ザッカーバーグが「メタバース社内会議」を開くもメタ社員の多くはVRヘッドセットを持っていなかった ― 報道
Licensed under the Unsplash+ License

ザッカーバーグが「メタバース社内会議」を開くもメタ社員の多くはVRヘッドセットを持っていなかった ― 報道

マーク・ザッカーバーグは、多くの従業員がVRヘッドセットを持っていないときに、Metaのチームに「メタバース・ミーティング」を開催し出席するように迫ったと、ニューヨーク・タイムズ(NYT)が9日に報じた。

吉田拓史

マーク・ザッカーバーグは、多くの従業員がVRヘッドセットを持っていないときに、Metaのチームに「メタバース・ミーティング」を開催し出席するように迫ったと、ニューヨーク・タイムズ(NYT)が9日に報じた

ザッカーバーグは今年、MetaのHorizon Workroomsアプリでミーティングを行うよう社員に伝えた。匿名の情報筋がNYTに語ったところによると、多くのMeta社員は今年、VRヘッドセットを持っていなかったという。そしてそれらの社員は、ザッカーバーグが気づく前に急いでヘッドセットを購入し、登録しなければならなかったと、情報筋はNYTに語っている。

Metaは、2021年8月にHorizon Workroomsの提供を開始した。Horizon Workroomsにアクセスするには、同社のVRヘッドセット「Meta Quest 2」を持っている必要がある。Metaは8月にQuest 2の価格を299ドルから399ドルへと100ドル値上げしている。

匿名の情報筋はNYTに対し、多くのMeta社員が今年、VRヘッドセットを持っていなかったり、セットアップに手が回らなかったりしたと語った。