VR

バーチャルリアリティ(VR)とは、現実世界と似ていたり、全く違ったりするシミュレートされた体験のことです。仮想現実のアプリケーションには、エンターテインメント(ビデオゲームなど)や教育目的(医療や軍事訓練など)が含まれます。VRスタイルの技術の他の明確なタイプには、拡張現実と混合現実があります。 現在の標準的なバーチャルリアリティシステムは、バーチャルリアリティヘッドセットまたはマルチプロジェクション環境のいずれかを使用して、仮想環境におけるユーザーの物理的な存在感をシミュレートするリアルな画像、サウンド、およびその他の感覚を生成します。バーチャルリアリティ機器を使用している人は、人工世界を見回したり、人工世界内を動き回ったり、仮想的な機能やアイテムと対話したりすることができます。この効果は、目の前に小さなスクリーンを備えたヘッドマウントディスプレイで構成されるVRヘッドセットによって一般的に生み出されますが、複数の大きなスクリーンを備えた特別に設計された部屋によっても生み出されます。

ブルームバーグ
無料会員 公開

Apple、AR/VRヘッドセットを取締役会に公開、重要プロジェクトの進展の兆し

米Appleの幹部が先週、同社の取締役会で次期複合現実型ヘッドセットをプレビューし、同デバイスの開発が先進的な段階に達していることを示したと、関係者が明らかにした。

編集部
無料会員 公開

メタの「メタバース実店舗」の狙いとは?

同社初の小売店は、MetaのVRおよびARに特化した開発が数多く行われているカリフォルニア州バーリンゲームに置かれ、一般の人がMetaのあらゆる物理的製品を試用して購入できるようにする。

エコノミスト(英国)
無料会員 公開

大手テックがVRヘッドセットに大金を積み上げる理由

9歳のラルフ・マイルズは、円盤のような目をして、ゆっくりと「Quest 2」のヘッドセットを取り出した。「別の銀河系にいるみたいだ!」と彼は叫ぶ。彼は今、ロンドンのデパートの家電売り場で静かに座っている間、耳をつんざくようなレーザー砲でエイリアンのロボットを吹き飛ばすのに10分ほど費やしたところだった。店員たちは商品の宣伝に忙しく走り回っている。ラルフは「これはすごい!」と感激している。ラルフの父が「あいつに気をつけろ」と警告する。 このカテゴリーには、完全没入型のVR(仮想現実)と、ユーザーの視界にコンピューター画像を重ね合わせるAR(拡張現実)という新しい技術が含まれる。ほぼすべての大手テクノロジー企業がVRやARのヘッドセットの開発を急いでおり、これまでニッチな市場であったものが、より大きなものになる可能性があると確信している。 Facebookの親会社であるMetaは、過去1年半の間にQuest 2を約1,000万台販売し、今年後半にはより高度なヘッドセットであるCambriaを発売する予定である。マイクロソフトは、より高価なHoloLens 2を企業向けに売り込んでいる。Appleは、年末近くに最初のヘッドセットを発表する予定であり、すでに次世代モデルを準備していると言われる。Googleは、Irisと呼ばれるゴーグルを開発中だ。また、バイトダンスからソニー、Snapに至るまで、多くの第2級テック企業が独自のアイウェアを販売または開発している。

フィナンシャル・タイムズ
無料会員 公開

マイクロソフトCEOのサティア・ナデラ、メタバースを語る

マイクロソフトCEO、サティア・ナデラがメタバースについて、フィナンシャル・タイムズのインタビューに応じた。テック業界のフロンティアを虎視眈々と狙うエンタープライズソフトウェアの雄の戦略とはなにか?

ブルームバーグ
無料会員 公開

メタのメタバースを率いるCTOアンドリュー・ボスワース

メタのメタバースを率いるCTOのアンドリュー・ボスワースを紹介。マーク・ザッカーバーグは、経営難に陥った同社が方向転換を図るにあたり、長年のバイスプレジデントで友人である彼をプロジェクトのリーダーに抜擢した。

吉田拓史
無料会員 公開

メタは「世界モデル」を伴うAIを作ろうとしている

メタは同社AI研究所のバーチャルイベントで、メタバースへの集中投資を再度アピールした。発表された仮想空間で様々な役割を担うAIからは、それらがより高度で多様な昨日を身につけることへの強い意欲を示された。

サイエンティフィック・アメリカン
無料会員 公開

メタバースの到来、我々はすでにその中にいるかもしれない

【サイエンティフィック・アメリカン】メタバースが到来しようとしており、我々はすでにその中にいるのかもしれない。『マトリックス』の世界のように、何が現実で何が現実でないのかを見分けられなくなる。

ニューヨーク・タイムズ
無料会員 公開

メタは2021年にメタバースに100億ドルを費やし、利益を引き下げた

【ニューヨーク・タイムズ】メタは2021年にメタバースに100億ドルを費やし、利益を引き下げた。マーク・ザッカーバーグは昨年、自分の会社がメタバースに全力で取り組むと言っている。

ニューヨーク・タイムズ
無料会員 公開

フェイスブックのメタへの変身に伴う苦痛

【ニューヨーク・タイムズ】フェイスブックはどうメタに変身するか。6万8,000人の従業員を抱えるSNS企業が理論的なメタバースへと移行したことで社内に混乱と不確実性が生じた。

ニューヨーク・タイムズ
無料会員 公開

そもそもメタバースとは何か?

【ニューヨーク・タイムズ】マイクロソフトはアクティビジョン・ブリザードを687億ドルで買収する理由として、メタバースを挙げている。それが何を意味するのか、説明しましょう。

編集部
無料会員 公開

メタ、AR / VR用のOS開発中止の報道を否定

メタはプロジェクトのリーダーがグーグルに移籍したことで、AR / VRデバイス用に独自のOSを構築するプロジェクトを中止したと報じられた。メタは事実無根と反論している。

吉田拓史
無料会員 公開

FTC、MetaによるVRアプリの買収に関する独禁調査を開始

米連邦取引委員会(FTC)はMetaの仮想現実(VR)企業のM&A取引の反トラスト調査を開始した。Metaがソーシャルメディアの覇権を固めたのと同じ構図になることを警戒しているようだ。