他の自動車メーカーが製造に苦労する中、テスラが急成長した理由
サンディエゴで充電中のテスラ車(2021年7月21日)。テスラは、四半期ごとに記録的な売上を積み重ね、業界全体の危機に妨げられることなく、2020年の約2倍の車両を販売して年末を迎えた。(Roger Kisby/The New York Times)

他の自動車メーカーが製造に苦労する中、テスラが急成長した理由

【ニューヨーク・タイムズ】テスラは、四半期ごとに記録的な売上を積み重ね、業界全体の危機に妨げられることなく、2020年の約2倍の車両を販売して年末を迎えた。それはなぜか?

ニューヨーク・タイムズ

【ニューヨーク・タイムズ、著者:Jack Ewing】昨年のほとんどの期間、ゼネラルモーターズやフォードモーターといった既存の自動車メーカーは、電気自動車(EV)メーカーであるテスラとは異なる現実の中で事業を展開していた。

GMやフォードは、コンピューターチップの不足のために次々と工場を閉鎖し、時には数カ月にもわたって工場を閉鎖したため、販売店の在庫がなくなり、自動車の価格が高騰した。しかし、テスラは四半期ごとに過去最高の販売台数を記録し、業界全体の危機に影響されることなく、2020年の販売台数の約2倍を記録して年末を迎えた。

テスラが重要な部品を生み出すことができたのは、1年の販売台数にとどまらない大きな意味がある。それは、同社や他の若いEV事業者が、フォルクスワーゲンやGMのような巨大企業の支配を、多くの業界幹部や政策立案者が認識しているよりも早く、より強力に脅かす可能性があることを示唆している。そうなれば、より多くのガソリン車を早急に代替することで、気候変動の原因となる排出ガスを削減する取り組みに役立つ。しかし、従来の自動車生産に雇用やビジネス、税収を依存している何百万人もの労働者、何千ものサプライヤー、そして多くの地方自治体や国の政府には打撃となる可能性がある。

この記事は有料会員のみご覧いただけます

購読する
既にアカウントをお持ちの方 ログイン