Qアノンの仕掛け人の“指紋”を計算言語学者が発見

【ニューヨーク・タイムズ】計算言語学者の別々のチームが機械学習を用いて、匿名の"Q"によるメッセージの作者として、南アフリカのソフトウェア開発者のポール・ファーバーと、この運動のメッセージが掲載されているウェブサイトの運営者ロン・ワトキンスを特定した。

Qアノンの仕掛け人の“指紋”を計算言語学者が発見
ポール・ファーバー(左)とロン・ワトキンス(右)のイラスト。機械学習を用いて、法言語学者の別々のチームが、匿名の "Q "で署名された一連のメッセージの作者として彼らを特定した。(Adam Ferriss/The New York Times) 

【ニューヨーク・タイムズ、著者:David D. Kirkpatrick】「目を開けろ」と始まったネット上の投稿は「政府の中には、悪魔を崇拝する人が多くいるぞ」と主張していた。

2017年10月に自由奔放なオンライン掲示板に掲載されたこの警告が、現在「Qアノン(QAnon)」として知られるムーブメントの始まりだった。ポール・ファーバーはその最初の使徒だった。

南アフリカのソフトウェア開発者であり、長年にわたって米国の政治や陰謀論に魅了されてきたテックジャーナリストであるファーバーにとって、この突飛な主張は完璧に理解できるものだったと、彼はインタビューで語っている。彼は、リベラルな悪魔崇拝者たちがワシントンのレストランで子供たちを売買しているという、ネット上で否定された嘘「ピザゲート」にまだ固執していた。また、CIAが報道機関を操作するために行ったとされる「モッキングバード作戦」について、メッセージの中で不明瞭に言及されていたことを理解していた数少ない人物でもあった。

メッセージのほとんどが「Q」とだけ書かれていたこの一連のメッセージは、壮大な陰謀論へと発展していったが、その作者をめぐる謎は、信奉者たちの中心的な関心事になった。

今回、2つの法言語学者チームがQのテキストを分析した結果、ネット上で最初にメッセージに注目したコメンテーターの一人であるファーバーが、実際に主役としてメッセージを書いていたことがわかったという。

Qの背後にいる作家を探している探偵たちは、ファーバーをますます見落とし、Qアノンのもう一人のブースターであるロン・ワトキンスに憶測を集中させてきた。ワトキンスは、2018年にQのメッセージが現れ始めたウェブサイトを運営し、現在はアリゾナ州の下院議員に立候補している。そして科学者たちは、その疑惑を裏付ける証拠も見つけたという。ワトキンスは、2018年の初めにファーバーから引き継いだようだ。どちらもQとしての書き込みを否定している。

今回の研究は、有害なQアノン神話を誰が創作したのかを示す初めての実証的な証拠となり、研究を行った科学者たちは、創作者の正体を明らかにすることで、Qアノンのフォロワーに対する支配力が弱まるかもしれないと期待していると述べている。一部の世論調査によると、何百万人もの人々が、Qは軍の最高幹部であり、そのメッセージは、ドナルド・トランプ前大統領が「ディープステート」と呼ばれる民主党の小児性愛者の陰謀から世界を救うことを明らかにしていると信じている。Qアノンは多くの暴力事件と関連しており、昨年の国会議事堂襲撃事件の犯人の多くは信者であり、FBIはこの運動を潜在的なテロリストの脅威としている。

今回の法医学的分析は、これまで報告されていなかったが、ニューヨーク・タイムズの取材に応じた2人の著名な言語学の専門家は、この分析結果が信頼できるものであり、説得力があると評価している。

ファーバー(55歳)は、ヨハネスブルグ近郊の自宅からの電話インタビューで、Qの文章が自分のものに似ていることに異議を唱えなかった。むしろ、Qの書き込みが自分の文章を変えてしまうほどの影響を与えたと主張した。

Qのメッセージは「文字通り、私たちの生活を支配した」とファーバーは言う。「我々は皆、彼のように話すようになった」

言語学の専門家たちは、それはありえないと言い、研究を行った科学者たちは、Qが登場した最初の日のファーバーのツイートを分析対象としたことを指摘している。

ワトキンスは電話インタビューで、「私はQではない」と答えた。

しかし、彼は投稿を賞賛している。悪いことよりも良いことの方が多いだろう」と述べ、「国の安全のために戦っている」「国の子供たちの安全のために戦っている」などの例を挙げた。共和党予備選での彼の選挙運動の看板には、Qアノン界隈で使用しているオンラインネーム「CodeMonkeyZ」が使われており、彼は選挙運動の初期の支援の多くがこの運動から得られたものであることを認めている。34歳のワトキンスは、主に小口の寄付に頼っており、資金調達額では予備選の上位陣に及ばない(共和党員でQアノンへの支持を表明しているのは、他にも2人いる。ジョージア州のマージョリー・テイラー・グリーン下院議員とコロラド州のローレン・ボーバート下院議員は、2020年に当選している)。

スイスのスタートアップOrphAnalyticsのClaude-Alain RotenとLionel Pousazによる分析と、フランスの計算言語学者Florian CafieroとJean-Baptiste Campsによる分析の2つは、2つのテキストで同じ手を使っていることを明らかにする、明白なバリエーションを検出することができる、長年確立されてきた法言語学の形式を基盤としている。例えば、『フェデラリスト・ペーパー』を書いたジェームズ・マディソンは「whilst」ではなく「while」を使い、アレクサンダー・ハミルトンは「on」ではなく「upon」と書く傾向があった。

コンピュータ科学者たちは、専門家の意見に頼るのではなく、スタイロメトリー(計量文体学)と呼ばれる数学的アプローチを用いた。実践者によると、旧来の研究の技術を新しい科学の形に置き換え、測定可能で一貫性があり、再現性のある結果が得られたという。

 2019年9月11日、ワシントンで開催されたQAnonの集会。機械学習を用いて、フォレンジック言語学者の別々のチームが、匿名の "Q"によって署名されたメッセージの流れの作者として、南アフリカのソフトウェア開発者で技術ジャーナリストのポール・ファーバーと、この運動のメッセージが掲載されているウェブサイトの運営者ロン・ワトキンスを特定した。(Tom Brenner/The New York Times).
2019年9月11日、ワシントンで開催されたQAnonの集会。機械学習を用いて、フォレンジック言語学者の別々のチームが、匿名の "Q"によって署名されたメッセージの流れの作者として、南アフリカのソフトウェア開発者で技術ジャーナリストのポール・ファーバーと、この運動のメッセージが掲載されているウェブサイトの運営者ロン・ワトキンスを特定した。(Tom Brenner/The New York Times).

洗練されたソフトウェアは、Qテキストを3文字の配列パターンに分解し、それぞれの可能な組み合わせの再現性を追跡した。

彼らの技術は、初期の法言語学者がよくやっていたような、記憶に残る特異な言葉の選択を強調するものではない。しかし、スタイロメトリーを支持する人たちは、自分たちのソフトウェアがエラー率を数値化できることに注目している。

スイスのチームは、その精度が約93%であると述べている。フランスのチームは、ソフトウェアがワトキンスの文章を99%、ファーバーの文章を98%の確率で正しく認識したという。

『ハリー・ポッター』の作者であるJ.K.ローリングが、2013年に発表したミステリー作品『カッコウの呼び声』を別のペンネームで書いていたことも、機械学習によって明らかになった。FBIはスタイロメトリーの一種を使って、テッド・カジンスキーがユナボマー(1978年5月から1995年にかけて、全米各地で現代科学技術に関わりのある人々をターゲットにした連続爆弾事件を起こした連続殺人犯)であることを明らかにした。近年では、米国や英国の刑事が、偽造された遺書や偽造されたテキストメッセージを含む殺人事件を解決するのに、このような技術が役立っている。

Qの研究チームは、スイスの科学者が時間の経過とともに文字が変化したことを示す予備的な研究結果を発表した後、互いに連絡を取り合った。それぞれのチームは、異なる技術を用いた。スイスのチームは、ソフトウェアを使って、複数のテキストにおける3文字のパターンの類似性を測定し、語彙や構文の複雑さを比較した。フランスのチームは、顔認識ソフトが人間の特徴を学習するのと同じように、著者の文章のパターンを学習する人工知能を使用した。

両チームは、Qの10万語以上の文章と、他の13人の作家の1万2千語以上の文章を含むテキストサンプルを共有した。

機械学習技術に批判的な法言語学者として知られるネバダ大学リノ校のジェラルド・マクメナミンは、短い文章、暗号文、軍事専門用語、ソクラテス式問答法(反対の立場にある個人間での質問と討論の形式)などで構成されるQのメッセージで想定される独特の声のクセから、ソフトウェアが明らかな個人差を選び出すことはできないだろうと述べている。

異なる形式やジャンルのテキストがソフトウェアを混乱させる可能性があるため、科学者たちは、主にツイートなどのソーシャルメディアへの投稿という、同じタイプの他の文章サンプルを比較したという。すると、ファーバーとワトキンスが書いた文章は、他のどの文章よりもQの文章に似ていることがわかった。

ニューヨーク大学のデビッド・フーバー教授は、Qの特徴的な声という潜在的な問題を、科学者たちは効果的に解決したようだと言う。彼はこの作品を「かなり説得力がある」と評価している。

ローリングを『カッコウの呼び声』の作者と同定した数学者であるデュケイン大学のパトリック・ジュオラは、「私なら買う」と言った。

ジュオラは「2つの独立した分析の両方が同じパターンを示したという事実は、非常に強力だ」と付け加えた。

どちらのチームも、特に2017年後半頃にファーバーとワトキンスの間で共同作業が行われていたと思われる時期に、他の作家がQの何千ものメッセージに貢献していた可能性を否定していない。

しかし、科学者たちは他の事実に依拠して、テストすべき実現可能な著者のリストを絞り込んだ。その証拠のおかげで、科学者たちは主要な執筆者の仮面を剥がしたという確信を深めたという。

Qアノンを追いかけている人たちの中には、2018年半ばの時点で、Qメッセージを偶然見つけたと最初に主張した数人のコメンテーターのうち、1人以上が実際に書いたのではないかと疑い始めていた者もいた。予備知識がなければ、誰がどうやってあのほとんど無意味な投稿をオンラインの激流から抜き取ることができたのだろうか? 夏にNBCが報じた記事によると、Qの初期の支持者はファーバー(ネット上では「Baruch the Scribe」と呼ばれていた)と他の3人だという。この報道では、他の3人がQの「研究」のために寄付を募っていたことから、熱狂を煽る金銭的な動機があった可能性を強調している(ファーバーは寄付を募らなかった)。

スイスの研究チームは、この4人に加えて、ワトキンスと掲示板の所有者である彼の父親の文章を調査した。

フランスの研究者たちは、これら6人の著者候補に加えて、さらに7人の著者候補を加えた。さらに、ワトキンス夫妻と親しかった別のQの信奉者、トランプ、メラニア夫人、息子のエリック、そしてQアノンを公に推奨していた元大統領に近い3人、マイケル・フリン(大統領補佐官 - 国家安全保障担当)、ロジャー・ストーン(政治コンサルタント)、ダン・スカビーノ(トランプ・ホワイトハウス副参謀)のツイートも検証した。

フランス国立科学研究センターに勤務するカフィエロは、「最初は、文章のほとんどがファーバーによるものだ。しかし、ポール・ファーバーが減り、その後完全に落ちたことで、ロン・ワトキンスの署名が最初の数ヶ月の間に増えた」と語っている。

ファーバーはインタビューの中で、カナダで教鞭をとり、米国内を旅行していた両親から米国政治への情熱を受け継いだと語っている。ファーバーは、ソフトウェア開発や業界誌への寄稿などのキャリアを積みながら、たびたび米国を訪れていた。

陰謀論への興味は、ケネディ大統領の暗殺に関する疑問から始まったという。そして1996年頃、クリントン政権下のホワイトハウスの顧問弁護士であったヴィンセント・フォスターの自殺や、その他のクリントン政権に関連するとされる死について、別のストーリーを掲載しているサイトを見つけたのだ。「それがきっかけで興味を持つようになった」と彼は言う。

科学者たちがファーバーの文章に似ていると言う初期のQメッセージは、Qアノンの神話やスローガンの核心を示しており、後のメッセージはそれを繰り返している。それはまた、ファーバーと他の数人の初期の推進者が、メッセージを増幅させる起業家的なYouTubeクリエイターの関心を集めるのに貢献した時でもある。

しかし、2018年に入ると、書き込みの内容が顕著に変化したことが両調査で明らかになった。2017年の投稿はソクラテス式問答法で埋め尽くされていたが、その後の投稿は、感嘆符が多用され、言葉はすべて大文字で書かれ、より宣言的で説明的なものになった。ときには、Qがインターネットのミームを共有することもあった。

Qのメッセージは最近、古い掲示板から、ロン・ワトキンスが運営し、彼の父親であるジムが所有する掲示板に飛び移っていた。ジム・ワトキンスは元米軍のヘリコプター修理工で、フィリピンに定住していたが、豚や蜂蜜の農場を所有し、オンラインポルノビジネスにも手を出していた。

2016年の選挙の頃には、陰謀論的な親トランプのウェブサイトを作り、息子が技術面を監督していた。

2018年の初めに明らかになった書き方の変化は、Qアカウントとロン・ワトキンスとの間で行われた異常なやりとりと重なっていた。混乱が続いた後、Qとして書いていた人がワトキンスに、メッセージがやはり元のQから来ていることを確認するよう公に求め、ワトキンスはすぐに確認したところ、Qは今後のすべての投稿をワトキンスのプラットフォームにのみ表示すると宣言した。

ファーバーは、Qが「ハイジャック」され、ワトキンスがそれに加担していると訴え始めた。

それ以来、メッセージはロン・ワトキンスが書いたものと非常によく一致するようになったと科学者たちは言う。「Qアノンが成功し始めたとき、彼らのうちの1人が主導権を握った」とOrphAnalyticsのRotenは言う。

ワトキンス夫妻が現在所有している掲示板を立ち上げたフレデリック・ブレナンは、2020年に行われたポッドキャストのインタビューで、Qはファーバーの発明であると証拠もなく主張している。昨年公開されたHBOのドキュメンタリー映画「Q: Into the Storm」では、ロン・ワトキンスがメッセージの背後にいたことを立証しており、その中でワトキンスは一時的に自分がQとして書き込んだことを認めたように見えたが、その後微笑んで笑い、否定を再開した。

Qは現在、2020年12月からメッセージを投稿することなく、沈黙している。

ファーバーはインタビューの中で、Qアノンは「軌道に乗った作戦」だと考えていると述べた。彼は、Qアノンは "陰謀に対する大規模な秘密の戦争に人々を目覚めさせるために「真のインサイダーによって仕組まれたものであり、次の段階がやってくる」とまだ確信していると述べた。

Qアノンムーブメントについて投稿したオンラインの回顧録では、「ハイジャック」される前の初期の頃を切々と綴っている。Qのメッセージは、クリントン夫妻やジョージ・ソロスをロスチャイルド家やイルミナティと結びつけるなど、彼が長年にわたって信奉してきた陰謀論を裏付けるようなものだったという。

「父親の仕事場に初めて連れて行かれた子供のように、地政学の醜い腐敗した世界の舞台裏を見せられた」とファーバーは書いている。

Original Article: Who Is Behind QAnon? Linguistic Detectives Find Fingerprints. © 2022 The New York Times Company.

Read more

アドビ、日本語バリアブルフォント「百千鳥」発表  往年のタイポグラフィー技法をデジタルで再現

アドビ、日本語バリアブルフォント「百千鳥」発表 往年のタイポグラフィー技法をデジタルで再現

アドビは4月10日、日本語のバリアブルフォント「百千鳥」を発表した。レトロ調の手書き風フォントで、太さ(ウェイト)の軸に加えて、字幅(ワイズ)の軸を組み込んだ初の日本語バリアブルフォント。近年のレトロブームを汲み、デザイン現場の様々な要望に応えることが期待されている。

By 吉田拓史
新たなスエズ危機に直面する米海軍[英エコノミスト]

新たなスエズ危機に直面する米海軍[英エコノミスト]

世界が繁栄するためには、船が港に到着しなければならない。マラッカ海峡やパナマ運河のような狭い航路を通過するとき、船舶は最も脆弱になる。そのため、スエズ運河への唯一の南側航路である紅海で最近急増している船舶への攻撃は、世界貿易にとって重大な脅威となっている。イランに支援されたイエメンの過激派フーシ派は、表向きはパレスチナ人を支援するために、35カ国以上につながる船舶に向けて100機以上の無人機やミサイルを発射した。彼らのキャンペーンは、黒海から南シナ海まですでに危険にさらされている航行の自由の原則に対する冒涜である。アメリカとその同盟国は、中東での紛争をエスカレートさせることなく、この問題にしっかりと対処しなければならない。 世界のコンテナ輸送量の20%、海上貿易の10%、海上ガスと石油の8~10%が紅海とスエズルートを通過している。数週間の騒乱の後、世界の5大コンテナ船会社のうち4社が紅海とスエズ航路の航海を停止し、BPは石油の出荷を一時停止した。十分な供給があるため、エネルギー価格への影響は軽微である。しかし、コンテナ会社の株価は、投資家が輸送能力の縮小を予想している

By エコノミスト(英国)
新型ジェットエンジンが超音速飛行を復活させる可能性[英エコノミスト]

新型ジェットエンジンが超音速飛行を復活させる可能性[英エコノミスト]

1960年代以来、世界中のエンジニアが回転デトネーションエンジン(RDE)と呼ばれる新しいタイプのジェット機を研究してきたが、実験段階を超えることはなかった。世界最大のジェットエンジン製造会社のひとつであるジー・エアロスペースは最近、実用版を開発中であると発表した。今年初め、米国の国防高等研究計画局は、同じく大手航空宇宙グループであるRTX傘下のレイセオンに対し、ガンビットと呼ばれるRDEを開発するために2900万ドルの契約を結んだ。 両エンジンはミサイルの推進に使用され、ロケットや既存のジェットエンジンなど、現在の推進システムの航続距離や速度の限界を克服する。しかし、もし両社が実用化に成功すれば、超音速飛行を復活させる可能性も含め、RDEは航空分野でより幅広い役割を果たすことになるかもしれない。 中央フロリダ大学の先端航空宇宙エンジンの専門家であるカリーム・アーメッドは、RDEとは「火を制御された爆発に置き換える」ものだと説明する。専門用語で言えば、ジェットエンジンは酸素と燃料の燃焼に依存しており、これは科学者が消炎と呼ぶ亜音速の反応だからだ。それに比べてデトネーシ

By エコノミスト(英国)