今年がEVにとって重要な年になる理由
2022年1月25日、ミシガン州ディアボーンの同社工場で生産されている、人気のF-150をバッテリーで駆動させたピックアップトラック「Ford 2022 F-150 Lightning」。不況の中で活況を呈しているバッテリー駆動車は、地球環境にとってはプラスだが、変化に遅れている自動車メーカーや部品メーカーにとっては大きな脅威となっている。(Brittany Greeson/The New York Times)

今年がEVにとって重要な年になる理由

【ニューヨーク・タイムズ】昨年、米国、欧州、中国では、化石燃料車の販売台数が伸び悩む中、電気自動車(EV)の需要は旺盛で、メーカーは数ヶ月前から予約金を支払う必要があるほど。一部のモデルは今後2年間、事実上の完売状態だ。

ニューヨーク・タイムズ

【ニューヨーク・タイムズ、著者:Jack Ewing, Neal E. Boudette】昨年、米国、欧州、中国では、化石燃料車の販売台数が伸び悩む中、電池のみで駆動する自動車の販売台数が急増した。電気自動車(EV)の需要は旺盛で、メーカーは数ヶ月前から予約金を支払う必要があるほどだ。また、一部のモデルは今後2年間、事実上の完売状態となっている。

今年は、アメリカ人が大好きなピックアップトラックのEVの販売が開始されるなど、電池自動車は飛躍的な発展を遂げている。これは、1908年にヘンリー・フォードがT型を発表して以来、自動車業界にとって最大の変革であり、工場で働く人々、企業、環境に大きな影響を与える可能性がある。テールパイプ排出量は、気候変動の最大の原因の一つだ。

国際エネルギー機関(IEA)によると、昨年世界で販売された新車の約9%がEVで、2019年には2.5%だった。しかし、EVの急速な成長により、2022年は、内燃機関が陳腐化に向かっているという疑念を払拭し、バッテリー駆動の自動車の行進が止められない年になるかもしれない。

EVが普及すれば、大気環境が改善され、地球温暖化の抑制につながる。南カリフォルニアでは、EVの普及により、すでに空気が少しきれいになっている。また、このブームは、議会での気候変動対策の推進に苦戦しているジョー・バイデン大統領にとって、珍しい朗報となっている。

投資会社のウェドブッシュ・セキュリティーズの試算によると、自動車業界はEVへの移行のために、今後5年間で5兆円の投資を行う予定だという。その資金は、工場の改修や建設、従業員の教育、ソフトウェアの開発、販売店のアップグレードなどに使われる。各社は、米国内だけでも10数カ所のEVやバッテリーの新工場を計画している。

フォルクスワーゲン・グループ・オブ・アメリカのCEOであるスコット・キョウは、「これは、おそらく資本主義の歴史の中で最大の産業変革のひとつだ」と述べている。「しかし、誰もが恩恵を受けるわけではない」

しかし、誰もが恩恵を受けるわけではない。マフラーや燃料噴射装置などの部品メーカーが廃業し、多くの労働者が職を失う可能性があるのだ。アメリカでは300万人近くが自動車や自動車部品の製造、販売、サービスを行っているが、業界の専門家によると、EVは部品点数が少ないため、生産に必要な労働力は少なくて済むそうだ。

そのうち、リチウム、ニッケル、コバルトなどの電池材料が、石油よりも求められるようになるかもしれない。これらの材料はすでに価格が高騰しており、短期的にはEVのコストが上昇することで販売が制限される可能性がある。

また、EVのプラグを差し込む場所がないために、長距離を運転する人や自宅で充電できないアパートの住人にとってEVの魅力が薄れていることも、移行を制限する可能性がある。米国では、公共の充電ステーションは5万カ所にも満たないといわれている。11月に議会で可決されたインフラ法案には、50万台の新規ステーションに75億ドルを投じることが盛り込まれているが、専門家はその数でさえ少なすぎると指摘している。

また、EVの気候変動への効果を実感するには時間がかかる可能性がある。現存する2億5,000万台の化石燃料車と小型トラックを置き換えるには、政府が車の購入者にもっと大きなインセンティブを与えない限り、何十年もかかると言われている。温室効果ガスの最大の排出源のひとつである大型トラックの浄化は、さらに難しくなるかもしれない。

しかし、EVのブームは、すでに自動車業界の形を変えつつある。

最大の恩恵を受けているのはテスラであり、既存の秩序に対する最大の脅威でもある。イーロン・マスクに率いられた同社は、2021年には2020年比で90%増となる100万台近くの自動車を納入している。

テスラは、自動車大手に比べればまだ規模は小さいが、最も急速に成長しているセグメントを支配している。ウォールストリートは、同社をゼネラルモーターズの10倍以上の約1兆ドルと評価している。テキサス州とドイツに工場を建設中のテスラは、簡単に拡張できるということだ。

元フォードの幹部で、現在はグッゲンハイム証券の専務取締役を務めるジョン・カセサは、1月に行われたシカゴ連邦準備銀行のフォーラムで、「今の成長率では、5年後にはGMよりも大きくなっているだろう」と述べた。

ほとんどのアナリストは、EVが普及するのは、ガソリン車と同じくらい安価に購入できるようになってからだと考えていた。このマイルストーンは、多くの人が購入できる中価格帯の車にとっては、まだ数年先の話だ。

しかし、異常気象によって気候変動がもたらす壊滅的な影響がより明確になり、EVはメンテナンスが簡単で、燃料費も安く、運転するのが楽しいという評判が広まるにつれ、富裕層の購入者はますますEVを選ぶようになっている。

2022年1月25日、ミシガン州ディアボーンにある同社の工場で生産されている、人気のF-150のバッテリー版であるフォードの2022年型F-150ライトニング・ピックアップトラック(写真)。当初7万5,000台のライトニングを製造する予定だったフォードは、今月、生産台数を倍増すると発表した。(Brittany Greeson/The New York Times)
2022年1月25日、ミシガン州ディアボーンにある同社の工場で生産されている、人気のF-150のバッテリー版であるフォードの2022年型F-150ライトニング・ピックアップトラック(写真)。当初7万5,000台のライトニングを製造する予定だったフォードは、今月、生産台数を倍増すると発表した。(Brittany Greeson/The New York Times)
2022年1月25日、ミシガン州ディアボーンの同社工場で生産されている、人気のF-150をバッテリーで駆動させたピックアップトラック「Ford 2022 F-150 Lightning」。電気自動車の市場シェアはまだ小さいが、需要は急上昇している。 (Brittany Greeson/The New York Times)
2022年1月25日、ミシガン州ディアボーンの同社工場で生産されている、人気のF-150をバッテリーで駆動させたピックアップトラック「Ford 2022 F-150 Lightning」。電気自動車の市場シェアはまだ小さいが、需要は急上昇している。 (Brittany Greeson/The New York Times)

ポルシェの「タイカン」は、約8万3,000ドルから購入できるEVのセダンで、昨年はポルシェの看板モデルである911の販売台数を上回った。メルセデス・ベンツは、2021年にEVとバンを10万台近く販売し、前年比90%増になった。

フォードは、数十年にわたって米国の販売台数のトップを占めてきたピックアップトラック「F-150」のEV版「ライトニング」の販売を間もなく開始する。当初は年間7万5,000台の生産を予定していた。しかし、需要があまりにも強いため、同社はライトニングの生産量を2倍にすることを競っている。ライトニングは4万ドルから始まり、9万ドル以上にもなる。フォードは20万台の注文を受けた後、予約受付を終了した。

フォードのチーフプロダクトプラットフォーム&オペレーションオフィサーであるハウ・タイ・タンは、「作れるだけの台数を売ることができるだろう」と語っている。

沿岸部の都市や郊外で人気の高いテスラのミニマムカーには興味のない人たちも、EVのピックアップやスポーツユーティリティービークルの選択肢が増えている。

この記事は有料会員のみご覧いただけます

購読する
既にアカウントをお持ちの方 ログイン