会員 公開

不動産取引AI「iBuyers」が撃沈

不動産テック企業Zillowの自動化された住宅の売買「iBuyers」が過剰在庫を抱え、損失を出していることが明らかになった。iBuyersは不動産市場の救世主ではないことが一層明確になった。