他の自動車メーカーが製造に苦労する中、テスラが急成長した理由

【ニューヨーク・タイムズ】テスラは、四半期ごとに記録的な売上を積み重ね、業界全体の危機に妨げられることなく、2020年の約2倍の車両を販売して年末を迎えた。それはなぜか?

他の自動車メーカーが製造に苦労する中、テスラが急成長した理由
サンディエゴで充電中のテスラ車(2021年7月21日)。テスラは、四半期ごとに記録的な売上を積み重ね、業界全体の危機に妨げられることなく、2020年の約2倍の車両を販売して年末を迎えた。(Roger Kisby/The New York Times)

【ニューヨーク・タイムズ、著者:Jack Ewing】昨年のほとんどの期間、ゼネラルモーターズやフォードモーターといった既存の自動車メーカーは、電気自動車(EV)メーカーであるテスラとは異なる現実の中で事業を展開していた。

GMやフォードは、コンピューターチップの不足のために次々と工場を閉鎖し、時には数カ月にもわたって工場を閉鎖したため、販売店の在庫がなくなり、自動車の価格が高騰した。しかし、テスラは四半期ごとに過去最高の販売台数を記録し、業界全体の危機に影響されることなく、2020年の販売台数の約2倍を記録して年末を迎えた。

テスラが重要な部品を生み出すことができたのは、1年の販売台数にとどまらない大きな意味がある。それは、同社や他の若いEV事業者が、フォルクスワーゲンやGMのような巨大企業の支配を、多くの業界幹部や政策立案者が認識しているよりも早く、より強力に脅かす可能性があることを示唆している。そうなれば、より多くのガソリン車を早急に代替することで、気候変動の原因となる排出ガスを削減する取り組みに役立つ。しかし、従来の自動車生産に雇用やビジネス、税収を依存している何百万人もの労働者、何千ものサプライヤー、そして多くの地方自治体や国の政府には打撃となる可能性がある。

テスラとその謎めいた最高経営責任者イーロン・マスクは、これまで、テスラがいかに他の自動車産業を巻き込んできたかについてはほとんど語っていなかった。しかし今では、テスラは単に技術とサプライチェーンの面で優れた能力を持っていることが明らかになっている。テスラは、自社よりも多くの車を生産している企業よりも、需要をうまく予測していたようだ。他の自動車メーカーは、パンデミックの初期に急落した自動車市場の回復の早さに驚き、チップや部品の発注が間に合わなかったのだ。

テスラは、期待していたチップが手に入らなかったため、手に入ったチップを使い、それを動かすソフトウェアを自分たちのニーズに合わせて書き換えた。大規模な自動車メーカーでは、ソフトウェアやコンピュータの専門知識の多くを外部のサプライヤーに依存しているため、そのようなことはできなかった。また、チップメーカーとの取引も外部のサプライヤーに依存している場合が多かった。危機が訪れたとき、自動車メーカーは交渉力を失っていた。

ほんの数年前までは、マスクがテスラにもっと多くのことを自前でやらせようとしたことが、テスラが増産に苦労した主な理由の一つだとアナリストは見ていた。しかし、今ではその考えは裏切られたようだ。

自動車は、エンジンやトランスミッションだけでなく、ソフトウェアも含めたデジタル化が進んでいる。これは、旧態依然とした自動車会社が認めるところでもある。フォードやメルセデス・ベンツをはじめとする多くの企業が、ここ数カ月の間にエンジニアやプログラマーを雇用して、自社でチップを設計し、ソフトウェアを作成していると述べている。

ペンシルバニア大学ウォートン校の名誉教授で、製造業と物流を専門とするモリス・コーエンは、「シリコンバレーで生まれたテスラは、ソフトウェアを外注したことはなく、自分たちでコードを書いている」と述べている。「彼らはソフトウェアを書き換えて、不足しているチップを不足していないチップと交換できるようにしたのだ。他の自動車メーカーはそれができなかった」と述べている。

「テスラは自分の運命をコントロールしたのだ」とコーエン教授は付け加えた。

テスラは、2021年に全世界で93万6,000台の自動車を販売し、年間で87%の増加になった。フォード、GM、フィアット・クライスラーとプジョーが合併してできたステランティスの3社は、2021年の自動車販売台数が2020年に比べて減少した。

テスラは2021年にボルボとスバルを抜き、ベルリンとテキサス州オースティンの工場が稼働し、上海の工場が生産を拡大していることから、今年は200万台の自動車を販売する可能性があると予測するアナリストもいる。そうなれば、テスラはBMWやメルセデスと肩を並べることになる。これは、ほんの2年前には業界でもほとんど考えられなかったことだ。

GMとフォードは、もちろんもっと多くの車やトラックを販売している。両社は先週、米国内だけで昨年約200万台の自動車を販売したと発表した。

記者の質問にめったに答えないテスラは、この記事のためのコメントを求められても答えなかった。テスラは、市場が低迷する中でどのようにして急成長を遂げたのかについては、ほとんど公にしていない。

同社は第3四半期の決算報告で、「これらの不足による課題を軽減するために、代替部品やプログラムされたソフトウェアを使用している」と述べている。

この業績は、テスラの生産と供給の問題で業界の笑いものになった2018年から一転している。製造上の問題の多くは、マスクが多くの部品を自社で作ることにこだわったことに起因している。

他の自動車会社は、マスクとテスラがずっとやってきたことの一部を行う必要があることに気づき、車載コンピュータシステムの制御を行っている。

例えばメルセデスは、今後のモデルでは専用チップの使用を減らし、標準化された半導体を使用し、独自のソフトウェアを作成する予定だと、ドイツの自動車メーカーの経営委員会で調達を担当するマルクス・シェーファーは述べている。

将来、メルセデスは「1,000種類のチップではなくカスタマイズされた標準化されたチップを車に搭載するようにする」と、1月上旬のインタビューでシェーファーは述べた。

また、メルセデスは独自の車両ハードウェアを設計するという。シェーファーは、テスラについては言及せずに「おそらく他の企業もこの道を進んでいた」と付け加えた。

また、テスラは、フォードやGMのような企業がEVを大量に販売することを制限しているバッテリー不足を回避することができた。多くの自動車メーカーが、EVが普及するかどうかを議論していた2014年、テスラはパートナーであるパナソニックと共同で、ネバダ州リノ郊外にギガファクトリーと呼ばれる電池工場を着工した。現在、その工場は安定した供給を可能にしている。

テスラの元幹部で、ネバダ州の工場建設に携わったライアン・メルサートは、「大きなリスクがあった。「しかし、早い段階で自社内での生産を決定したことで、自分たちの運命をはるかにコントロールできるようになった」。

ウォートンのコーエン教授が指摘したように、テスラのアプローチは多くの点で、フォードが自社の製鉄所やゴム農園を所有していた自動車の黎明期に戻っている。ここ数十年、自動車メーカーは設計と最終組立に専念し、それ以外はサプライヤーに委託するのが常識とされてきた。この戦略は、大企業が工場に投資する金額を減らすのに役立ったが、サプライチェーンの混乱には脆弱だった。

また、「テスラは、例年1,000万台以上の自動車を生産しているフォルクスワーゲンやトヨタに比べてはるかに小さな企業であることも有利に働いている」と、リサイクル・採掘会社American Battery Technology Companyの最高経営責任者であるメルサートは述べている。

テスラのラインアップも、より控えめで供給しやすいものとなっている。2021年の販売台数は、セダンの「Model 3」とスポーツタイプの「Model Y」がほとんどを占めている。また、テスラは従来の多くの自動車メーカーよりもオプションが少なく、製造を簡素化している。

調査会社IHS Markitで自動車用半導体を専門とするシニア・プリンシパル・アナリストのフィル・アムスルードは、「より合理的なアプローチだ」と述べている。

テスラのソフトウェアは、遠隔操作で更新することができ、自動車業界で最も洗練されていると言われている。アナリストによると、同社の自動車は、バッテリーの冷却や自律走行などの機能を、より少ない数の集中型オンボード・コンピューターで制御しているため、使用するチップの数が少ないのだという。

「テスラは箱の数が少ない」とアムスルードは言う。「今、必要なコンポーネントは少なければ少ないほどいい」

もちろん、テスラが2021年に達成した成長を再現しようとすると、問題が発生する可能性がある。テスラは今後数年間、年率約50%の売上増加を目指している。同社は第3四半期の報告書の中で、生産量を増やしてより多くのチップやその他の部品を必要とするようになると、サプライチェーンの混乱を回避するための創造的な工作がうまくいかなくなる可能性があることを認めている。

EV市場は、従来の自動車メーカーが遅ればせながら、規制当局のご機嫌取りのための小型EVではなく、人々が買いたいと思うモデルを投入することで、競争が激化している。フォードは先週、人気のピックアップトラックF-150のEVバージョンであるライトニングの生産量を、強い需要のためにほぼ倍増すると発表した。テスラのピックアップトラックは、少なくともあと1年は販売されない。

伝統的な自動車メーカーの見通しは、半導体やその他の部品の不足が緩和され、メーカーが対処法を身につけることで、今年は改善される可能性が高い。

一方、テスラは依然として品質問題を抱えている。同社は12月に規制当局に対し、2つの別々の欠陥があるとして、47万5,000台以上のリコールを計画していると発表した。1つはバックカメラが故障する可能性があり、もう1つはフロントフードが不意に開く可能性があるというものだ。また、連邦規制当局は、テスラのオートパイロット・システムの安全性を調査している。オートパイロット・システムとは、自動で加速、ブレーキ、操縦を行うシステムだ。

ニューヨークの経営コンサルティング会社cg42のマネージングパートナー、スティーブン・ベックは、「テスラは今後も成長を続ける。しかし、テスラはかつてないほどの競争にさらされており、競争はますます激しくなっている」と述べている。

テスラはEVだけを製造しており、新技術によって時代遅れになった習慣や手順にとらわれていない。「テスラは白紙の状態からスタートしたのだ」とアムスルードは言う。

Original Article: Why Tesla Soared as Other Automakers Struggled to Make Cars © 2022 The New York Times Company.

Read more

新たなスエズ危機に直面する米海軍[英エコノミスト]

新たなスエズ危機に直面する米海軍[英エコノミスト]

世界が繁栄するためには、船が港に到着しなければならない。マラッカ海峡やパナマ運河のような狭い航路を通過するとき、船舶は最も脆弱になる。そのため、スエズ運河への唯一の南側航路である紅海で最近急増している船舶への攻撃は、世界貿易にとって重大な脅威となっている。イランに支援されたイエメンの過激派フーシ派は、表向きはパレスチナ人を支援するために、35カ国以上につながる船舶に向けて100機以上の無人機やミサイルを発射した。彼らのキャンペーンは、黒海から南シナ海まですでに危険にさらされている航行の自由の原則に対する冒涜である。アメリカとその同盟国は、中東での紛争をエスカレートさせることなく、この問題にしっかりと対処しなければならない。 世界のコンテナ輸送量の20%、海上貿易の10%、海上ガスと石油の8~10%が紅海とスエズルートを通過している。数週間の騒乱の後、世界の5大コンテナ船会社のうち4社が紅海とスエズ航路の航海を停止し、BPは石油の出荷を一時停止した。十分な供給があるため、エネルギー価格への影響は軽微である。しかし、コンテナ会社の株価は、投資家が輸送能力の縮小を予想している

By エコノミスト(英国)
新型ジェットエンジンが超音速飛行を復活させる可能性[英エコノミスト]

新型ジェットエンジンが超音速飛行を復活させる可能性[英エコノミスト]

1960年代以来、世界中のエンジニアが回転デトネーションエンジン(RDE)と呼ばれる新しいタイプのジェット機を研究してきたが、実験段階を超えることはなかった。世界最大のジェットエンジン製造会社のひとつであるジー・エアロスペースは最近、実用版を開発中であると発表した。今年初め、米国の国防高等研究計画局は、同じく大手航空宇宙グループであるRTX傘下のレイセオンに対し、ガンビットと呼ばれるRDEを開発するために2900万ドルの契約を結んだ。 両エンジンはミサイルの推進に使用され、ロケットや既存のジェットエンジンなど、現在の推進システムの航続距離や速度の限界を克服する。しかし、もし両社が実用化に成功すれば、超音速飛行を復活させる可能性も含め、RDEは航空分野でより幅広い役割を果たすことになるかもしれない。 中央フロリダ大学の先端航空宇宙エンジンの専門家であるカリーム・アーメッドは、RDEとは「火を制御された爆発に置き換える」ものだと説明する。専門用語で言えば、ジェットエンジンは酸素と燃料の燃焼に依存しており、これは科学者が消炎と呼ぶ亜音速の反応だからだ。それに比べてデトネーシ

By エコノミスト(英国)
ビッグテックと地政学がインターネットを作り変える[英エコノミスト]

ビッグテックと地政学がインターネットを作り変える[英エコノミスト]

今月初め、イギリス、エストニア、フィンランドの海軍がバルト海で合同演習を行った際、その目的は戦闘技術を磨くことではなかった。その代わり、海底のガスやデータのパイプラインを妨害行為から守るための訓練が行われた。今回の訓練は、10月に同海域の海底ケーブルが破損した事件を受けたものだ。フィンランド大統領のサウリ・ニーニストは、このいたずらの原因とされた中国船が海底にいかりを引きずった事故について、「意図的なのか、それとも極めて稚拙な技術の結果なのか」と疑問を呈した。 海底ケーブルはかつて、インターネットの退屈な配管と見なされていた。現在、アマゾン、グーグル、メタ、マイクロソフトといったデータ経済の巨人たちは、中国と米国の緊張が世界のデジタルインフラを分断する危険性をはらんでいるにもかかわらず、データの流れをよりコントロールすることを主張している。その結果、海底ケーブルは貴重な経済的・戦略的資産へと変貌を遂げようとしている。 海底データパイプは、大陸間インターネットトラフィックのほぼ99%を運んでいる。調査会社TeleGeographyによると、現在550本の海底ケーブルが活動

By エコノミスト(英国)