7月に開かれた世界最高峰のハッキングコンテスト「DEF CON」では、クアルコムのSnapdragon システムオンチップ(SoC)を搭載した数億台のスマートフォンのメーカーは、クアルコムによって導入された製品の数々のセキュリティ上の欠陥に対処する必要性があると勧告を受けました。

これらのソフトウェアレベルの脆弱性は、世界の携帯電話の40%以上に影響を与える可能性があることが明らかになっており、今週、その概要が発表されました。

Check Point ResearchのInfosec専門家はクアルコムのSnapdragonチップ・ファミリのデジタル信号処理(DSP)コアの制御に使用されているコードに400以上のプログラミング上の誤りが見つかったと報告しました。これらのエンジンは、膨大な数のAndroid携帯電話で画像や音声などの情報の処理を高速化しています。

DEF CONでこの脆弱性について語ったCheck Point ResearchのSlava Makkaveevによると、この欠陥はクアルコムのHexagon SDKにリンクしており、DSPエンジンをプログラムしてタスクを実行するために使用されています。

クアルコムのコードサイニング (Codesigning) 証明書の検証がバイパスされ、悪意のあるAndroidアプリがDSP上で任意の命令を実行し、その位置からデバイス全体を制御することができるようになっているようです。

技術的な詳細は公開されていませんが、ガジェット・メーカーがクアルコムの修正プログラムを実装して展開するまでに時間がかかるためです。Check Pointは、不正なアプリケーションがこの欠陥を悪用して、デバイスからデータを吸い上げたり、通信を盗聴したり、ハンドヘルドをクラッシュさせたり、任意のコードを実行したりする可能性があると主張しています。

特定されたすべてのバグが危険であるわけではありませんが、6つの個別の CVE を保証するには十分な数です。CVE-2020-11201、CVE-2020-11202、CVE-2020-11206、CVE-2020-11207、CVE-2020-11208、CVE-2020-11209 です。Check Pointでは、Qualcomm社のプローブを総称して「Achilles」と呼んでいますが、これは大量のCVEよりも記憶に残りやすいからです。

Image via Qualcomm