YandexとUberは4日、自己運転型の合弁事業を独立した会社に分離し、Yandexが1億5000万ドルを追加投資して出資比率を高めていることを発表した。

かつてのライバルであった2社は、2017年にロシアと東欧の一部でのライド・ハイリング事業を統合した。統合で生まれたセルフドライビンググループ( Self Driving Group)は別会社として、Yandexが73%、Uberが19%、残りはYandexの経営者と従業員が所有することになる。

完全自律走行車の開発には、広く予想されているよりもはるかに長い時間がかかるだろうという予測の中での動き。Yandexは、自動運転技術を構築するために、より積極的なアプローチを取ることで、そのような疑念に挑戦しているように見える。

Yandex Self Driving Groupの事業開発責任者であるアルテム・フォーキンは、「我々の視点から見ると、メッセージは非常に明確です」と述べている。「当社の事業を別の事業体に分離することで、当社は、当社が現在行っていることが将来的に成功する大きな可能性を秘めているとの信念を示しています。これはもはや単なる実験ではない」。

プレスリリースでは、検索エンジンとしてスタートしたYandexは、他のいくつかの市場にも進出する前に、この自動運転ユニットは以前に6500万ドルの投資を集めていたと述べている。同社は2018年にロボタクシーサービスを開始して話題を呼び、現在はロシア、イスラエル、米国に130台の車両を配備している。直近では、Yandexがミシガン州アナーバーで第4世代の自律走行車のテストを開始した。

独立した会社は独立性が高まる一方で、親会社の技術を引き続き活用していくという。

Yandex社の全体的な焦点は、さまざまな車両に適応できる自律型技術の開発にある。その一例として、家庭やオフィスへのラストマイル配達のためのYandex Roverと呼ばれる自律型配達ロボットを作成しました。フォーキンによると、このローバーは現在、モスクワ中心部と郊外の科学公園で配達を行っているという。「食品配達のために外部のパートナーが多くの関心を持っている」と彼は言った。

同社は約6ヶ月でさまざまな車両に対応できるように自律プラットフォームを適応させることができたという。その柔軟性により、Yandexは自律型投資を実際のビジネスに変えるユースケースや設定を実験することができるようになった。