クラウドでAI革命が進行中 年7兆円に膨張するMSの投資

AIという成長エンジンを得て、マイクロソフトのデータセンター投資は加速している。今週発表されたAI半導体とCPUのペアは、この分野への強い意欲の証拠と言えるだろう。

クラウドでAI革命が進行中 年7兆円に膨張するMSの投資
2023年10月12日木曜日、米ニューヨークにあるマイクロソフトの店舗。Photographer: Yuki Iwamura/Bloomberg

AIという成長エンジンを得て、マイクロソフトのデータセンター投資は加速している。今週発表されたAI半導体とCPUのペアは、この分野への強い意欲の証拠と言えるだろう。


マイクロソフトは11月15日、開発者向けの年次イベントにおいて、2つの画期的なカスタム設計チップを発表した。AIタスクに特化した「Microsoft Azure Maia 100 AI Accelerator」(通称「Maia 100」)と、ArmベースのCPU「Microsoft Azure Cobalt 100 CPU」(通称「Cobalt 100」)だ。

With a systems approach to chips, Microsoft aims to tailor everything ‘from silicon to service’ to meet AI demand - Source
Microsoft unveils two custom chips, new industry partnerships and a systems approach to Azure hardware optimized for internal and customer workloads

Maia 100は、マイクロソフトのクラウドサービス「Azure」に特化して設計されたAIチップだ(*1)。このチップは、Azureのハードウェア構成に最適化されており、これにより性能と効率が最大限に引き出されているという。

さらに、Maia 100は、ChatGPTの開発で知られるAI企業OpenAI(マイクロソフトが株式49%を保有するとされる)からのフィードバックを反映している。これにより、大規模言語モデル(LLM)などにおいて、その性能が際立つことが特筆されている。マイクロソフトにとって、 Maia 100の投入は、AMD MI300X、NVIDIA H100/H200/B100、GoogleのTPUv5、AWSのTrainium/Inferentia2との競争へと突入したことを意味するだろう。

Maia 100とCobalt100のラインナップは、NVIDIAのArmベースCPUの「Grace」とAI向け高機能GPU「Hopper」の組み合わせを彷彿とさせる。これまで、マイクロソフトのAzureデータセンターでは主にNVIDIAのGPUが使用されてきた。マイクロソフトにとっては、自社製チップが余り振るわなくとも、AIチップとCPUのペアが存在することで、インテル、AMD、NVIDIAと好ましい価格交渉ができることに利点がある。このような戦略では、マイクロソフトは出遅れてきたと言っていい。

AIインフラの大部分は、中期的にはNVIDIAのGPUをベースにする予定だ。NVIDIA H100 NVL GPUを搭載した初のクラウドインスタンスであるNC H100 v5 VMシリーズのプレビューを発表し、来年中にNVIDIA H200をAzureに追加することも明らかにした。

マイクロソフトはOpenAIに対してAzureにあるNVIDIAのGPUの多くを提供しているとみられ、さらなるNVIDIA製品の調達が必要だ。様々なマイクロソフト製品はOpenAIの大規模言語モデル(LLM)のGPT-4を組み込んでおり(特にCopilotが一押しだ)、計算需要は膨大だろう。

だが、同時に他の半導体ベンダーへ多様化する取り組みが行われている。同社は、AzureにAMD MI300Xのバーチャルマシン(VM)を追加すると発表した。このVMは、高範囲のAIモデルのトレーニングや生成推論用のAIワークロードの処理を高速化するように設計されている。

AMD MI300Xは、外販されるAI半導体として、NVIDIAの有効な対抗馬になることが期待されている半導体だが、著しい需要超過(*2)のなか、AMDもまたNVIDIAと同様の高い価格を請求しようとしているようであり、マイクロソフトはMaia 100の実用性を高める必要性があるだろう。

マイクロソフトは現在、グーグルやAWSに比べてデータセンターへの自社設計のカスタム半導体の導入が遅れているが、実は、自社半導体プロジェクトの歴史は長い。同社はこれまで、AMDとセミカスタムのゲーム機用チップで協業してきたが、現在はArmベースのWindows PC用カスタムチップにもパートナーシップを広げている。

マイクロソフトの「Project Catapult(プロジェクト・カタパルト)」とは、検索、AI、ネットワーキングなどを対象とした長期的な取り組みである。このプロジェクトは当初、標準的なFPGA(製造後に購入者や設計者が構成を設定できる集積回路)を使用していたが、後にマイクロソフトはインテルと協力して、特別に設計されたカスタムFPGAを開発した。

データセンターへの資本支出は年6.8兆円の水準へ

マイクロソフトの4-6月期のデータセンターに対する資本支出が107億ドルに達し、前四半期の78億ドルから増加したことが話題になった。7−9月期の資本支出は、112億ドルと更に増加している。つまり、同社の資本支出は年間448億ドル(6.78兆円)の水準に達したということだ(*3)。

脚注

*1:Maia 100はTSMCの5ナノメートル(nm)プロセスをベースにしており、合計1,050億個のトランジスタを搭載する。

*2:テスラの元AIディレクターで現在はOpenAIのAndrej Karpathyは、NVIDIAのH100 GPUにアクセスできるかは、シリコンバレーの「最大のゴシップ」になりつつあると発言していた。彼は「大小のクラウドプロバイダーにおける大規模なH100クラスタのキャパシティは底を尽きつつある」と推測し、H100の需要は最低でも2024年末までこの傾向が続くだろうと予想した。https://www.axion.zone/nvidiagpu/

*3:業界最大手AWSの9月30日までの12ヵ月間の資本支出は500億ドルで、前年同期の600億ドルから減少した。

Read more

OpenAI、法人向け拡大を企図 日本支社開設を発表

OpenAI、法人向け拡大を企図 日本支社開設を発表

OpenAIは東京オフィスで、日本での採用、法人セールス、カスタマーサポートなどを順次開始する予定。日本企業向けに最適化されたGPT-4カスタムモデルの提供を見込む。日本での拠点設立は、政官の積極的な姿勢や法体系が寄与した可能性がある。OpenAIは法人顧客の獲得に注力しており、世界各地で大手企業向けにイベントを開催するなど営業活動を強化。

By 吉田拓史
アドビ、日本語バリアブルフォント「百千鳥」発表  往年のタイポグラフィー技法をデジタルで再現

アドビ、日本語バリアブルフォント「百千鳥」発表 往年のタイポグラフィー技法をデジタルで再現

アドビは4月10日、日本語のバリアブルフォント「百千鳥」を発表した。レトロ調の手書き風フォントで、太さ(ウェイト)の軸に加えて、字幅(ワイズ)の軸を組み込んだ初の日本語バリアブルフォント。近年のレトロブームを汲み、デザイン現場の様々な要望に応えることが期待されている。

By 吉田拓史
新たなスエズ危機に直面する米海軍[英エコノミスト]

新たなスエズ危機に直面する米海軍[英エコノミスト]

世界が繁栄するためには、船が港に到着しなければならない。マラッカ海峡やパナマ運河のような狭い航路を通過するとき、船舶は最も脆弱になる。そのため、スエズ運河への唯一の南側航路である紅海で最近急増している船舶への攻撃は、世界貿易にとって重大な脅威となっている。イランに支援されたイエメンの過激派フーシ派は、表向きはパレスチナ人を支援するために、35カ国以上につながる船舶に向けて100機以上の無人機やミサイルを発射した。彼らのキャンペーンは、黒海から南シナ海まですでに危険にさらされている航行の自由の原則に対する冒涜である。アメリカとその同盟国は、中東での紛争をエスカレートさせることなく、この問題にしっかりと対処しなければならない。 世界のコンテナ輸送量の20%、海上貿易の10%、海上ガスと石油の8~10%が紅海とスエズルートを通過している。数週間の騒乱の後、世界の5大コンテナ船会社のうち4社が紅海とスエズ航路の航海を停止し、BPは石油の出荷を一時停止した。十分な供給があるため、エネルギー価格への影響は軽微である。しかし、コンテナ会社の株価は、投資家が輸送能力の縮小を予想している

By エコノミスト(英国)