Yコンビネータの出資サイズ4倍増が競合投資家の不安を煽る
Image via Ycombinator.

Yコンビネータの出資サイズ4倍増が競合投資家の不安を煽る

Yコンビネータが投資額を4倍に増やしたことで、競合するアーリーステージ投資家はYCがそれ以降のラウンドで彼らを締め出すことにつながる可能性が高いと想定している。

吉田拓史

米スタートアップアクセラレーターのYコンビネーター(YC)は1月10日、参加するスタートアップ企業への投資額を4倍にすることを発表しました。しかし、YCと競合するアーリーステージ投資家は、投資額の増額がYCがそれ以降のラウンドで彼らを締め出すことにつながる可能性が高いと想定している、と米テクノロジーメディアのThe Informationが報じました。

主力のシード投資家は、スタートアップ企業に対して少なくとも10%の出資を求める傾向があります。 しかし、YCは、アクセラレーションプログラムの参加企業への最初の投資に続いて、次の資金調達ラウンドの際に追加出資する権利を得るため、これらのアーリーステージ投資家は、自分たちが望む出資比率を得ることができなくなる可能性があると述べています。

シード投資家でBetter Tomorrow Venturesの共同設立者であるSheel MohnotはThe Informationに対し「YCにとってはとても良いことだが、創業者を含む他の人々にとっては悪いことだ」と述べています。

この言葉は、YCが後続の投資フェーズ(一般的にはシードラウンド)において、可能な限り最高の条件で資本を投入できることを意味しており、より大きな出資枠を確保できる可能性を高めています。 YCのプレジデントであるGeoff Ralstonは、10日に投稿したブログの中で、「簡単に言えば、我々は今、会社に資金を提供しているが、その条件は将来の投資家と交渉することになる」と書いています。

この2年間、ベンチャーキャピタル業界では、小切手のサイズと企業価値の急激な上昇が見られましたが、YCは、標準的な取引を何度か調整しながらも、比較的少額の小切手を発行し続けてきました。 ピッチブックによると、シードステージのプレマネーの平均企業価値は、昨年は1,200万ドルを超え、2019年に比べて33%上昇しました。

今回、YCの長年のパートナーであり、そのアドミッション部門の責任者であるDalton Caldwellは、標準的な取引を劇的に調整することで、企業が景気後退に備えてより多くの現金をバッファリングできるようになるはずだと提唱しました。CaldwellはThe Informationに対し「何が起こっても、市場の変化や景気後退の際に、当社が出資している最高の創業者たちに回復力を与えることができます」と述べています。