余額宝 モバイル決済アプリから購入できる公社債投資信託

余額宝は2013年6月、電子商取引企業アリババの関連会社であるアントフィナンシャルが提供開始した、モバイル決済アプリ「アリペイ」を介して提供されるMMF(Money Management Fund = 公社債投資信託)。

余額宝  モバイル決済アプリから購入できる公社債投資信託

余額宝は2013年6月、電子商取引企業アリババの関連会社であるアントフィナンシャルの提供するモバイル決済アプリ「アリペイ」を介して提供されるMMF(Money Management Fund = 公社債や短期の金融商品を中心に運用する安定的な公社債投資信託)。

余額宝は24時間利用可能で、MMFの配当金からオンラインショッピングで購入することができ、顧客に効率的な現金管理施設を提供する。

投資対象となる投資に関する情報はほとんどないが、ファンドの幅広い資産配分はウェブサイトに掲載されており、四半期ごとに更新されている。投資家はいつでも余額宝から資金を引き出すことができ、引き出すことができる金額に制限はないが、2016年10月以降、余額宝は2万元以上を第三者に送金するユーザーに送金手数料を課している。また、高額の引き出しには遅延が発生する可能性がある。

たとえば、50,000元までの引き出しには2時間の遅延が発生し、50,000元までの引き出しには2時間の遅延が発生する。より大きな引き出しの場合は48時間の遅延が発生する(時間枠は送金先の銀行によっても異なる)。投資家は1日に3回まで引き出しが可能。

MMF

MMFに対するリテールの強い需要は、インターネット金融プラットフォームを通じた決済システムの急速な近代化によっても促進され、MMFへのアクセスが容易になった。Alipayのようなプラットフォームにより、MMFは消費者がオンラインで商品を売買できる効率的な現金管理ツールを提供することが可能となり、これが中国最大のファンドであるYu'E Baoの力強い成長に貢献していると考えられる。他の大規模で、多くの場合非金融の中国企業やその関連会社が提供している類似の商品がある。

余額宝は一時世界最大のMMFとなった。発売以来、一年で開設口座数が1億件を突破し、資産残高は5742億元(約12兆円)に達した。銀行預金からインターネット事業者が提供するMMFへの資金流出が加速し、伝統的な金融機関にとって大きな脅威となった。

野村資本市場研究所の李立栄研究員の報告書によると、中国のフィンテックの要因のひとつは、中国当局が異業種からの金 融業参入を容認しはじめ、とりわけイノベーションを促進するインターネットを活用した 金融サービスの拡大を歓迎したことだ。たとえば、2013年4月に、国務院(日本の内閣に相当)が「インターネットファイナン スの発展と監督」を含む金融分野における19の重点研究課題を公表した。同年、中国人民銀行も貨幣政策報告会で、デジタルファイナンスは高度な透明性、異業種からの 参入、低コストで迅速な大量データ処理などの特性を持つものとして、肯定的に評価した。

2013年半ばに設立され、2億5,000万人以上の個人投資家を抱えている。個人投資家数は2億5,000万人を超え、中国の株式投資家数を上回っている。投資家には個人や企業(アリババのオンラインコマースプラットフォーム「タオバオ」の売り手など)が含まれており、そのほとんどが3ヶ月未満の投資を求めていると報じられている。2016年9月末時点の総資産が約8,000億元(約1,200億ドル)と世界最大級の規模を誇っていた。

投資家は、投資家から資金を送金することにより、余額宝のユニットを購入する(最低1元 = 約15円)。投資家は、Alipayアプリを介して自分のAlipayアカウントにリンクされた預金口座を持っている場合、投資家は、余額宝のユニットを購入するために複数の銀行カード(または他の個人のAlipayアカウントからの支払いを受け取る)からお金を引き出すことができる。しかし、銀行は顧客がカードごとに1日あたり余額宝に転送できる金額を制限することができる。

ピークの2,680億ドルから1%減の1,570億ドルに縮小

2020年5月現在、中国のAnt Financialの余額宝(ユエバオ)は、もはや世界最大のマネーマーケットファンド(MMF)ではない。余額宝は、世界最大の座を2つのアメリカのファンドに譲った。中国当局が急成長を遂げている中国の投資業界への規制を実行するにつれて、この変化が起こった。

余額宝は、2017年に運用資産で世界首位となったが、フィッチレーティングズのデータによると、2019年の段階では、JPMorganとFidelityが管理するマネーマーケットファンドに最近遅れをとっている。余額宝は資産運用会社 Tianhong Asset Managementによって組成されており、Tianhongの株式51%はAnt Financialによって所有されている。

ファンドの最新の四半期報告書によると、2013年に開始された「Tianhong Yu’E Bao」の運用資産は、ピークの2018年3月の2,680億ドルに対して、2019年12月時点で41%減の1,570億ドルに縮小した。余額宝のリターンは年率2.29%に低下した。これは最盛期の14年の6.7%から4.41ポイントの低下。調査会社PYスタンダードのデータは、中国の銀行が提供している「理財商品」のリターンは今年7月時点で4%を超えていたことを示している。

中国人民銀行は、大きすぎる単一のエンティティは、市場全体にシステミックリスクをもたらすことに懸念を示してきた。2018年11月に発行された年次財務安定性レポートで、中国人民銀行は、余額宝の名前を挙げずに「システム的に重要なMMFの規制を強化する」ことを約束した。

2017年、中国の証券規制当局は、MMFに準備金要件を課し、高収益で流動性の低い資産に投資する自由を制限する新しい規則を公開した。同年6月、政府機関は、流動性リスクを管理するために、即時償還を1日あたり10,000人民元(1,400ドル)に制限した。

2018年2月、Tianhong Yu’E Baoは、1人のユーザーがファンドに投資できる合計金額に自主的に制限を課した。5月に、プラットフォームに新しい資金を導入し始めました。 Tianhong以外のファンドは、昨年末までに1,900億ドルの資産を管理した。

非公開のAntは業績を公表していないが、ほとんどのオブザーバーは、Tianhongからの管理手数料は、Alipayからのマーチャント手数料よりもAntの総収益のはるかに少ない割合を占めると考えている。Antは余額宝で販売されているTianhong以外のファンド商品の販売手数料を徴収する。

Antのコア資産は、Alipayの7億人のアクティブユーザーが行った支払いの顧客データ。Tianhong Yu’E Baoの運用資産が縮小したにもかかわらず、ファンドの最新レポートによると、投資家の数は6か月前の4億7,400万人から6月末までに5億5,900万人に増加した。

MMFは金融商品の1つで、米国財務省短期証券やコマーシャルペーパーなどの短期債務証券に投資するオープンエンドの投資信託。MMFは、流動的な投資を通じて非常に安定した資産価値を維持し、配当の形で投資家に収入を支払うことを目標に管理されている。それらは損失に対して保険されていないが、実際の損失は非常にまれだ。

余額宝ユーザーは、支付宝(Alipay)を使用してMMFから直接支払いを行うことができ、ユーザーの銀行口座へのオンデマンドの償還も提供する。

参考文献

  1. Kate McLoughlin, Jessica Meredith. The Rise of Chinese Money Market Funds. Reserve Bank of Autstralia.
  2. 李立栄. 「急成長する中国のコンシューマー向けインターネットファイナンス」. 野村資本市場研究所.
  3. Ji Luo, Qi Li, Bobby Dankhagowit. FINANCIAL SERVICE IN CLOUD COMPUTING. MS&E 238, Stanford University.
  4. World’s No. 1 Money-Market Fund Shrinks by $120 Billion in China. Bloomberg News. Sep, 2019.
  5. Grotgins Lee. Ant Financial's Yu'e Bao Shrinks 39 per cent, loses top spot as world's biggest money market fund, say Fitch Rating. Sep, 2019. SCMP.

Photo by Mae Mu on Unsplash

Read more

OpenAI、法人向け拡大を企図 日本支社開設を発表

OpenAI、法人向け拡大を企図 日本支社開設を発表

OpenAIは東京オフィスで、日本での採用、法人セールス、カスタマーサポートなどを順次開始する予定。日本企業向けに最適化されたGPT-4カスタムモデルの提供を見込む。日本での拠点設立は、政官の積極的な姿勢や法体系が寄与した可能性がある。OpenAIは法人顧客の獲得に注力しており、世界各地で大手企業向けにイベントを開催するなど営業活動を強化。

By 吉田拓史
アドビ、日本語バリアブルフォント「百千鳥」発表  往年のタイポグラフィー技法をデジタルで再現

アドビ、日本語バリアブルフォント「百千鳥」発表 往年のタイポグラフィー技法をデジタルで再現

アドビは4月10日、日本語のバリアブルフォント「百千鳥」を発表した。レトロ調の手書き風フォントで、太さ(ウェイト)の軸に加えて、字幅(ワイズ)の軸を組み込んだ初の日本語バリアブルフォント。近年のレトロブームを汲み、デザイン現場の様々な要望に応えることが期待されている。

By 吉田拓史
新たなスエズ危機に直面する米海軍[英エコノミスト]

新たなスエズ危機に直面する米海軍[英エコノミスト]

世界が繁栄するためには、船が港に到着しなければならない。マラッカ海峡やパナマ運河のような狭い航路を通過するとき、船舶は最も脆弱になる。そのため、スエズ運河への唯一の南側航路である紅海で最近急増している船舶への攻撃は、世界貿易にとって重大な脅威となっている。イランに支援されたイエメンの過激派フーシ派は、表向きはパレスチナ人を支援するために、35カ国以上につながる船舶に向けて100機以上の無人機やミサイルを発射した。彼らのキャンペーンは、黒海から南シナ海まですでに危険にさらされている航行の自由の原則に対する冒涜である。アメリカとその同盟国は、中東での紛争をエスカレートさせることなく、この問題にしっかりと対処しなければならない。 世界のコンテナ輸送量の20%、海上貿易の10%、海上ガスと石油の8~10%が紅海とスエズルートを通過している。数週間の騒乱の後、世界の5大コンテナ船会社のうち4社が紅海とスエズ航路の航海を停止し、BPは石油の出荷を一時停止した。十分な供給があるため、エネルギー価格への影響は軽微である。しかし、コンテナ会社の株価は、投資家が輸送能力の縮小を予想している

By エコノミスト(英国)