シャオミがEVを作ることを決定したとの報道

中国のスマートフォン大手Xiaomi(小米)は、自社で自動車を製造することを決定し、戦略的な決定と捉えていると、中国メディアLatePost(晩点)が複数の情報源を引用して報じた。

シャオミがEVを作ることを決定したとの報道

中国のスマートフォン大手Xiaomi(小米)は、自社で自動車を製造することを決定し、戦略的な決定と捉えていると、中国メディアLatePost(晩点)が複数の情報源を引用して報じた

Xiaomiの自動車製造の正確な形や道筋はまだ未定で、おそらくまだ変更される可能性があると報道は伝えている。報道は、この件に詳しい情報筋の話として、Xiaomiの自動車製造プロジェクトは、Xiaomiグループの創業者であるレイ・ジュン(雷軍)自身が主導する可能性が高いと引用している。

Xiaomiは地元紙の取材に対し、「今のところコメントできない。会社の発表を待ってもらいたい」と回答している。

レイは2013年に2度、米国でテスラのCEOであるイーロン・マスクを訪問した。当時、テスラの時価総額は200億ドル以上にまで上昇しており、レイは自身のWeChatアカウントに「電気自動車業界に非常に興味を持っている」と書き込んでいた。

現在、スマートフォン業界ではXiaomiが世界のトップ3に入っているが、同時に世界の携帯電話販売台数の伸びは停滞している。

現在、市場で最も脚光を浴びている分野は自律走行型電気自動車であり、レイのShunwei Capitalが6年前に投資したNIOの時価総額は856億ドルで、Xiaomiの911億ドルにほぼ匹敵している。

2021年初頭に車を作ることを決める前に、レイジュンはXiaomiの車作りの実現可能性を何度も検討しており、Xiaomiも社内プロジェクトを立ち上げて車作りのプロジェクトを検討していたという。

最初は2015年だったが、新エネルギー車の分野の上級幹部は、レイは車を作るというアイデアについて業界の人たちとコミュニケーションを取っていたが、そのフィードバックは楽観的ではなく、前に進まなかったと語っている。 レイ・ジュンは後にAzureのイベントに参加した際に、新エネルギーの車作りは金儲けだと思っていたと語っている。

その後、Xiaomiは主力事業である携帯電話に注力したが、レイは2015年と2016年にShunwei Capitalを通じて新エネルギー自動車メーカーのNIOとXiaopengに投資したが、主にフォローアップ投資家であり、あまりまとまった出資はしなかったという。NIOとXiaopengの目論見書によると、Shunwei Capitalは主要な機関投資家としては登場していない。株式公開時の出資比率は両社ともに5%未満であった。

2回目は、Xiaomiがサプライチェーンの混乱を経て、携帯電話市場で確固たる足場を築き、株式公開に成功した2018年に、より多くの事業探索を始めた時だと、LatePostは書いている。Xiaomiの元コア社員がLatePostに語ったところによると、XiaomiはXiaomiの戦略立案を担当するスタッフ部門が中心となって、「micar」と呼ばれる車づくりプロジェクトの社内調査を開始した。 当時のシャオミのチーフだった王権は、NIOやXiaopengなど中国の新興車メーカーの幹部と何度も交流し、業界を理解していた。 Xiaomiが会社レベルで車を作ることを真剣に考えたのは、おそらく初めてのことでしょう。

一方、Xiaomiが車を作るという話が出てきたのは、2019年第3四半期のこととされる。 LatePostがXiaomiのトップに近い関係者から聞いたところによると、当時、Xiaomiの意思決定層は取締役会で再び自動車製造に言及し、王権は自動車業界の調査報告書を作成して、2019年末から2020年初頭がXiaomiの自動車製造事業への参入時期であるとレイ・ジュンに助言した。

700円/月の支援

Axionは吉田が2年無給で、1年が高校生アルバイトの賃金で進めている「慈善活動」です。有料購読型アプリへと成長するプランがあります。コーヒー代のご支援をお願いします。個人で投資を検討の方はTwitter(@taxiyoshida)までご連絡ください。

デジタル経済メディアAxionを支援しよう
Axionはテクノロジー×経済の最先端情報を提供する次世代メディアです。経験豊富なプロによる徹底的な調査と分析によって信頼度の高い情報を提供しています。投資家、金融業界人、スタートアップ関係者、テクノロジー企業にお勤めの方、政策立案者が主要読者。運営の持続可能性を担保するため支援を募っています。
Takushi Yoshida is creating writing/journalism | Patreon
Patreon is a membership platform that makes it easy for artists and creators to get paid. Join over 200,000 creators earning salaries from over 6 million monthly patrons.

投げ銭

投げ銭はこちらから。金額を入力してお好きな額をサポートしてください。

Pay Yoshida Takushi using PayPal.Me
Go to paypal.me/axionyoshi and type in the amount. Since it’s PayPal, it’s easy and secure. Don’t have a PayPal account? No worries.

Special thanks to supporters !

Shogo Otani, 林祐輔, 鈴木卓也, Mayumi Nakamura, Kinoco, Masatoshi Yokota, Yohei Onishi, Tomochika Hara, 秋元 善次, Satoshi Takeda, Ken Manabe, Yasuhiro Hatabe, 4383, lostworld, ogawaa1218, txpyr12, shimon8470, tokyo_h, kkawakami, nakamatchy, wslash, TS, ikebukurou, 太郎, bantou, ysh_tmk.

Read more

アドビ、日本語バリアブルフォント「百千鳥」発表  往年のタイポグラフィー技法をデジタルで再現

アドビ、日本語バリアブルフォント「百千鳥」発表 往年のタイポグラフィー技法をデジタルで再現

アドビは4月10日、日本語のバリアブルフォント「百千鳥」を発表した。レトロ調の手書き風フォントで、太さ(ウェイト)の軸に加えて、字幅(ワイズ)の軸を組み込んだ初の日本語バリアブルフォント。近年のレトロブームを汲み、デザイン現場の様々な要望に応えることが期待されている。

By 吉田拓史
新たなスエズ危機に直面する米海軍[英エコノミスト]

新たなスエズ危機に直面する米海軍[英エコノミスト]

世界が繁栄するためには、船が港に到着しなければならない。マラッカ海峡やパナマ運河のような狭い航路を通過するとき、船舶は最も脆弱になる。そのため、スエズ運河への唯一の南側航路である紅海で最近急増している船舶への攻撃は、世界貿易にとって重大な脅威となっている。イランに支援されたイエメンの過激派フーシ派は、表向きはパレスチナ人を支援するために、35カ国以上につながる船舶に向けて100機以上の無人機やミサイルを発射した。彼らのキャンペーンは、黒海から南シナ海まですでに危険にさらされている航行の自由の原則に対する冒涜である。アメリカとその同盟国は、中東での紛争をエスカレートさせることなく、この問題にしっかりと対処しなければならない。 世界のコンテナ輸送量の20%、海上貿易の10%、海上ガスと石油の8~10%が紅海とスエズルートを通過している。数週間の騒乱の後、世界の5大コンテナ船会社のうち4社が紅海とスエズ航路の航海を停止し、BPは石油の出荷を一時停止した。十分な供給があるため、エネルギー価格への影響は軽微である。しかし、コンテナ会社の株価は、投資家が輸送能力の縮小を予想している

By エコノミスト(英国)
新型ジェットエンジンが超音速飛行を復活させる可能性[英エコノミスト]

新型ジェットエンジンが超音速飛行を復活させる可能性[英エコノミスト]

1960年代以来、世界中のエンジニアが回転デトネーションエンジン(RDE)と呼ばれる新しいタイプのジェット機を研究してきたが、実験段階を超えることはなかった。世界最大のジェットエンジン製造会社のひとつであるジー・エアロスペースは最近、実用版を開発中であると発表した。今年初め、米国の国防高等研究計画局は、同じく大手航空宇宙グループであるRTX傘下のレイセオンに対し、ガンビットと呼ばれるRDEを開発するために2900万ドルの契約を結んだ。 両エンジンはミサイルの推進に使用され、ロケットや既存のジェットエンジンなど、現在の推進システムの航続距離や速度の限界を克服する。しかし、もし両社が実用化に成功すれば、超音速飛行を復活させる可能性も含め、RDEは航空分野でより幅広い役割を果たすことになるかもしれない。 中央フロリダ大学の先端航空宇宙エンジンの専門家であるカリーム・アーメッドは、RDEとは「火を制御された爆発に置き換える」ものだと説明する。専門用語で言えば、ジェットエンジンは酸素と燃料の燃焼に依存しており、これは科学者が消炎と呼ぶ亜音速の反応だからだ。それに比べてデトネーシ

By エコノミスト(英国)