WhatsApp Payは、国内での決済サービスを開始する前に必要とされていた5つの保留中のデータローカリゼーションパラメータ(データ現地化要素)を満たしていると、National Payments Corporation of India (NPCI: インド決済公社)はインド準備銀行に伝えた。ET Techが報じた。

「WhatsAppはCERT-Inの監査報告書に基づいてデータのローカライズ要件を満たしており、我々はここにICICI銀行(WhatsAppのPSP銀行)にサービス開始の承認を与えます」とNPCIは6月5日付の書簡で述べている。

この書簡に基づき、中央銀行は先週、最高裁判所に宣誓供述書を提出し、「NPCIは、WhatsAppが2018年4月6日付けのインド準備銀行の『データローカリゼーションサーキュラー』の要件を完全に満たしているため、ICICI銀行にWhatsAppがUPI上で本番を開始することを承認すると述べていた」と述べた。

この宣誓供述書は、シンクタンクのCentre for Accountability and Systemic Change(CASC)の嘆願により提出された。裁判所はこの件について審問日を与え、最終的な決定を下すことになっている。

WhatsAppの広報担当者は次のように述べている。「NPCIは、WhatsAppがデータのローカライズに関するインド準備銀行の決済ガイドラインを遵守していることに満足していると理解しています。我々のチームはこの1年間、これらの基準を満たすために努力してきました」。

"Apps"by microsiervos is licensed under CC BY 2.0