ハエの複眼に着想を得たドローン検知AI

コンピュータ科学者はハエの視覚系を調べ、同様のメカニズムでノイズの多いデータを除去するツールを開発した。研究者は従来のAIだけよりも最大50パーセント遠くまでドローンを検知できると主張している。

サイエンティフィック・アメリカン

[著者:Monique Brouillette]2018年12月、数千人の休日旅行者が、近くを飛行するドローンの報告のため、ロンドンのガトウィック空港で足止めを食らった。ヨーロッパで最も忙しい空港の1つであるこの空港は2日間閉鎖され、大幅な遅延が発生し、航空会社に数百万ドルの損害を与えた。商業空域を飛行する無許可のドローンは、米国をはじめ世界中で同様の事件を引き起こしている。

このような事態を防ぐため、研究者たちは現在、生きたハエという別の種類の空飛ぶ物体にヒントを得た検知システムの開発に取り組んでいる。この研究は、ドローン検知の枠をはるかに超えた応用が可能であると、研究者はJournal of the Acoustical Society of Americaに掲載された新しい論文に書いている。

この記事は有料会員のみご覧いただけます

購読する
既にアカウントをお持ちの方 ログイン